ユーゴ・アンベール|プレースタイルや戦績【テニス】

ユーゴ・アンベール選手はフランスの若手テニスプレイヤーです。

今回はアンベール選手のプレースタイルやランキング、ツアーでの成績などの情報をまとめていこうと思います。

(2021,5,17更新)

プロフィール

年齢22歳
フランス
身長188cm
体重73kg
利き手
バックハンド両手
好きなサーフェスハード
好きな大会全仏オープン
憧れだった選手ロジャー・フェデラー
プロ転向2016年(18歳)
コーチニコラス・コピン
ティエリー・アシオーネ
趣味ピアノ
ギター

アンベール選手がテニスを始めたのは5歳からで、12歳の頃には家を出てパリにあるFFTナショナルトレーニングセンターで練習をするようになりました。

 

キャリアタイトル

シングルスのツアータイトルは2勝

2020年、21歳の時にATP250オークランドでツアー初タイトルを獲得。

ノーシードでの出場でしたが準々決勝で2シードのシャポバロフ選手、準決勝で4シードのイズナー選手、決勝で5シードのペール選手に勝利。

いずれもトップクラスで活躍する強豪ばかりですが、立て続けに打ち破って優勝を果たしました。

また下部ツアーのチャレンジャーでは6度のタイトル獲得があります。

グレード別
ATP2502
サーフェス別
ハード2

グランドスラム・マスターズの成績

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン2回戦
 全仏オープン1回戦
 ウィンブルドン4回戦
 全米オープン2回戦

グランドスラムでの最高成績は4回戦

2019年のウィンブルドンでシード選手を2人破って4回戦まで勝ち上がっています。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ1回戦
 マイアミ3回戦(ベスト32)
 モンテカルロ1回戦
 マドリード1回戦
 ローマ3回戦(ベスト16)
 カナダ
 シンシナティ
 上海
 パリベスト8
  • マスターズの最高成績は2020年パリマスターズのベスト8
  • 2020年のパリマスターズでは2回戦で第2シードのチチパス選手を破り、3回戦では元世界3位のチリッチ選手に勝利して初のマスターズベスト8入り。
  • 2020年のローママスターズでマスターズ本戦初勝利で一気にベスト16入り。

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002018年(20歳)
トップ502019年(21歳)
キャリアハイ|29位2021年(22歳)
ランキングの推移
2016992
2017381
201884
201957
202030

プレースタイル

アンベール選手のプレースタイルはバランス型オールラウンダーで、武器はサーブとストロークです。

ショットのレベルが全体的に高いオールラウンドのプレーヤーでプレーの幅が広いです。

中でもストロークに関しては、バックハンドは精度の高さが非常に魅力的で、パワーよりもコースを突くショットで、ショートクロス、ダウンザラインとかなり広角に展開する事ができます。

最近はフォアハンドのレベルも上がり、精度、パワー共にレベルの高いものになっています。

サーブはクイックサーブで、1stはエースを取れる速いサーブで力があり、2ndはキレのあるキックサーブ。

ネットプレーも上手く織り交ぜますし、かなりバランスの取れた選手。

主な成績

シーズン勝敗
タイトル
主な成績
20182勝3敗
0勝
グランドスラム|全米(2回戦)
マスターズ|パリ(1回戦)
201915勝21敗
0勝
グランドスラム|ウィンブルドン(ベスト16)
マスターズ|パリ(1回戦)
ATP250|マルセイユ、ニューポート、アントワープ(ベスト4)
202024勝12敗
2勝
マスターズ|パリ(ベスト8) ローマ(ベスト16)
APT500|ハンブルク(ベスト8)
ATP250|オークランド、アントワープ(優勝) デルレイビーチ(ベスト4) ニューヨーク(ベスト8)

 

【関連記事】

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ