スティーブ・ジョンソン|プレースタイルや錦織圭との対戦成績【テニス】

 

今回はアメリカのスティーブ・ジョンソン選手のプロフィール、タイトル、グランドスラムの成績、ランキングの推移、錦織選手との対戦成績などを書いていこうと思います。

(2018,12,22更新)

プロフィール

年齢28歳
アメリカ
身長188cm
体重86kg
ウェアasics
ラケットYONEX
利き手
バックハンド両手
好きなサーフェスハード
好きなショットフォアハンド
趣味音楽鑑賞
プロ転向2012年(22歳)
コーチCraig Boynton

 

【ジョンソン選手のインスタグラム】

 

View this post on Instagram

 

Chubbs and I enjoying my last few days living the bachelor life 🤷🏻‍♂️ #teamsunski #weddingtime

Steve Johnsonさん(@steviej345)がシェアした投稿 –

タイトル

タイトル4勝
ATP2504
ハード2
グラス2
初タイトル2016年(26歳)

初タイトルは2016年に26歳で優勝したノッティンガム(ATP250・グラス)です。

ここまで4勝を獲得しており、ハードで2勝、グラスで2勝となっています。

開催数が少ないグラスの大会で2勝を挙げられているのは凄いことで、間違いなくグラスが得意な選手と言えます。

 

グランドスラムの最高成績

全豪オープン3回戦
全仏オープン3回戦
ウィンブルドン4回戦
全米オープン3回戦

グランドスラムの最高成績はウィンブルドンの4回戦進出です。

初タイトルもグラスでしたがウィンブルドンもグラスの大会なので、グラスシーズンは良い成績が残せていますね。

 

キャリアハイやランキングの推移

【キャリアハイの推移】

トップ1002013年(23歳)
トップ502014年(24歳)
キャリアハイ|21位2016年(26歳)

 

【シーズンランキングの推移】

2012175
2013156
201437
201532
201633
201744

 

プレースタイルや強さ

ジョンソン選手のプレースタイルは「攻撃型ベースライナー」で、武器はパワーのあるサーブ・フォアハンドです。

ビッグサーバーというわけではありませんが、ややクイックぎみのフラットサーブはかなり威力があります。それに加え、安定感には少し欠けますが強烈なフォアハンドでウィナーを狙っていきます。

基本的には堅実なプレースタイルで、クラッチショットなどはほとんどしないような選手ですが、テクニックが無いわけでは無いと思います。

フォアハンド8
バックハンド8
サーブ8
リターン7
ボレー7
テクニック8
メンタル7
フットワーク7
攻撃力8
守備力7

総合力|75

ここ数年で徐々にランキングを上げてきている

テニス選手にしては珍しく大学を出てプロに転向した選手です。多くの選手は高校卒業と同時、もしくはそれよりも早い段階でプロに転向してツアーを回っていくのが従来のパターンとなっていますが、近年では大学を出てからプロに転向するという選手も増えてきているようです。

特にアメリカは大学テニスのレベルが非常に高いので、ジョンソン選手のような選手も多いみたいですね〜。先輩選手ではイズナー選手が大学卒業後プロに転向してますね。

そして22歳頃にプロに転向しツアーを回り始めたのですが、最初はやはり大学テニスとの違いもあってか、それほど上位に食い込めるところまでいけませんでした。

しかしプロでの生活にも慣れてくると徐々にランキングを上げて、2016年シーズンには初のツアータイトルを獲得。さらにランキングも21位まで上昇させることになります。

大学テニスをしていたということもあり、かなり完成された堅実なテニスをする選手です。

なので派手なプレーはありませんが安定して勝つことが求められるテニスのツアーにおいてはこういった選手がランキングを上げていけるのかな〜と思います。

年齢的にもこれから良い時期に入ってくるので活躍が楽しみですね!

錦織圭との対戦成績

スティーブ・ジョンソン(0勝
錦織圭(4勝
  • ジョンソン選手から見た錦織選手との対戦成績は0勝4敗です。
  • サーフェス別だとハードで0勝3敗、グラスでは0勝1敗。
  • グランドスラムの5セットマッチでは0勝1敗。
大会
(グレード・サーフェス)
勝者スコア
2014ハレ
(ATP500・グラス)
錦織圭61 764
2015ブリスベン
(ATP250・ハード)
錦織圭64 75
2015全豪オープン
(グランドスラム・ハード)
錦織圭6761 62 63
2016インディアンウェルズ
(マスターズ・ハード)
錦織圭7675

 

日本人選手との対戦成績

杉田祐一

スティーブ・ジョンソン(2勝
杉田祐一(0勝
  • ジョンソン選手から見た杉田選手との対戦成績は2勝0敗です。
  • サーフェス別だとハードで1勝0敗、クレーで1勝0敗。
  • グランドスラムの5セットマッチでは1勝0敗。
大会勝者スコア
2016 ニューポート
(ATP250・ハード)
ジョンソン61,64
2017全仏オープン
(マスターズ・クレー)
ジョンソン63,63,67(4),67(3),63

 

ビッグ4との対戦成績

スティーブ・ジョンソン(0勝
ビッグ4(7勝
スティーブ・ジョンソン0勝
ビッグ47勝
  • ジョンソン選手から見たビッグ4との対戦成績は0勝7敗です。
  • ビッグ4全員と対戦がありますが、まだ誰からも勝利を挙げられていません。

 

トップ選手との対戦成績

スティーブ・ジョンソン(12勝
トップ選手(31勝
  • ジョンソン選手から見たトップ選手との対戦成績は12勝31敗で勝率は27%です。
  • 対戦成績が良いのはツォンガ選手やズベレフ選手。
  • 逆に対戦成績が悪いのはチリッチ選手や錦織選手となっています。

ではスティーブ・ジョンソン選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込