楽天ジャパンオープン(ATP500・東京)の賞金とポイント【テニス】

 

こんにちは、ケイです。今回は日本・東京で開催される国内唯一のATPツアーであるATP500「楽天ジャパンオープン」の賞金や獲得できるポイント、歴代優勝者などの大会概要をまとめていきます。

賞金総額、シングルスとダブルスの賞金・ポイント

賞金総額

2019年大会の賞金総額は$2,046,340(約2億1800万円)

昨年から約6%アップですが、一昨年からのアップ率と比較すると上昇率はやや低め。

【過去数年間の推移】

2019$2,046,340¥218,958,380+6.1%
2018$1,928,580¥206,358,060+13.0%
2017$1,706,175¥182,560,725

シングルス

結果 ポイント 賞金(ドル)賞金(日本円)
 優勝 500$391,430¥41,883,010
 準優勝 300$196,590¥21,035,130
 ベスト4 180$99,195¥10,613,865
 ベスト8 90$52,125¥5,577,375
 2回戦 45$26,055¥2,787,885
 1回戦 0$14,415¥1,542,405
予選勝者 20 
 予選決勝 10$5,545¥593,315
 予選1回戦 0$2,770¥296,390

【シングルスの賞金額推移】

優勝ベスト8
1回戦
予選1回戦
2017年$336,900$42,265
$11,575
$1,310
2018年
 $384,120 $48,195 $13,200$1,490
+14.0%+14.0%
+14.0%
+13.7%
2019年$391,430$52,125$14,415$2,770
+1.9%+8.1% +9.2%+85.9%

同じ週に中国の北京で開催されるチャイナオープンはグレードが同じATP500ですが、シングルスの優勝賞金額で見ても、楽天ジャパンオープンと比べて倍以上高くなっています。

それに加え、翌週には上海でマスターズがあるので、中国の方へ行ってしまうトップ選手がやや多いのが現状です。

もちろん、日本が好きでこちらに来てくれるトップ選手もたくさんいますが。

ダブルス

結果 ポイント 賞金(ドル)賞金(日本円)
 優勝 500$123,000¥13,161,000
 準優勝 300$60,200¥6,441,400
 ベスト4 180$30,190¥3,230,330
 ベスト8 90$15,500¥1,658,500
 1回戦 0$8,000¥856,000

大会概要

 大会名 楽天ジャパンオープン
 グレード ATP500
 開催場所 日本・東京
 開催時期 10月第1週
出場選手数シングルス 32人
ダブルス 16ペア
 サーフェス ハード
 URL  ATP公式サイト大会ページ
 大会公式サイト
スポンサーリンク

歴代優勝者や上位成績者

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005 W・ウーディ M・アンチッチJ・ニーミネン
B・パウ
 2006 R・フェデラー T・ヘンマンB・ベッカー
H・リー
 2007 D・フェレール R・ガスケ T・ベルディヒ
I・カルロビッチ
 2008 T・ベルディヒ J・M・デルポトロ A・ロディック
R・ガスケ
 2009 J・W・ツォンガ M・ユーズニー L・ヒューイット
G・モンフィス
 2010 R・ナダル G・モンフィス
 V・トロイツキ
R・ステパネク
 2011 A・マレー R・ナダル D・フェレール
M・フィッシュ
 2012錦織圭 M・ラオニッチ A・マレー
M・バグダティス
 2013 J・M・デルポトロ M・ラオニッチ N・アルマグロ
I・ドディグ
 2014錦織圭 M・ラオニッチ B・ベッカー
G・シモン
 2015 S・ワウリンカ B・ペール
 錦織圭
G・ミュラー
 2016 N・キリオス
 D・ゴファン G・モンフィス
M・チリッチ
 2017 D・ゴファン A・マナリノM・チリッチ
D・シュワルツマン
 2018 D・メドベデフ錦織圭D・シャポバロフ
R・ガスケ

※赤色はビッグ4、黄色は日本人選手

楽天ジャパンオープンは2005年以降で2回以上優勝した選手が錦織選手しかいないという何とも不思議な結果になっていますね。

それだけ毎年出るメンバーが変わっているということもあるとは思いますが、この大会で圧倒的な強さを誇っている選手が少ないようです。

ビッグ4のメンバーも少し前までは誰かしらが来ていました。

特に2011年に関してはマレー選手とナダル選手が決勝で戦うという、グランドスラム決勝クラスの素晴らしい対戦カードが実現しましたし。

しかし2009年以降は上海でマスターズが行われるようになったこともあり、東京にトップ選手が集まりにくい状況が続いています。

そんな状況でもラオニッチ選手やチリッチ選手は結構多く来てくれているので嬉しい限りです。

2020年には東京オリンピックがあり、有明コロシアムも改装されるのでそれを機にトップ選手が多く参加してくれるといいですね。

では楽天ジャパンオープンの獲得賞金やポイント、過去大会の結果についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

楽天ジャパンオープンに関する記事はこちら。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報、過去の大会結果まとめ

テニス大会
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース