ツアー優勝回数が多い男子テニス選手

2019年にフェデラー選手がツアー100勝を達成して話題になりましたが、歴代トップクラスのテニス選手で見るとツアーの優勝回数はどれほどのものになるのか。

キャリア通算のツアー優勝回数が多い選手を見ていきましょう。

(2020年8月更新)

歴代ツアー優勝回数トップ20

1ジミー・コナーズアメリカ109回
2ロジャー・フェデラースイス103回
3イワン・レンドルアメリカ94回
4ラファエル・ナダルスペイン85回
5ノバク・ジョコビッチセルビア79回
6ジョン・マッケンローアメリカ77回
7ビヨン・ボルグスウェーデン64回
7ピート・サンプラスアメリカ64回
9ギリェルモ・ヴィラスアルゼンチン62回
10アンドレ・アガシアメリカ60回
11イリー・ナスターゼルーマニア58回
12ロッド・レーバーオーストラリア51回
13ボリス・ベッカードイツ49回
14アンディ・マレーイギリス46回
15トーマス・ムスターオーストリア40回
16ステファン・エドバーグスウェーデン42回
17スタン・スミスアメリカ38回
18アーサー・アッシュアメリカ35回
19ケン・ローズウォールオーストラリア34回
19マイケル・チャンアメリカ34回

歴代1位はジミー・コナーズさんの109回!

歴代1位は1970年代~90年代に活躍したジミー・コナーズ選手の109回

とんでもない数字ですね。。単純計算で20年間プロの選手として活動した場合は、毎年5回以上の優勝が必要になります。

年間で3回のツアー優勝でも相当凄い事なので、この109回の優勝というのは途方も無いです。

歴代2位は現役のロジャー・フェデラー選手で103回

1位のコナーズ選手の記録まであと少しという所まで迫っています。

フェデラー選手は直近の5年間ではだいたい平均すると年間で4回ほどツアー優勝しているためこれまでのペースでいくと、2年あればこの記録を抜ける計算になります。

歴代3位は1980年代~90年代頃に活躍したイワン・レンドル選手の94回

レンドル選手は優勝回数だけ見れば94回ですが、24年間プロ選手として活動をした1位のコナーズ選手に対し、レンドル選手はプロとして活動したのは16年間とかなり短いです。

つまりツアーで優勝するペースはレンドル選手の方がかなり早かったという事になります。

歴代トップ5のうち現役選手が3人ランクイン

歴代の5位まで見てみると、4位がナダル選手、5位がジョコビッチ選手となっています。

つまり歴代通算の記録にも関わらずトップ5のうち3人が現役選手になっているという事です。

フェデラー選手同様に、ナダル選手、ジョコビッチ選手についてもフェデラー選手と同じくらいのスピードで優勝回数を重ねてきてますから、コナーズ選手の109回更新を狙える可能性も十分あります。

とは言え近年は、非常に有望な若手選手も多くなってきて、以前ほどツアー優勝を独占できなくなってきているため、今後は優勝回数を重ねるペースが落ちるかもしれません。

現役選手のツアー優勝回数トップ10

ここまでは歴代通算での優勝回数が多い選手を見てきましたが、現役選手に限定しての優勝回数が多い上位10選手も見ていきましょう。

上位3人はずば抜けている

歴代でも5本の指に入るフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手の3人はやはり記録がずば抜けています

そしてこの3人と並んでビッグ4と言われているマレー選手がこの3人に追随する形で46回とかなりの記録を出しています。

しかしここからは優勝回数に大きな差が出来ていて、同数で5位のツォンガ選手とチリッチ選手は18回で4位のマレー選手とは20近くの差があります。

5位以降で最も注目なのはティエム選手

ただそんな中で注目なのが16回の優勝で7位につけているティエム選手

この上位10人の中で唯一の20代で、しかもまだ20代半ばの選手です。

直近の5年間で見るとだいたい年間3回ペースで優勝しているので、優勝のペースで見るとマレー選手に匹敵するほどです。

優勝した大会の内容で見れば、まだ小さな大会が多いですがここ数年ではATP500や2019年にはマスターズタイトルも獲得し、ここ数年特に勢いのある選手です。

 

【関連記事】

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ