サム・クエリー|プレースタイルとランキング【テニス】

こんにちは、ケイです。今回はベテランの年齢になってきましたが最近でもキャリアハイを更新しているアメリカのプロテニスプレイヤー、サム・クエリー選手のプロフィール、プレースタイル、ランキング、錦織選手やその他選手との戦績を書いていこうと思います!

(2018,10,17更新)

プロフィール

 年齢 30歳
 国 アメリカ
 身長 198cm
 体重 95kg
 ウェア FILA
 ラケット バボラ
 利き手 右
 バックハンド 両手
 プロ転向 2006年(18歳)
 好きなサーフェス ハード
 好きなショット フォア・サーブ
 趣味 バスケ・卓球・ゴルフ
 ATP公式サイト 選手ページ
 コーチ クレイグ・ボイントン

獲得タイトル

 タイトル 10勝
 ATP500 2
 ATP250 8
 ハード 8
 グラス 1
 クレー 1
 初タイトル 2008年(20歳)

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン 3回戦
 全仏オープン 3回戦
 ウィンブルドン ベスト4
 全米オープン ベスト8
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ ベスト8
 マイアミ 4回戦
 モンテカルロ ベスト8
 マドリード 3回戦
 ローマ 3回戦
 カナダ 3回戦
 シンシナティ ベスト8
 上海 3回戦
 パリ ベスト8

ランキングの推移

 キャリアハイランキングの推移
 トップ100 2007年(19歳)
 トップ50 2007年(19歳)
 トップ20 2010年(22歳)
 キャリアハイ|11位 2018年(30歳)
 年末ランキングの推移
 2006 130
 2007 63
 2008 39
 2009 25
 2010 18
 2011 93
 2012 22
 2013 46
 2014 35
 2015 59
 2016 31
 2017 13

プレースタイル

クエリー選手のプレースタイルは攻撃型ビッグサーバーで、武器は強烈なサーブとフォアです。

 

特にサーブはフラットで打つ時は210kmを楽に超えてくるようなスピードサーブです。セカンドのスピンサーブも強烈でかなり跳ねてきます。

 

そしてサーブで崩したところをもう一つの武器であるフォアで叩いていく。これがクエリー選手の鉄板の攻撃パターンです。多くのビッグサーバーが得意とする展開の仕方です。

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

 フォアハンド8
 バックハンド7
 サーブ9
 リターン7
 ボレー8
 テクニック7
 メンタル8
 フットワーク7
 攻撃力9
 守備力7

総合力|77

動画

ツアーの成績や獲得賞金

 公式ツアー成績 331勝266敗(勝率55%)
 ハード 229勝171敗(勝率57%)
 クレー 56勝34敗(勝率43%)
 グラス 31勝21敗(勝率62%)
 生涯獲得賞金 約1100万ドル(約1億2000万円)

各シーズンの主な成績と獲得賞金

2007年

公式ツアー戦績|19勝22敗
獲得賞金|約30万ドル
  • マスターズのシンシナティで65位ながらベスト8に進出。2回戦では10位のユーズニー選手に勝利。
  • ATP250のインディアナポリスでベスト4。準々決勝では10位のブレイク選手に全セットタイブレーク、フルセットの大接戦で勝利。

2008

公式ツアー戦績|28勝26敗
獲得賞金|約49万ドル
タイトル|1
  • ATP250のラスベガスでツアー初タイトルを獲得。
  • 全米でベスト16。
  • マスターズ・モンテカルロでベスト8。3回戦では9位のガスケ選手に勝利。
  • ATP250のデルレイビーチ、インディアナポリスでベスト4。

2009

公式ツアー戦績|41勝23敗
獲得賞金|約64万ドル
タイトル|1
  • ATP250のロサンゼルスでツアー2つ目のタイトルを獲得。その他、オークランド、ニューポート、ニューヘイブン、インディアナポリスでは準優勝。
  • マスターズ・シンシナティでは5位のロディック選手に勝利。

2010

公式ツアー戦績|39勝24敗
獲得賞金|約100万ドル
タイトル|4
  • ATP500・メンフィスでグレード500初優勝。
  • ATP250のベルグレード、ロンドン、ロサンゼルスで優勝。このシーズン4つのタイトルを獲得し、これでキャリア通算6個のタイトル。
  • ロサンゼルスでは4位のマレー選手に勝利。

2011

公式ツアー戦績|12勝15敗
獲得賞金|約32万ドル
  • 右ひじの怪我で6月から約3ヶ月間ツアーを離脱。ランキングも25位から120位まで下落。

2012

公式ツアー戦績|37勝25敗
獲得賞金|約78万ドル
タイトル|1
  • ATP250・ロサンゼルスでツアー7個目のタイトルを獲得。ロンドン、ウィンストンセーラムでもベスト4。
  • マスターズ・パリでベスト8。2回戦では2位のジョコビッチ選手に勝利。
  • 100位前後で始まったこのシーズンもこの活躍によりツアー終盤には20位前後まで上昇。

2013

公式ツアー戦績|27勝22敗
獲得賞金|約61万ドル
  • マスターズのマイアミ、インディアンウェルズでベスト16。
  • ATP250のオークランド、サンノゼ、ウィンストンセーラムでベスト4。

2014

公式ツアー戦績|28勝21敗
獲得賞金|約58万ドル
  • ATP250のヒューストン、イーストボーン、ウィンストンセーラムでベスト4。
  • しかし大会で早期敗退が続き、ランキングが一時80位まで落ちてしまう。
  • ツアー終盤3週連続でチャレンジャーに出場し全てで優勝。ランキングも30位代まで再び上昇。

2015

公式ツアー戦績|20勝24敗
獲得賞金|約52万ドル
  • ATP250のノッティンガム、ヒューストンで準優勝。
  • シーズン後半は2回戦以上に勝ち上がることが出来ず、50位前後までランキングが下落。

2016

公式ツアー戦績|28勝23敗
獲得賞金|約100万ドル
タイトル|1
  • ATP250・デルレイビーチで8個目のタイトルを獲得。
  • 全米オープンでグランドスラム初のベスト8。1回戦ではロソル選手とファイナルセットのゲームカウント12-10の大激闘を勝ちきり、3回戦では1位のジョコビッチ選手から勝利する大金星。

2017

公式ツアー戦績|36勝21敗
獲得賞金|約220万ドル
タイトル|2
  • ウィンブルドンでグランドスラム初のベスト4に進出。準々決勝では昨年の全米に続きまたも世界1位選手に勝利。この時はマレー選手に勝利する大金星。
  • 全米でも2016年に続き2年連続でベスト8。
  • ATP500・アカプルコ、ATP250・ロスカボスでタイトルを獲得。これでツアー通算10個のタイトル。

かなり若い頃から活躍していた選手

最近アメリカでは大学を出てからプロに転向する選手が多い中、クエリー選手は大学からの勧誘を蹴ってプロに転向しました。

 

そしてプロに転向すると、早い段階でツアーの決勝に進んだりグランドスラムの4回戦に進出するなどランキングを上げていきます。

 

22歳頃から大きな大会で活躍するようになりランキングも30位から20位といったところをしっかりキープしてきました。

 

ベテランになってきたクエリー選手ですが、最近もキャリアハイを更新しましたし、まだまだ活躍しそうですね。

錦織圭やその他選手との対戦成績

錦織選手との対戦成績

S・クエリー46錦織圭

錦織選手との対戦成績は4勝6敗で、勝率は40%です。

サーフェス別だとハードで3勝6敗、グラスで0勝1敗となっています。

大会コートスコア
(勝利は太字)
2008デルレイビーチ
(ATP250)
ハード64 26 67
2011クイーンズ
(ATP250)
グラス63 64
2012カナダ
(マスターズ)
ハード62 63
2012上海
(マスターズ)
ハード26 61 64
2014ワシントン
(ATP500)
ハード46 75 46
2015メンフィス
(ATP250)
ハード75 67 67
2015東京
(ATP500)
ハード67 36
2016メンフィス
(ATP250)
ハード63 36 36
2016アカプルコ
(ATP500)
ハード64 63
2018上海
(マスターズ)
ハード67 46

杉田選手との対戦成績

S・クエリー10杉田祐一

杉田選手との対戦成績は1勝0敗です。

サーフェス別だとハードで1勝0敗となっています。

大会コートスコア
2017 上海
(マスターズ)
ハード63,62

ビッグ4との対戦成績

S・クエリー522ビッグ4

ビッグ4との対戦成績は5勝22敗で勝率は18%です。

最も負け越しているのはジョコビッチ選手となっています。

R・フェデラー 0勝3敗0%
R・ナダル 1勝4敗20%
N・ジョコビッチ 2勝8敗20%
A・マレー 2勝7敗22%

トップ選手との対戦成績

S・クエリー2446トップ選手

トップ選手との対戦成績は24勝46敗で勝率は34%です。

最も負け越しているのはチリッチ選手で、戦績が良いのはアンダーソン選手となっています。

S・ワウリンカ 2勝5敗17%
M・チリッチ 1勝6敗14%
G・ディミトロフ 0勝3敗0%
A・ズベレフ 0勝0敗-%
D・フェレール 1勝2敗33%
M・ラオニッチ 2勝2敗50%
J・M・デルポトロ 1勝3敗25%
T・ベルディヒ 1勝5敗17%
錦織圭 4勝6敗36%
D・ティエム 1勝2敗33%
J・W・ツォンガ 3勝4敗43%
K・アンダーソン 8勝8敗50%

 

ではクエリー選手のプレースタイル、ランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 


他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

アビエルト・メキシコ・テルセル(ATP500・アカプルコ)の賞金とポイント【テニス】

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

コメント