【テニス】A・デミノー|プレースタイルやツアーでの成績

今回はオーストラリアのネクストジェンであるアレックス・デミノー選手についての情報をまとめていこうと思います。

(2020,6,28更新)

プロフィール

年齢21歳
オーストラリア
身長183cm
体重69kg
利き手
バックハンド両手
好きなコートグラス
好きなショットバック
趣味ゴルフ
プロ転向2015年(16歳)
コーチアドルフォ・グティエレス

 

プレースタイル

 
デミノー選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器は速いフットワークと強烈なリターンです。

ストロークに関してもレベルが高く、特にフォアハンドは体を大きく回転させてその力を利用した独特なフォームで威力のあるショットを打ちます。

しかしデミノー選手の一番の武器は何と言ってもフットワークです。183cmで69kgとテニス選手としては痩せていると思いますが、その軽さを生かしたフットワークはとても速いです。まるでジョコビッチ選手を思わせるようなコートカバーリングを見せることもあります。

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

フォアハンド8
バックハンド8
サーブ7
リターン8
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク9
攻撃力8
守備力8
総合力77

大会の成績

キャリアタイトル

シングルスのツアータイトルは3勝

初タイトルは2019年に19歳で獲得した地元開催のATP250シドニー。

2019年にはさらに2つのタイトルを獲得し、1年間だけで3つのタイトルを獲得しています。

グレード別
グランドスラム0
マスターズ0
ATP5000
ATP2503
サーフェス別
ハード3
クレー0
グラス0

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン3回戦
 全仏オープン2回戦
 ウィンブルドン3回戦
 全米オープン4回戦

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ2回戦
 マイアミ1回戦
 モンテカルロ予選1回戦
 マドリード1回戦
 ローマ1回戦
 カナダ1回戦
 シンシナティ3回戦
 上海1回戦
 パリ3回戦

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002018年(19歳)
トップ502018年(19歳)
トップ202019年(20歳)
キャリアハイ|18位2019年(20歳)
年末ランキングの推移
20151574
2016349
2017208
201831
201918

主な経歴

ATP250のブリスベンでベスト4

デミノー選手は2017年シーズンにプロ転向2年目で初のフューチャーズ優勝を果たします。フューチャーズはテニス選手の登竜門といわれますが、トップに上がっていく選手に関してはジュニアの時代にフューチャーズのタイトルを取ってしまうことも多いです。

なのでデミノー選手の場合、それほど順調にランキングが上がっていたわけではないのですが、だからこそ2018年シーズン序盤のグレード250のブリスベンではとても驚かせられました。

結果はベスト4だったわけですが、ここまでフューチャーズ1勝でチャレンジャーすら優勝したことの無かった選手が、初戦で44位のジョンソン選手、24位で元世界ランク3位のラオニッチ選手を破って勝ち上がっています。

ATP500のワシントンでツアー初の準優勝

2018年のウィンブルドンでグランドスラム初の3回戦進出を果たし、全米オープンに向けて調整を続ける時期であるATP500のワシントンでツアー初の準優勝を果たします。

3回戦ではチョンヒョン選手、準決勝ではルブレフ選手と同世代のネクストジェンを破り、決勝でも同じネクストジェンであるズベレフ選手との対戦。ここは完敗してしまいましたが、今後に向けて非常に大きな可能性を見せつけた大会になりました。

ツアーレベルでの主な成績

(表の黄色マーカーは250ポイント以上、黄色太字は1000ポイント以上)

順位主な成績
201831グランドスラム|全米、ウィンブルドン(3回戦)
マスターズ|上海(ベスト16)
ATP500ワシントン(準優勝)
ATP250|シドニー(準優勝) 深圳、ブリスベン(ベスト4)
201918グランドスラム|全米(4回戦) 全豪(3回戦)
マスターズ|パリ、シンシナティ(ベスト16)
ATP500バーゼル(準優勝) アカプルコ(ベスト8)
ATP250アトランタ、シドニー、珠海(優勝) スヘルトーヘンボス、ブリスベン(ベスト8)

 

ではデミノー選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ