メキシコオープン(ATP500・アカプルコ)の賞金とポイント【テニス】

今回は2月にメキシコ・アカプルコで開催されるATP500「アビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコオープン)」の各ラウンドでの賞金や獲得できるポイント、歴代優勝者などの大会概要をまとめていきます。

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

賞金総額と各ラウンドでの賞金とポイント

賞金総額

2020年の賞金総額は約180万ドル(約1億9200万円)

前年から約6万ドル(約700万円)アップ。

【賞金総額の推移】

ドル日本円前年比
2020$1,845,265¥197,443,3553.66%
2019$1,780,060¥190,466,4208.36%
2018$1,642,795¥175,779,06510.16%
2017$1,491,310¥159,570,170 –

ここ数年間、前年比はアップし続けていますが上昇率は少し低下しています。

シングルスの賞金

結果ポイント 賞金(ドル) 賞金(日本円)
 優勝 500$372,785¥39,887,995
 準優勝 300$187,110¥20,020,770
 ベスト4 180$94,995¥10,164,465
 ベスト8 90$50,375¥5,390,125
 2回戦 45$25,730¥2,753,110
 1回戦 0$14,210¥1,520,470
 予選勝者 20 
 予選2回戦 10$6,480¥693,360
 予選1回戦 0$3,600¥385,200

アビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコオープン)はの優勝賞金は約3900万円

ATP500の優勝賞金の平均は約5300万円なので平均と比較するとかなり低めの賞金設定になっている事が分かります。

同じ週に開催されるドバイ(ATP500)では優勝賞金が6200万円になっており、約2400万円と大きく賞金額に差がついていますね。

賞金が全てではありませんが、やはり同じグレードで貰えるポイントが同じなら賞金額の高い方に選手が流れてしまうのは仕方のない事かもしれません。

しかしその反面、多少はこちらのメキシコオープンに強い選手が出場しにくいと言えるので、ランキングが低い選手にとってはポイントを稼ぐチャンスにもなります。

シングルス賞金額の推移

【過去数年間の賞金】

結果2020年2019年2018年
 優勝$372,785$367,630$354,130
 準優勝$187,110$184,640$173,610
 ベスト4$94,995$93,160$87,360
 ベスト8$50,375$48,955$44,420
 2回戦$25,730$24,470$23,070
 1回戦$14,210$13,540$12,170
 予選2回戦$6,480$5,210$2,690
 予選1回戦$3,600$2,600$1,375

【前年度比】

結果2020⇐20192019⇐2018
 優勝1.4%3.8%
 準優勝1.3%6.4%
 ベスト42.0%6.6%
 ベスト82.9%10.2%
 2回戦5.1%6.1%
 1回戦4.9%11.3%
 予選2回戦24.4%93.7%
 予選1回戦38.5%89.1%

賞金額の推移は2018年から2019年ほどの大幅アップはありませんでしたが、上がり方としては似たような感じになっていて、成績下位になるほどアップ率が高いです。

特に予選の賞金はこの2年間で2倍以上の増額となり、本選との賞金格差はかなり縮まってきています。

ダブルスの賞金

結果ポイント 賞金(ドル) 賞金(日本円)
 優勝 500$119,750¥12,813,250
 準優勝 300$58,620¥6,272,340
 ベスト4 180$29,410¥3,146,870
 ベスト8 90$15,080¥1,613,560
 1回戦 0$7,790¥833,530

大会概要

 大会名アビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコオープン)
 グレード ATP500
 開催場所 メキシコ・アカプルコ
 開催時期 2月第4週
ドロー数 S(32)、D(16)
 サーフェス ハード
 ATP公式サイト  大会情報

 

View this post on Instagram

 

Our house. Our venue. Our tennis court. 🥰🏟☀️🌴🌊🇲🇽 @atptour @wta #amt2019 #celebratingtennis #tennis #acapulco

Abierto Mexicano de Tenisさん(@abiertomexicanodetenis)がシェアした投稿 –

アビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコオープン)は1993年に初開催されました。

初開催から2013年まではクレーコートの大会になっており、2014年から現在のハードコートにサーフェスが変わっています。

2007年にはATP500大会の中で、最も素晴らしい大会として表彰もされています。

歴代優勝者と上位成績者

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005R・ナダル A・モンタネス M・プエルタ
A・カレエリ
 2006 L・オルナ J・チェラ
 G・ガウディオ
N・アルマグロ
 2007 J・チェラ
 C・モヤ A・カレエリ
J・フェレーロ
 2008N・アルマグロ D・ナルバンディアン J・アカスソ
L・オルナ
 2009 N・アルマグロG・モンフィス M・アルジェロ
J・アカスソ
 2010D・フェレール J・フェレーロ
 F・ゴンザレス
J・モナコ
 2011 D・フェレール
 N・アルマグロA・ドルゴポロフ
T・ベルッチ
 2012 D・フェレールF・ベルダスコ S・ヒラルド
S・ワウリンカ
 2013 R・ナダル D・フェレール N・アルマグロ
F・フォニーニ
 2014G・ディミトロフK・アンダーソンA・マレー
A・ドルゴポロフ
 2015 D・フェレール 錦織圭 
 R・ハリソン
K・アンダーソン
 2016D・ティエム
B・トミック S・クエリー
A・ドルゴポロフ
2017 S・クエリーR・ナダルN・キリオス
M・チリッチ
2018J・デルポトロ K・アンダーソンA・ズベレフ
 J・ドナルドソン
2019N・キリオス
A・ズベレフJ・イズナー
C・ノーリー

赤マーカーはビッグ4、黄マーカーは日本人)

2005年以降でアビエルト・メキシコ・テルセルで一番多く優勝しているのはフェレール選手の4回です。

そのうち3回がクレーでの優勝で1回がハードでの優勝で、クレーの時とハードに変わってからの両方で優勝しているのは今の所フェレール選手だけですね。

しかしこうしてみて面白いのが、2013年まではクレーの大会だったので生粋のクレーコーターであるスペイン勢やクレーを得意とする選手が多く活躍していますが、ハードコートに変わった2014年以降はメンバーがガラッと変わり、ハードコートを得意とする選手の活躍が目立っています。

クレーコート時代は、フェレール選手の3連覇や、アルマグロ選手の2連覇など連覇する選手がいましたが、ハードコートに変わってからは連覇する選手がまだおらず毎年優勝者が変わっています。

2014年以降で総じて成績が良いのは優勝が1回、ベスト4が1回のクエリー選手や、準優勝が2回、ベスト4が1回のアンダーソン選手などビッグサーブを持つ選手です。

 

ではメキシコオープン(ATP500・アカプルコ)の獲得賞金やポイント、歴代優勝者についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

ATP500アカプルコの2020年大会についてはこちら。

 

【関連記事】

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ