バーナード・トミック|プレースタイル、ランキング、戦績まとめ【テニス】

 

こんにちは、ケイです。今回はオーストラリアを代表する若手選手で、独特なプレースタイルを持つバーナード・トミック選手のプレースタイル、ランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績など、選手情報をまとめてきます。

(2018,7,3更新)

プロフィール

年齢25歳
オーストラリア
身長196cm
体重91kg
ラケットHEAD
ウェアNIKE
利き手
バックハンド両手
プロ転向2008年(15歳)
好きなサーフェスグラス
趣味バスケ、卓球
コーチジョン・トミック
ATP公式サイト選手情報

キャリアタイトル

シングルス
タイトル3勝
ATP2503
ハード3
初タイトル2013年(20歳)
ダブルス
タイトル0勝

 

20歳の時にATP250・シドニーでツアー初タイトルを獲得。この時ランキング64位ながら、トップ50を3人、トップ30を2人破って優勝。

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン 4回戦 ハード
 全仏オープン 2回戦 クレー
 ウィンブルドン ベスト8 グラス
 全米オープン 3回戦 ハード
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ ベスト8 ハード
 マイアミ 3回戦 ハード 
 モンテカルロ 2回戦 クレー
 マドリード 1回戦 クレー
 ローマ 2回戦 クレー
 カナダ 3回戦 ハード
 シンシナティ ベスト8 ハード
 上海 ベスト8 ハード
 パリ 2回戦 ハード

 

トミック選手と言えばやはり2011年のウィンブルドンで当時18歳にしてベスト8進出を果たしたことで注目を浴びました。

 

さらにマスターズでも3大会でベスト8の経験があり、着実に大きな大会でも成績を残しています。しかしクレーは少し苦手なようで、クレーの大会ではあまりいい成績が残せていません。

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002011年(18歳)
トップ502011年(18歳)
トップ202015年(22歳)
キャリアハイ17位
年末ランキングの推移
2008763
2009286
2010208
201142
201252
201351
201456
201518
201626
2017140

 

2017年シーズン途中で、テニスに対するモチベーションが下がり、ランキングが落ちてしまいます。しかし最近は再び大会に出るようになり、ランキングも徐々に戻してきています。

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

フォアハンド9
バックハンド 8 
サーブ8
リターン8
ボレー7
テクニック8
メンタル6
フットワーク7
攻撃力8
守備力8

総合力|77

トミック選手のプレースタイル

トミック選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器は独特なフォームで打つ伸びのあるフォアハンドです。

 

かなり脱力したような動きをするのでそれほどストロークにもサーブにもパワーがあるようには見えないのですが、実際はかなり強いボールが飛んでいきます。特にフォアハンドはフラット系でかなり伸びがあり相手コートの奥深くに突き刺さっていくので、エースを取りに行かなくてもエース級のボールになります。

 

サーブはかなりクイックでスピードはそれほどないですが、タイミングが早いのでスピードがあるように見えます。

プロに転向したばかりの頃から注目選手だった

18歳でまだルーキーだった時からトミック選手は注目を集めていました。

特に起点となった出来事は2011年のウィンブルドンで、この時トミック選手はランキングが150位前後で予選からの出場でした。しかしそこから驚異のベスト8進出を果たし、スーパールーキーとして大注目されることになりました。

 

18歳でグランドスラムのベスト8へ行けるような選手は後々上がってくる事が多いです。

その後も順調にランキングを上げキャリアハイは17位まで上昇

トミック選手は20歳でシドニーのATP250でツアー初優勝を果たし、その後さらに2勝を挙げます。マスターズでもベスト8へ進出するようになり、トップ10選手との試合も数多く経験するようになります。

 

しかし最近はテニスのモチベーションが少し下がったとかでランキングを落としています。テニスファンとしては再びモチベーションを取り戻してランキングを上げてきてくれることを願っています。

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手との対戦|2勝2敗(勝率50%)

大会コート勝敗スコア
2012ロンドン五輪
(オリンピック)
ハードLOSE67(4),67(4)
2015ブリスベン
(ATP250)
ハードLOSE06,46
2016ブリスベン
(ATP250)
ハードWIN63,16,63
2016シンシナティ
(マスターズ)
ハードWIN76(1),76(5)

杉田選手との対戦|0勝0敗(勝率-%)

大会コート勝敗スコア

 

トミック選手は錦織選手との戦績が良いです。相性が良いのか直近の2戦は接戦ながらも、両方ともトミック選手が勝っています。

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

ビッグ4との対戦|0勝17敗(勝率0%)

名前最高ランク対戦成績勝率
R・フェデラー0勝4敗 0%
R・ナダル0勝3敗  0%
N・ジョコビッチ0勝5敗 0%
A・マレー0勝5敗 0%

トップ選手との対戦|6勝35敗(勝率14%)

名前最高ランク対戦成績勝率
S・ワウリンカ1勝1敗 50%
M・チリッチ1勝2敗  33%
G・ディミトロフ0勝2敗  0%
A・ズベレフ0勝0敗  -%
D・フェレール2勝4敗33%
M・ラオニッチ0勝5敗 0%
J・M・デルポトロ0勝2敗  0%
T・ベルディヒ0勝5敗  0%
錦織圭2勝2敗50%
D・ティエム0勝2敗  0%
J・W・ツォンガ0勝3敗 0%

 

負けは多いですが、ビッグ4との対戦回数が非常に多いですね。ビッグ4との対戦が多いという事はドロー運もありますが、それだけビッグ4と対戦するまで勝ち上がっているとも言えます。

 

ではトミック選手のプレースタイル、ランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込