ウィンブルドンの歴代優勝者や優勝回数、過去の結果一覧

この記事ではグランドスラムの1つであるウィンブルドンのシングルスで歴代優勝者、優勝回数の多い選手、ウィンブルドンと相性のいい選手をまとめていきます。

(2022.6更新)

男子シングルスの歴代優勝者と優勝回数

歴代優勝者と過去の結果一覧(2003年以降)

 優勝 準優勝 ベスト4
 2003 R・フェデラー M・フィリポーシス A・ロディック
S・グロジャン
 2004 R・フェデラー A・ロディックS・グロジャン
M・アンチッチ
 2005 R・フェデラー A・ロディック L・ヒューイット
T・ジョハンソン
 2006 R・フェデラー R・ナダル B・ブジョークマン
M・バグダティス
 2007R・フェデラー R・ナダル R・ガスケ
N・ジョコビッチ
 2008 R・ナダル R・フェデラー R・シュットラー
M・サフィン
 2009 R・フェデラー A・ロディック T・ハース
A・マレー
 2010 R・ナダル T・ベルディヒA・マレー
N・ジョコビッチ
 2011 N・ジョコビッチ R・ナダル J・W・ツォンガ
A・マレー
 2012R・フェデラーA・マレーN・ジョコビッチ
J・W・ツォンガ
 2013 A・マレーN・ジョコビッチ J・ヤノビッチ
J・M・デルポトロ
 2014N・ジョコビッチR・フェデラー G・ディミトロフ
M・ラオニッチ
 2015N・ジョコビッチR・フェデラー R・ガスケ
A・マレー
 2016A・マレー M・ラオニッチT・ベルディヒ
R・フェデラー
 2017R・フェデラー M・チリッチT・ベルディヒ
S・クエリー
2018N・ジョコビッチK・アンダーソン R・ナダル
J・イズナー
 2019N・ジョコビッチR・フェデラー R・ガスケ
A・マレー
 2020新型コロナウイルスの影響で未開催
 2021N・ジョコビッチ M・ベレッティーニD・シャポバロフ
H・ホルカシュ
2022N・ジョコビッチN・キリオスC・ノーリー
R・ナダル

黄色マーカーはビッグ4)

ウィンブルドンでは2003年以降は現在までビッグ4のうち誰かが必ず優勝しています。

特にフェデラー選手、ジョコビッチ選手の優勝回数が多く、直近20大会のうちこの2人だけで15回の優勝となっています。

ただ2016年以降はビッグ4以外の選手の活躍も徐々に増えていて、特にラオニッチ選手やアンダーソン選手ら芝と相性の良いビッグサーバーを始め、最近では若手の活躍もあります。

男子シングルスの優勝回数が多い選手(オープン化以降)

選手優勝回数
ロジャー・フェデラー8回
ピート・サンプラス7回
ノバク・ジョコビッチ7回
ビヨン・ボルグ5回
ジョン・マッケンロー3回
ボリス・ベッカー3回
ロッド・レーバー3回
ジョン・ニューカム2回
ジミー・コナーズ2回
ステファン・エドバーグ2回
ラファエル・ナダル2回
アンディ・マレー2回

表の黄色マーカーは現役選手

オープン化以降、男子でもっとも優勝回数が多いのはロジャー・フェデラー選手。

2003年に初優勝を果たしその後2007年まで5連覇を達成。その後は2009年、12年、17年に優勝。

2017年の優勝でそれまで7回でサンプラス選手と1位タイでしたが単独トップに。

2番目はサンプラス選手とジョコビッチ選手が同数の7回。

サンプラス選手は1993年から1995年で3連覇、1997年から2000年で4連覇を果たしています。

そしてジョコビッチ選手は11年に初優勝を果たし14年、15年で2連覇、18年から22年にかけて4連覇を果たし、驚異的なペースでウィンブルドンのタイトルを獲得してきました。

女子シングルスの歴代優勝者と優勝回数

歴代優勝者と過去の結果一覧(2005年以降)

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005V・ウィリアムズL・ダベンポートM・シャラポワ
A・モレスモ
 2006A・モレスモJ・エナンM・シャラポワ
J・クリスターズ
 2007V・ウィリアムズM・バルトリA・イバノビッチ
J・エナン
 2008V・ウィリアムズS・ウィリアムズE・ディメンティワ
ジェン・ジー
 2009S・ウィリアムズV・ウィリアムズE・ディメンティワ
D・サフィナ
 2010S・ウィリアムズV・ズボナレワP・クビトバ
T・ピロンコバ
 2011P・クビトバM・シャラポワV・アザレンカ
S・リシキ
 2012S・ウィリアムズA・ラドワンスカV・アザレンカ
A・ケルバー
 2013M・バルトリS・リシキK・フリプケンス
A・ラドワンスカ
 2014P・クビトバE・ブシャールL・サファロバ
 S・ハレプ
 2015S・ウィリアムズG・ムグルッサM・シャラポワ
A・ラドワンスカ
 2016S・ウィリアムズA・ケルバーE・ヴェスニア
V・ウィリアムズ 
 2017G・ムグルッサV・ウィリアムズ M・リバリコワ
J・コンタ
2018A・ケルバーS・ウィリアムズ J・オスタペンコ
J・ゲルゲス
 2019 S・ハレプS・ウィリアムズE・スビトリーナ
B・ストリコバ
2020新型コロナウイルスの影響で未開催
2021A・バーティK・プリスコバA・ケルバー
A・サバレンカ
2022E・リバキナO・ジャバー S・ハレプ
T・マリア

2005年以降の結果を見てみると最も成績が良いのはセレナ・ウィリアムズ選手。セレナ選手は2005年以降だけで見ても優勝が5回、準優勝が2回という成績。

次に成績が良いのはセレナ選手の姉であるヴィーナス・ウィリアムズ選手。2009年の準優勝を最後にしばらく好成績は残せていませんでしたが、2017年大会で8年ぶりに決勝に進出。

優勝が2回とベスト4が1回あるチェコのクビトバ選手。2回以上の優勝がある現役選手はウィリアムズ姉妹以外ではこのクビトバ選手だけとなっています。

また、ドイツのケルバー選手が優勝、準優勝が1回ずつとベスト4が2回と好成績。特に2018年の決勝ではセレナ選手に勝利しての優勝。

女子シングルスの優勝回数が多い選手(オープン化以降)

選手優勝回数
マルチナ・ナブラチロワ9回
ステフィ・グラフ7回
セレナ・ウィリアムズ7回
ヴィーナス・ウィリアムズ5回
ビリー・ジーン・キング4回
クリス・エバート3回
イボンヌ・グーラゴング2回
ペトラ・クビトバ2回

表の黄色マーカーは現役選手

オープン化以降に女子でもっとも優勝回数が多いのはシングルス・ダブルス共に生涯グランドスラムを達成しているチェコのナブラチロワ選手。1978年に初優勝し79年も優勝し2連覇。その後1982年から1987年まで6連覇を達成。1990年にも優勝しています。

2番目はグラフ選手とセレナ選手で7回。グラフ選手は1988年に初優勝し89年にも優勝して2連覇。その後1991年から93年に3連覇と、95年から96年に2連覇を果たしています。

セレナ選手は初優勝が2002年。02年〜03年、09年〜10年、15年〜16年と3度の2連覇があります。

4番目に多いのはヴィーナス選手で5回。2000年に初優勝し、00年〜01年、07年〜08年と2度の連覇がありました。

そして7位タイにつけているのが2回優勝のクビトバ選手。現役ではウィリアムズ姉妹に次いで3番目に多い選手となっています。

 

ではウィンブルドンの歴代優勝者や優勝回数の多い選手、過去の結果一覧については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

ウィンブルドンの賞金・ポイント【テニス】
今回はイギリス・ロンドンで開催される、テニスの大会で最も有名と言っても良い「ウィンブルドン」の賞金や獲得できるポイントなどの情報をまとめていきます。 賞金総額 2021年大会の賞金総額は前回から8.49%ダウンして約350万ポンド(約5...
ウィンブルドンに出場した歴代日本人選手の最高成績
この記事ではこれまでにウィンブルドンに出場した主な日本人選手の最高成績を一覧にしてまとめていきます。 オープン化以前とオープン化以降では大きく状況が異なるため、オープン化以降(1968年以降)の日本人選手についての情報をまとめていきま...
錦織圭のウィンブルドンでの過去の成績や結果
この記事では7月にイギリス・ロンドンで開催されるグラスコートのグランドスラムである「ウィンブルドン」での錦織圭選手の成績や勝敗、獲得賞金について、また大会との相性を考えていきます。 錦織選手のウィンブルドンでの成績や過去の結果...
【テニス】グランドスラム(四大大会)の賞金と獲得ポイントはどれくらい!?
テニスのツアーにおいて最もグレードが高い大会であるグランドスラムについて、獲得賞金やポイントなど、またそれぞれの大会についての情報などをまとめていこうと思います! グランドスラムの大会 全豪オープン オーストラリア・メルボルン...

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ



WOWOWオンデマンドならグランドスラムに加えてATP250、ATP500、マスターズなどのATPツアー大会のライブ配信も豊富です!

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする



ぼくニュース