【テニス】D・メドベデフ|プレースタイルや錦織圭との対戦成績 

2019年1月6日

今回はロシアの若手選手でネクストジェネレーションのダニル・メドベデフ(メドベージェフ)選手についての情報をまとめていきます。

(2019,1,6更新)

プロフィール

年齢 22歳
ロシア
身長 198cm
体重 81kg
ラケット テクニファイバー
ウェア ロット
好きなサーフェス グラス
好きなショット リターン
趣味 ゲーム(PS)
コーチ ジル・セルバラ
プロ転向 2014年(18歳)

【メドベデフ選手のインスタ】

ツアーの成績

キャリアタイトル

キャリアタイトルは3勝

初めてタイトルを獲得したのは2018年に21歳で優勝した「シドニー国際(ATP250)」。決勝で地元オーストラリアのネクストジェンであるアレックス・デミノー選手に勝利して優勝。

またATP500での初タイトルは2018年に22歳で優勝した「楽天ジャパンオープン」。決勝で地元、日本のランキングトップ5経験者である錦織圭選手に勝利して優勝。

 

グレード別
ATP500 1
ATP250 2
サーフェス別
ハード 3
クレー 0
グラス 0

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン  ハード 2回戦
 全仏オープン  クレー 1回戦
 ウィンブルドン  グラス 3回戦
 全米オープン  ハード 3回戦

グランドスラムの最高成績は全米オープンとウィンブルドンの3回戦進出。どちらも2018年に達成した成績で、今後さらに好成績を出す可能性は非常に高いです。

2018年のウィンブルドンでは1回戦で16シードのボルナ・チョリッチ選手に勝利。さらに同年の全米オープンでは2回戦で15シードのステファノス・チチパス選手に勝利と、立て続けにシードダウンを起こしています。

スポンサーリンク

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ100 2016年(20歳)
トップ50 2017年(21歳)
トップ20 2018年(22歳)
キャリアハイ|16位 2018年(22歳)
シーズンランキングの推移
2014 655
2015 329
2016 99
2017 65
2018 16

メドベデフ選手はプロ入り3年目の2016年で初のトップ100入り。2017年にはトップ50、2018年にはトップ20と非常に順調にランキングを上げてきています。

プレースタイル

メドベデフ選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器はフラットな球質のストロークとリターンです。少しでも甘いサーブが来ると、叩いていくので相手からするとかなり脅威です。

さらにリターンと同様にストロークもフラットで、バウンドしてから伸びてくるボールは強いです。以前は安定感には少し欠けていましたが、最近はミスもほとんどなくむしろミスが少ない選手に成長しています。

フラットな球質でミスが少ないのは相手からするとかなり脅威ですよね。

ただ最近ではバックハンドのレベルがかなり高くなってきており、大きな武器になりつつあります。しかも攻撃だけではなく、相手に走らされた時の球際の処理が非常に上手くなってきており、守備力がかなり上がりました。

また198cmという長身を生かしたフラットサーブもなかなか強力です。しかしセカンドサーブが少し甘くなってしまいがちな所もあります。

フォアハンド 8
バックハンド 8
サーブ 8
リターン 8
ボレー 7
テクニック 7
メンタル 8
フットワーク 8
攻撃力 8
守備力 8
総合力 78
スポンサーリンク

主な経歴

プロ入り3年目の2017年シーズンに大きく躍進

メドベデフ選手は2017年シーズンに大きく躍進します。

シーズン初頭のチェンナイのグレード250の大会で、ツアー初の決勝に進出。この時は決勝でバウティスタ・アグート選手に敗れてしまいましたが、見事な準優勝でした。

そしてウィンブルドンでは100%の状態ではないとはいえ、当時世界ランク3位のワウリンカ選手に勝利。これがグランドスラム本戦初勝利でした。

21歳でツアー初タイトルを獲得

メドベデフ選手は2018年シーズンにシドニーのATP250で初タイトルを獲得。この時はランク84位だったので予選からの出場になりましたが、合計7試合勝って優勝まで上り詰めました。準決勝のフォニーニ戦、決勝のデミノー戦はどちらも1セットダウンからの逆転勝利。非常に勝負強いですよね!

さらにこのシーズンはウィンストンセーラムのATP250でもタイトルを獲得。ランキングも大きく上げてきています。

現在ロシアにはメドベデフ選手の他にもカチャノフ選手ルブレフ選手などと言った素晴らしい若手がいます。これからロシアはかなり力を上げてきそうですね。

錦織圭との戦績

D・メドベデフ 1 1 錦織圭

錦織選手との対戦成績は1勝1敗です。

サーフェス別で見るとクレーで0勝1敗、ハードで1勝0敗となっています。

グランドスラムでの5セットマッチはまだ対戦がありません。

大会 勝者 スコア
2018 東京
(500・ハード)
メドベデフ 62 64
2018 モンテカルロ
(マスターズ・クレー)
錦織圭 75 62

日本人選手との戦績

ダニエル太郎

D・メドベデフ 1 0 ダニエル太郎

ダニエル選手との対戦成績は1勝0敗です。

サーフェス別で見るとハードで1勝0敗となっています。

グランドスラムでの5セットマッチはまだ対戦がありません。

大会 勝者 スコア
2018 ウィンストンセーラム
(250・ハード)
メドベデフ 61 61

ビッグ4との対戦成績

D・メドベデフ 1 4 ビッグ4

ビッグ4との対戦成績は1勝4敗(勝率20%)です。

ジョコビッチ選手、フェデラー選手にそれぞれ2敗しています。

1度の勝利はマレー選手からですが、この時のマレー選手は怪我からの復帰直後でした。

R・フェデラー 0勝2敗 0%
R・ナダル 0勝0敗 -%
N・ジョコビッチ 0勝2敗 0%
A・マレー 1勝0敗 100%

トップ選手との対戦成績

D・メドベデフ 7 8 トップ選手

トップ選手との対戦成績は7勝8敗(勝率46%)です。

単純に勝敗だけ見ればトップ10いても全然おかしくないほどの戦績になっています。

戦績が良いのはワウリンカ選手とラオニッチ選手。

大きく負け越しているのはズベレフ選手です。ここまで4回の対戦があってまだ1度も勝利できていません。

S・ワウリンカ 1勝0敗 100% 
J・M・デルポトロ 0勝0敗 -% 
M・チリッチ 0勝0敗 -%
G・ディミトロフ 1勝1敗 50%
A・ズベレフ 0勝4敗 0%
D・フェレール 0勝0敗 -%
M・ラオニッチ 3勝0敗 100% 
T・ベルディヒ 0勝0敗 -% 
錦織圭 1勝1敗 50%
D・ティエム 0勝1敗 0%
J・W・ツォンガ 1勝1敗 50%

 

ではメドベデフ選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

スポンサーリンク

テニス, 選手

Posted by ケイ