【テニス】ATP500大会の賞金と獲得ポイントはどれくらい!?

 

こんにちはーケイです。今回はテニスのツアーでグレード500の大会、いわゆるATP500の大会ではどれくらいの賞金やポイントが獲得できるのかまとめてみました!

 

ATP500大会一覧

大会開催国 開催時期コート
ロッテルダムニュージーランド 2月2週ハード
リオデジャネイロブラジル 2月3週クレー
ドバイUAE 2月4週ハード
アカプルコメキシコ 2月4週ハード
バルセロナスペイン 4月4週クレー
ロンドンイギリス 6月3週グラス
ハレドイツ 6月3週グラス
ハンブルクドイツ 7月4週クレー
ワシントンアメリカ 8月1週ハード
北京中国 10月1週ハード
東京日本 10月1週ハード
ウィーンオーストリア 10月4週ハード
バーゼルスイス 10月4週ハード

 

2018年時点ではATP500の大会は年間13大会行われています。サーフェスの内訳としてはハードが一番多く8大会、クレーが3大会、グラスが2大会という感じになっていますね〜。

 

マスターズではアメリカでの開催が多かったのですが、ATP500に関してはワシントンの1大会しかありません。その代わりマスターズでは開催のなかったアジアでの大会や

 

テニスがそれほど盛んでは無い国も幾つか開催していて、日本は最近でこそ錦織選手が出てきて有名になりましたが、それより前はグレード500クラスの大会で優勝できるような選手がいなかったですが、開催されていました。その他は中国やUAEなどそれほど上位に選手がいない国も開催しています。

 

テニスが盛んで無い国でも世界のトップ選手を見ることができるという点は素晴らしいですよね!

獲得賞金

予選1R8万円〜28万円
予選2R15万円〜55万円
R64(1回戦)72万円〜110万円
R32(1,2回戦)110万円〜230万円
R16(3,4回戦)220万円〜450万円
QF440万円〜900万円
SF850万円〜1800万円
F1700万円〜3500万円
W3400万円〜7000万円

 

ATP500は大会によって賞金にかなりバラつきが出ました。一番高かったのは中国の北京で行われる大会で、ATP500なのにも関わらず優勝賞金が7000万円という結果に・・・。

マスターズの優勝賞金とほとんど変わりません 笑

確か上海で行われるマスターズもかなり高額の賞金を払っています。中国はテニス大会にかなりのお金をかけているみたいですね〜。

ちなみに一番低かったのはスペインのバルセロナでした。ついで日本のジャパンオープンです。まあ賞金が全てでは無いと思いますけど、同時期に倍以上の北京でのATP500が開催されているのを考えると、もう少し賞金を高くしても良いんじゃ無いかなーとは思いますね。

獲得ポイント

予選1R0
予選2R4〜10
予選W10〜20
〜R64(1回戦)0
R32(1,2回戦)0〜20
R16(2,3回戦)45
QF90
SF180
F300
W500

 

グランドスラムやマスターズでは大会ごとにポイントが変わるということはなかったですが、ATP500の場合は予選や1回戦のポイントが少し大会によって変わってきます。

微々たるものですが 笑

 

あと思ったが準優勝者と優勝者のポイント差が200しか無いんですね。500の大会でも決勝まで行けばATP250の優勝より高いポイントが貰えるということです。ただ500はまずトップ10選手が1人は出てくるので、当然250と比べて勝ち上がるのは難しくなります。

 

そんな感じでATP500大会の賞金やポイントについては以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

テニス観戦するならWOWOWで!グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

 

コメント