ウィンブルドンに出場した歴代日本人選手の最高成績

この記事ではこれまでにウィンブルドンに出場した主な日本人選手の最高成績を一覧にしてまとめていきます。

オープン化以前とオープン化以降では大きく状況が異なるため、オープン化以降(1968年以降)の日本人選手についての情報をまとめていきます。

(2019.6更新)

男子シングルスの最高成績

順位選手最高成績達成年
1錦織圭ベスト82018
1松岡修造ベスト81995
3坂井利郎3回戦1973
4添田豪2回戦2012,13
5杉田祐一2回戦2017
5鈴木貴男2回戦2003
7ダニエル太郎1回戦2016,17,18
8西岡良仁1回戦2016,18
8伊藤竜馬1回戦2012,14
10内山靖崇1回戦2018
10守屋宏紀1回戦2015

オープン化以降にウィンブルドンで最も良い成績を残した日本人選手は錦織圭選手と松岡修造選手のベスト8。

どちらもベスト8が1回ずつなので現状では同率の1位です。

テニス選手としての成績だけ見れば錦織選手の方がかなり上ですが、ウィンブルドンに関しては強力なサーブを持つ松岡選手と相性が非常に良く、逆に錦織選手はグラスは現状では苦手としているサーフェスなのでこのような結果になっていると思います。

テレビではお笑い芸人ばりにかなり面白いキャラの松岡修三さんですが、こうして歴代日本人選手の結果を一覧化してみるとかなり凄い選手だった事が分かりますね。

3位は1973年に3回戦進出を果たしている坂井利郎選手。オープン化以降すぐの1970年代に男子テニスで活躍しキャリアハイでは75位も記録しています。

4位は2012年と13年に2度の2回戦進出を果たしている添田豪選手。錦織選手が活躍する前から日本の男子テニス界を引っ張ってきたベテラン選手。

5位は2017年に2回戦に進出している杉田祐一選手と2003年に2回戦に進出している鈴木貴男選手。

それ以降の選手を見ても全て現役選手となっており、今の日本の男子テニスのレベルが非常に高い事が分かります。

男子ダブルスの最高成績

順位選手最高成績達成年
1マクラクラン勉ベスト82018
2トーマス嶋田2回戦2000,01
3錦織圭2回戦2011
4岩渕聡1回戦2000

ウィンブルドン男子ダブルスでオープン化以降最も良い成績を残したのはマクラクラン勉選手で、2018年にドイツのストルフ選手とのペアでベスト8進出を果たしています。

2017年にニュージーランドから日本へ国籍を移し、そこからダブルスで飛躍的な活躍を見せています。

2位は2000年と01年に2回戦進出があるトーマス嶋田選手。アメリカ生まれでジュニア時代は非常に活躍をした選手でプロ入り後も期待の若手でしたが、右肩の怪我によりシングルスは断念しダブルス専門の選手として活躍。

3位は2011年に2回戦進出を果たした錦織圭選手。現在はシングルスへ専念するためグランドスラムでダブルスに出場することはありませんが、錦織選手のダブルスも見ていて面白いです。

女子シングルスの最高成績

順位選手最高成績達成年
1伊達公子ベスト41996
2杉山愛ベスト82004
3沢松奈生子4回戦1992,94
4土居美咲4回戦2016
 浅越しのぶ4回戦2003
佐藤直子4回戦1976
7沢松和子3回戦1970,71,
74,75
8大坂なおみ3回戦2017,18
遠藤愛3回戦1992,94
10雉子牟田直子3回戦1997
平木理化3回戦1992
雉子牟田明子3回戦1988
 井上悦子3回戦1988
神尾米3回戦1995
 岡本久美子3回戦1987
16奈良くるみ2回戦2010,14,
15,16
17森田あゆみ2回戦2010,12
森上亜希子2回戦2005,07
中村藍子2回戦2005,07
 小畑沙織2回戦2002,04
宮城ナナ2回戦1994,98
22佐伯美穂2回戦1999
吉田友佳2回戦1997
中塚京子2回戦1995
木戸脇真也2回戦1991
26 日比野菜緒1回戦2016,17
藤原里華1回戦2005,08
28 尾崎里沙1回戦2017

日本人女子シングルスでの最高成績は伊達公子選手が達成した1996年のベスト4。

2位は杉山愛選手の2004年ベスト8進出。

3位が92年と94年と2回の4回戦進出を果たしている沢松奈生子選手。

ここまでの上位3選手は1900年代〜2000年代初めに活躍した選手で、現在に至るまで10数年間この記録を超える事ができていません。

ただ現在はグランドスラムタイトルを持っている大坂なおみ選手の存在があります。

このウィンブルドンの成績ランキングでは17年と18年に2度の3回戦進出があり8位ですが、今後この日本人女子の最高成績ランキングトップへいく可能性は十分あります。

女子ダブルスの最高成績

順位選手最高成績達成年
1杉山愛優勝2003
沢松和子優勝1975
3二宮真琴ベスト42017
青山修子ベスト42013
5沢松順子ベスト81970
6宮城ナナ3回戦1994,97,
98,03
8 浅越しのぶ3回戦2003,05
雉子牟田直子3回戦1997,98
10森田あゆみ3回戦2011
伊達公子3回戦2008
藤原里華3回戦2002
14平木理化2回戦1996,99
00,01
15中村藍子2回戦2005,07,08
16森上亜希子2回戦2005,07
佐伯美穂2回戦1997,98
18土居美咲2回戦2016
加藤美唯2回戦2016
20穂積絵莉2回戦2016
奈良くるみ2回戦2015
吉田友佳2回戦1997
沢松奈生子2回戦1992
雉子牟田明子2回戦1992
木戸脇真也2回戦1991
佐藤直子2回戦1982
28中塚京子1回戦1993,95,96
29井上悦子1回戦1984,87
 岡本久美子1回戦1987,88
神尾米1回戦1994,95
 32大坂なおみ1回戦2017
大前綾希子1回戦2017
波形純理1回戦2008

女子ダブルスで最も成績が良いのは杉山愛選手と沢松和子選手。

杉山選手は2003年、沢松選手は1975年にそれぞれ優勝を果たしています。

そして3位タイとなっているのが二宮真琴選手と青山修子選手。どちらも現役の選手でペアを組むこともあります。

二宮選手についてはまだ若く、今後さらに成績を伸ばしていくのが楽しみですね。

青山選手もダブルス専門で活動し、30代にはなりましたが現在も日本の女子ダブルスでは最前線で活躍しています。ダブルスは結構長く続けられるので今後の活躍もまだまだ期待できそうですね。

 

ではウィンブルドンの主な日本人選手の最高成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

ウィンブルドンの関連記事はこちら。

ウィンブルドンの賞金・ポイント【テニス】

【ウィンブルドン・男子】2019年のドローや結果、出場選手一覧

【ウィンブルドン・女子】2019年のドローや結果、出場選手一覧

ウィンブルドンでの錦織圭の成績や獲得賞金、大会との相性

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース