フィーバーツリー選手権(ATP500・ロンドン)の賞金とポイント【テニス】

 

こんにちは、ケイです。今回はイギリス・ロンドンで開催されるATP500の大会である「フィーバー・ツリー選手権」の賞金や獲得できるポイント、過去の大会結果などの情報をまとめていきます。

シングルスとダブルスの賞金、ポイント

(1ユーロ=130円のレートで計算しています。)

シングルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 500 €427,590(約5550万円)
 準優勝 300 €209,630(約2710万円)
 ベスト4 180 €105,480(約1300万円)
 ベスト8 90 €53,645(約680万円)
 2回戦 45 €27,860(約360万円)
 1回戦 0 €14,690(約180万円)
 予選勝者 20 
 予選2回戦 10 €3,250(約42万円)
 予選1回戦 0 €1,660(約21万円)

ダブルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 500 €128,740(約1660万円)
 準優勝 300 €63,030(約810万円)
 ベスト4 180 €31,630(約400万円)
 ベスト8 90 €16,230(約210万円)
 1回戦 0 €8,390(約100万円)

大会概要

 大会名 フィーバーツリー選手権
 グレード ATP500
 開催場所 イギリス・ロンドン
 開催時期 6月第4週
 ドロー数 S(32)、D(16)
 サーフェス グラス
 賞金総額 €1,983,595(約2億5000万円)
 URL  ATP公式サイト大会ページ
 大会公式サイト

 

フィーバーツリー選手権は別名クイーンズ・クラブ選手権とも言われ、かなり歴史が長いです。オープン化以降では、1992年に松岡修造選手が決勝まで勝ち進み、準優勝を果たしています。

 

また2014年まではATP250の大会としてツアーで開催されていましたが、2015年のツアー改変でATP500に昇格。

2017 年大会の結果(ベスト8以上)

準々決勝

WINSCORELOSE
M・チリッチ64,75D・ヤング
G・ディミトロフ63,36,63D・メドベデフ
F・ロペス765,671,75T・ベルディヒ
G・ミュラー64,765S・クエリー

準決勝

WINSCORELOSE
M・チリッチ63,57,64G・ミュラー
F・ロペス75,36,62G・ディミトロフ

決勝

WINSCORELOSE
F・ロペス46,762,768M・チリッチ

 

2017年大会はノーシードから上がってきたロペス選手が第4シードのチリッチ選手にフルセットの逆転で勝利し、この大会初めての優勝。ファイナルセットのタイブレークは10-8という大接戦の末に決着がつきました。

 

結果的にこの大会ロペス選手は1回戦で2シードのワウリンカ選手、準々決勝で7シードのベルディヒ選手、準決勝で6シードのディミトロフ選手、決勝で4シードのチリッチ選手と優勝までに4人のシード選手を破っての優勝となりました。

2005年以降の結果

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005 A・ロディック I・カルロビッチ R・ステパネク T・ジョハンソン
 2006 L・ヒューイット J・ブレイク A・ロディック T・ハンフマン
 2007 A・ロディック N・マウ D・ツルスノフ A・クレメント
 2008 R・ナダル N・ジョコビッチ A・ロディック D・ナルバンディアン
 2009 A・マレー J・ブレイク A・ロディック J・フェレーロ
 2010 S・クエリー M・フィッシュ
 F・ロペス R・シュットゥラー
 2011 A・マレー J・W・ツォンガ A・ロディック J・ワード
 2012 M・チリッチ D・ナルバンディアン G・ディミトロフ S・クエリー
 2013 A・マレー M・チリッチ J・W・ツォンガ L・ヒューイット
 2014 G・ディミトロフ F・ロペス S・ワウリンカ R・ステパネク
 2015 A・マレー K・アンダーソン
 G・シモン V・トロイツキ
 2016 A・マレー
 M・ラオニッチ M・チリッチ
 B・トミック
 2017 F・ロペス M・チリッチ G・ディミトロフ
 G・ミュラー

※背景が赤色はビッグ4

やはり母国イギリスと言うこともあり、マレー選手が多くタイトルを獲得していますね。ただグレードATP500なので毎年必ず出場するわけではないので、他の選手も多く活躍できています。

 

現役選手なら最近では、クエリー選手、チリッチ選手、ディミトロフ選手、ロペス選手がタイトルを獲得しています。特にチリッチ選手は準優勝も2回あるので相性の良い大会と言えますね。

 

あとは少し前に遡ると、引退した元世界1位でビッグサーバーのロディック選手の活躍も凄まじいです。やはりグラスコートとビッグサーバーの組み合わせは非常に相性が良いことがよく分かります。それを踏まえて考えると、ビッグサーバーではないマレー選手がここまでの回数優勝できるのは本当に凄い事です。

 

ではフィーバー・ツリー選手権の獲得賞金やポイント、過去大会の結果についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

 

コメント