【テニス】A・ドルゴポロフ|プレースタイルや錦織・杉田・ビッグ4との対戦成績 

今回は元世界ランク13位でウクライナを代表するテニスプレイヤーである、アレクサンドル・ドルゴポロフ選手についての情報をまとめて行こうと思います。

(2018,4,22更新)

プロフィール

 年齢 29歳
 国 ウクライナ
 身長 180cm
 体重 71kg
 利き手 右
 バックハンド 両手
 ラケット ウィルソン
 好きなサーフェス クレー
 プロ転向 2006年(17歳)
 趣味 カーレース、ゲーム制作
 ATP公式サイト 選手ページ

ランキング・タイトル・グランドスラムの成績

[su_tabs style=”default” active=”1″ vertical=”no” class=””]

[su_tab title=”タイトル” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

 タイトル 3勝
 ATP500 1
 ATP250 2
 クレー 2
 ハード 1
 初タイトル 2011年(22歳)

[/su_tab]

[su_tab title=”ランキングとキャリアハイ” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

 キャリアハイの推移
 トップ100 2010年(21歳)
 トップ50 2010年(21歳)
 トップ20 2011年(22歳)
 キャリアハイ 13位
 年末ランキングの推移
2006265
2007233
2008309
2009131
201048
201115
201218
201357
201423
201536
201662
201738

[/su_tab]

[su_tab title=”グランドスラム・マスターズの最高成績” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

 グランドスラムの最高成績
 全豪 ベスト8 ハード
 全仏 3回戦 クレー 
 全英 3回戦 グラス 
 全米 4回戦 ハード
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ ベスト4 ハード
 マイアミ ベスト8 ハード 
 モンテカルロ 3回戦 クレー
 マドリード ベスト8 クレー
 ローマ 3回戦 クレー
 カナダ 3回戦 ハード
 シンシナティ ベスト4 ハード
 上海 ベスト8 ハード
 パリ 3回戦 ハード

[/su_tab] [/su_tabs]

動画

プレースタイル・戦力分析

「攻撃型ベースライナー

 フォアハンド 7
 バックハンド 6
 サーブ 8
 リターン 7
 ボレー 6
 テクニック 7
 メンタル 7
 フットワーク 7
 攻撃力 8
 守備力 6

総合力|70

攻撃力が高いフォアとサーブ

ドルゴポロフ選手の武器は攻撃力の高いフォアとサーブです。プレー全体を通してかなり思い切りの良いボールを打つので、そのスタイルに伴い自然と全てのショットが威力のあるものとなります。

相手にどれだけ攻められていても、一発逆転のカウンターのスーパーショットを狙っているので相手からすればかなりやりにくいスタイルのテニスでもあります。

その反面ラリー戦になった時に攻め急いでしまうことも少なくないので、ストロークの安定感には弱冠かけてしまいます。

主な経歴

[su_spoiler title=”2010年|初のトップ50″ open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

チャレンジャーでの好成績やマスターズでの3回戦進出もあり初のトップ50入り。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”2011年|ウマグのATP250でツアー初タイトル” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

ウマグのATP250で初タイトルを獲得。さらにこの年の全豪オープンで当時4位のソダーリング選手を破ってグランドスラム初のベスト8に進出。この活躍もありトップ20入りを達成。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”2014年|インディアンウェルズでナダル選手に勝利” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

この年世界ランク1位だったナダル選手にインディアンウェルズのマスターズで勝利。初のランキング1位の選手からの勝利に。さらにATP500のリオではフェデラー選手にも勝利し、1年間のうちにフェデラー選手、ナダル選手両方に勝利。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”2016年|背中の怪我でツアー終盤は欠場” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

背中の怪我によりツアー終盤のアジアツアーやパリマスターズは欠場。ランキングも少し落ちてトップ50から外れてしまう。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”2017年|3つ目のツアータイトル” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

2012年のワシントン以降タイトル獲得がありませんでしたが、この年ATP250のブエノスアイレスで3つ目のツアータイトルを獲得。決勝では錦織選手を破っての優勝となりました。

[/su_spoiler]

 

 

 

錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績

[su_tabs style=”default” active=”1″ vertical=”no” class=””]

[su_tab title=”錦織選手” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

VS錦織選手|1勝5敗(勝率17%)

大会コートスコア
2011上海
(マスターズ)
ハード錦織選手
64,63
2013ブリスベン
(ATP250)
ハード錦織選手
64,76(3)
2015アカプルコ
(ATP500)
ハード錦織選手
64,64
2016マイアミ
(マスターズ)
ハード錦織選手
62,62
2016バルセロナ
(ATP500)
クレー錦織選手
75,60
2017ブエノスアイレス
(ATP250)
クレードルゴポロフ選手
76(4),64

[/su_tab]

[su_tab title=”杉田選手” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

VS杉田選手|0勝0敗(勝率-%)

大会コートスコア

[/su_tab]

[su_tab title=”ビッグ4″ disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

ビッグ4|2勝21敗(勝率9%) 

 名前 最高ランク 勝敗 勝率
 R・フェデラー 1 0勝5敗 0%
 R・ナダル 1 2勝7敗 22%
 N・ジョコビッチ 1 0勝5敗 0%
 A・マレー 1 0勝4敗 0%

[/su_tab]

[su_tab title=”トップ選手” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

 名前 最高ランク 勝敗 勝率
 S・ワウリンカ 3 2勝2敗 50% 
 M・チリッチ 3 1勝2敗  33%
 G・ディミトロフ 3 1勝4 20%
 A・ズベレフ 3 0勝1敗  0%
 D・フェレール 3 4勝10敗 17%
 M・ラオニッチ 3 1勝2敗  33% 
 J・M・デルポトロ 4 0勝5敗  0% 
 T・ベルディヒ 4 2勝4敗  33% 
 錦織圭 4 1勝5敗 17%
 D・ティエム 4 1勝2敗   33%
 J・W・ツォンガ 5 3勝3敗  50%

[/su_tab] [/su_tabs]

 

ではドルゴポロフ選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

[su_button url=”http://wp.me/P7r3Xf-1o” target=”self” style=”default” background=”#2D89EF” color=”#FFFFFF” size=”3″ wide=”no” center=”no” radius=”auto” icon=”” icon_color=”#FFFFFF” text_shadow=”none” desc=”” onclick=”” rel=”” title=”” id=”” class=””]テニス関連記事[/su_button]