【テニス】グランドスラム(四大大会)の賞金と獲得ポイントはどれくらい!?

テニスのツアーにおいて最もグレードが高い大会であるグランドスラムについて、獲得賞金やポイントなど、またそれぞれの大会についての情報などをまとめていこうと思います!

グランドスラムの大会

  • オーストラリア・メルボルン
  • 1月第2週〜第3週
  • ハード
  • フランス・パリ
  • 5月4週〜6月1週
  • クレー
  • イギリス・ロンドン
  • 7月1週〜2週
  • グラス
  • アメリカ・ニューヨーク
  • 8月5週〜9月1週
  • ハード

グランドスラムはテニスのツアーの最も高いグレードに位置する大会ということもあり4つしかありません。なのでグランドスラムの事を四大大会とも言います。

それぞれが非常に歴史ある大会で、長い間この4つの大会は変わらず開催されています。どれも他のATPツアーの大会とは違い、1週間ではなく2週間に渡って開催されます。

さらに男子の試合は通常のツアー大会とは異なり5セットマッチとかなり過酷。

それだけにこのグランドスラムで優勝するということはもの凄く価値のあるものですよね。

獲得賞金

よくテニス選手はかなりお金を稼いでいると聞きますが、ツアーの最高峰であるグランドスラムで活躍するとどれくらいの賞金になるのでしょうか。

現在の賞金をまとめてみます。

(2020年1月更新)

 全豪全仏全英全米
予選1回戦150万円90万円95万円110万円
予選2回戦240万円160万円180万円192万円
予選決勝370万円310万円300万円340万円
1回戦670万円600万円610万円620万円
2回戦960万円1100万円970万円1000万円
3回戦1300万円1900万円1500万円1700万円
4回戦2200万円3200万円2300万円2900万円
ベスト83900万円5400万円3900万円5300万円
ベスト47800万円7700万円7900万円1億円
準優勝1億5400万円1億5300万円1億6000万円2億円
優勝3億900万円3億円3億1900万円4億1000万円

こうしてみると大会によってかなり差がありますね。優勝賞金でいうと全米が一番高い4億円超で、一番低いのが全仏の2億8600万円なので差が1億円以上もあります。

まあどっちにしても飛んでもない額のお金なので庶民の僕からしてみればどっちもすげえってなるだけなんですけどね 笑

ただ近年のテニスツアーではなるべく賞金の差を少なくして早期敗退した人への賞金を増やしているみたいです。

2019年の全豪では予選と本戦2回戦あたりまでの賞金額が特に上昇し、予選を2回勝って予選決勝まで行った場合は350万円。

本戦に出られなくてもこれだけの賞金を貰うことができ、参考までにこれはATP250でベスト4とほぼ同レベルの賞金額です。

獲得ポイント

予選1回戦0
予選2回戦8
予選決勝16
予選突破25
1回戦10
2回戦45
3回戦90
4回戦180
ベスト8360
ベスト4720
準優勝1200
優勝2000

獲得ポイントはどの大会も同じです。

やはり一番上のグレードと言うだけあって貰えるポイントもかなり多めです。

ツアーで最もグレードの低いATP250の大会の優勝より、グランドスラムのベスト8へ進んだ方が高いポイントを獲得できます。

それにグランドスラムの準優勝は一つ下の格付けであるマスターズの優勝で獲得できる1000ポイントよりも高いポイントを獲得できるようになっています。

グランドスラムで勝ち進むとランキングも一気に上がりますね!

あと予選勝者と1回戦のポイント獲得について少し解説すると、ランキングにより本戦にストレートインで入った選手が1回戦で敗退すると10ポイント獲得となりますが、予選を3回勝って本戦1回戦で負けた選手は予選突破の25ポイント+本戦1回戦敗退の10ポイントとなり、合計で35ポイント獲得する事ができます。

つまり予選でのポイントと本戦でのポイントは別物として考えるという事ですね。

ではグランドスラムの獲得賞金やポイントついては以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ