シンチ選手権(ATP500・ロンドン)の賞金とポイント【テニス】

今回はイギリス・ロンドンで開催されるATP500の大会である「シンチ(旧フィーバー・ツリー)選手権」の賞金や獲得できるポイント、過去の大会結果などの情報をまとめていきます。

賞金とポイント

シングルス

2021年

結果 ポイント 賞金(ユーロ) 賞金(日本円)前年比
 優勝 500€113,785¥15,019,620-73.5%
 準優勝 300€84,075¥11,097,900-61.1%
 ベスト4 180€59,860¥7,901,520-45.1%
 ベスト8 90€40,765¥5,380,980-28.8%
 2回戦 45€25,480¥3,363,360-11.0%
 1回戦 0€14,650¥1,933,800-7.5%
 予選勝者 20
 予選2回戦 10€6,750¥891,00010.8%
 予選1回戦 0€3,565¥470,58017.1%

近年の推移と前年比

【推移】

2021年2019年2018年2017年
 優勝€113,785 €429,955 €427,590 €395,690
 準優勝€84,075 €215,940 €209,630 €193,985
 ベスト4€59,860 €108,965 €105,480 €97,610
 ベスト8€40,765 €57,260 €53,645 €49,640
 2回戦€25,480 €28,620 €27,860 €25,780
 1回戦€14,650 €15,830 €14,690 €13,595
 予選2回戦€6,750 €6,090 €3,250 €3,010
 予選1回戦€3,565 €3,045 €1,660 €1,535

【前年比】

2021年2019年2018年
 優勝-73.5%0.6%8.1%
 準優勝-61.1%3.0%8.1%
 ベスト4-45.1%3.3%8.1%
 ベスト8-28.8%6.7%8.1%
 2回戦-11.0%2.7%8.1%
 1回戦-7.5%7.8%8.1%
 予選2回戦10.8%87.4%8.0%
 予選1回戦17.1%83.4%8.1%
  • 2021年|新型コロナウイルスの影響で前回からは大幅な減額。特に優勝~ベスト4の上位進出者への賞金額は大幅なダウン。ただ予選の賞金額については逆に10%以上の大きな増額となっています。
  • 2019年|本戦はベスト8と1回戦の賞金が5%以上の上昇となりましたが他は微増。しかし予選の賞金額が前年比80%以上の大幅な増加
  • 2018年|全体で一律8%ほどの増額。

ダブルス

2021年

結果 ポイント 賞金(ユーロ) 賞金(日本円)
 優勝 500€40,200¥5,306,400
 準優勝 300€30,240¥3,991,680
 ベスト4 180€21,760¥2,872,320
 ベスト8 90€14,340¥1,892,880
2回戦45€9,020¥1,190,640
 1回戦 0€5,000¥660,000

大会概要

 大会名 シンチ選手権
(旧フィーバーツリー選手権)
 グレード ATP500
 開催場所 イギリス・ロンドン
 開催時期 6月第4週
 ドロー数シングルス(32人)
ダブルス(24ペア)
 サーフェス グラス
 URL  ATP公式サイト大会ページ
 大会公式サイト

 

シンチ選手権(旧フィーバー・ツリー選手権)は別名クイーンズ・クラブ選手権とも言われ、かなり歴史が長いです。

日本人選手の活躍となると、オープン化以降では1992年に松岡修造選手が決勝まで勝ち進み、決勝では惜しくも敗れましたが準優勝を果たしています。

またこの大会は2014年まではATP250の大会としてツアーで開催されていましたが、2015年のツアー改変でATP500に昇格となりました。

過去の大会結果

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005 A・ロディック I・カルロビッチ R・ステパネク
T・ヨハンソン
 2006 L・ヒューイット J・ブレイク A・ロディック
T・ハンフマン
 2007 A・ロディック N・マウ D・ツルスノフ
A・クレメント
 2008 R・ナダル N・ジョコビッチ A・ロディック
D・ナルバンディアン
 2009 A・マレー J・ブレイク A・ロディック
J・フェレーロ
 2010 S・クエリー M・フィッシュ F・ロペス
R・シュットゥラー
 2011  A・マレー J・W・ツォンガ A・ロディック
J・ワード
 2012 M・チリッチ D・ナルバンディアン G・ディミトロフ
S・クエリー
 2013  A・マレー M・チリッチ J・W・ツォンガ
L・ヒューイット
 2014 G・ディミトロフ F・ロペス S・ワウリンカ
R・ステパネク
 2015 A・マレー K・アンダーソン G・シモン
V・トロイツキ
 2016 A・マレー M・ラオニッチM・チリッチ
B・トミック
 2017F・ロペス  M・チリッチ G・ディミトロフ
G・ミュラー
2018 M・チリッチ N・ジョコビッチN・キリオス
J・シャルディ
2019F・ロペス G・シモン D・メドベージェフ
F・アリアシム

※赤色はビッグ4

やはり母国イギリスと言うこともあり、マレー選手が多くタイトルを獲得しています。

ただグレードATP500なので毎年必ず出場するわけではないため、他の選手も多く活躍できています。

現役選手なら最近では、クエリー選手、チリッチ選手、ディミトロフ選手、ロペス選手がタイトルを獲得しています。

特にチリッチ選手とロペス選手は2度の優勝があるので相性の良い大会と言えます。

あとは少し前に遡ると、引退した元世界1位でビッグサーバーのロディック選手の活躍も凄まじいです。

やはりグラスコートとビッグサーバーの組み合わせは非常に相性が良いことがよく分かります。

 

ではフィーバー・ツリー選手権の獲得賞金やポイント、過去大会の結果についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】

ノベンティオープン(ATP500・ハレ)の賞金とポイント
今回はドイツ・ハレで開催されるATP500の大会である「ノベンティオープン(旧ゲリー・ウェバー・オープン)」の賞金や獲得できるポイント、過去の大会結果などの情報をまとめていきます。 シングルスとダブルスの賞金、ポイント シングル...
【テニス】ATP500大会の賞金と獲得ポイントはどれくらい!?
今回はテニスのツアーでグレード500の大会、いわゆるATP500の大会ではどれくらいの賞金やポイントが獲得できるのかまとめてみました! ATP500大会一覧 大会 開催国  開催時期 コート ロッテルダム ...
テニス選手一覧・大会情報まとめ
男子プロテニス選手一覧 女子プロテニス選手一覧 対戦成績一覧 ATPツアー大会情報【男子テニス】 ATPツアー関連 ATPツアーの仕組み グランドスラムの賞金とポイント マスターズの賞金とポイント ATP...