ファン・マルティン・デルポトロ|プレースタイルやランキング

2019年6月10日

今回は2016年リオオリンピックで完全復活をとげた元世界ランク4位、2009年全米オープン覇者のデルポトロ選手についてプレースタイルやランキング、錦織選手やビッグ4との対戦成績などの情報をまとめていこうと思います。

 

(2019,6,10更新)

プロフィール

年齢 30歳
アルゼンチン
身長 198cm
体重 97kg
ウェア NIKE
ラケット ウィルソン
利き手
バックハンド 片手
プロ転向 2005年(16歳)
好きなショット フォア
好きなコート ハード
趣味 サッカー、釣り、料理
コーチ セバスチャン・プリエト
ATP公式サイト 選手情報

 

キャリアタイトル

シングルス
タイトル 22勝
グランドスラム 1
マスターズ 1
ATP500 9
ATP250 11
ハード 18
クレー 4
初タイトル 2008年(19歳)
初マスターズタイトル 2018年(29歳)
初グランドスラムタイトル 2009年(20歳)
ダブルス
タイトル 1勝
ATP250 1
ハード 1
初タイトル 2007年(18歳)

 

 

スポンサーリンク

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン  ベスト8
 全仏オープン  ベスト4
 ウィンブルドン  ベスト4
 全米オープン 優勝
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ 優勝
 マイアミ  ベスト4
 モンテカルロ  3回戦
 マドリード  ベスト4
 ローマ  ベスト8
 カナダ 準優勝
 シンシナティ  ベスト4
 上海 準優勝
 パリ  ベスト8

マスターズ以上のグレードの大会ではモンテカルロ以外全てでベスト8以上の成績を残しています。

どのサーフェスでも勝ちあがれる事が証明されていますし、全米とインディアンウェルズでの優勝や、上海とカナダの準優勝を考えると特に強いのはハードコートです。

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ100 2006年(17歳)
トップ50 2007年(18歳)
トップ20 2008年(19歳)
トップ10 2008年(19歳)
トップ5 2009年(20歳)
キャリアハイ|3位 2018年(29歳)
年末ランキングの推移
2005 157
2006 92
2007 44
2008 9
2009 5
2010 258
2011 11
2012 7
2013 5
2014 137
2015 590
2016 38
2017 11
2018 5

何度も手首の怪我によりランキングを大きく落としていますが、その度に再び強くなって戻ってくる事を繰り返しているのがランキングを見てもよく分かりますよね。

一度怪我でランキングを落として再びトップに上がってくるのは並大抵のことではないのですが、デルポトロ選手の場合はそれを3回やり遂げています。

2008年の時点ですでにトップ10入りを果たしているので、怪我がなかったら今頃は1位になっていてもおかしくはなかったかもしれません。

スポンサーリンク

プレースタイル

デルポトロ選手のプレースタイルは攻撃型ベースライナーで、武器は世界トップクラスのフォアハンドです。

フォアハンドのパワーだけで言えば間違いなく世界トップです。

それほどえげつない威力のボールが飛んでいきます。構えていても押し込まれるほどの威力です。

特に回り込んで逆クロスへ打つ時のフォアハンドは強烈で、大抵の場合エースで決まるかチャンスボールが上がります。

またサーブも凄まじく、ストロークが強いのでベースライナーとしていますがビッグサーバーでもあります。

この2つの大きな武器で男子テニス選手の中でもトップクラスの攻撃力を誇っています。

しかし左手首の怪我も影響してか、バックハンドはそれほど強く打てないようで少し弱点になってしまっています。

スライスを多めに使ってとりあえず繋げるといった感じです。

しかし復帰してしばらくたち、徐々にバックハンドも威力のあるショットを打ち始めている感じはあります。

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

フォアハンド 10
バックハンド 7
サーブ 10
リターン 8
ボレー 8
テクニック 8
メンタル 9
フットワーク 7
攻撃力 10
守備力 8
総合力 85

 

主な経歴

2009年の全米OP覇者

この時デルポトロ選手はまだ20歳の若手でした。

しかし前年度の2008年にはすでにATPツアーファイナルの出場も経験し、この時若手だった選手の中では群を抜いていました。

そして全米OPでは、ナダル選手、フェデラー選手を続けて破り見事に優勝。

さらにこの年のツアーファイナルでは予選を突破、決勝まで勝ち上がり準優勝という成績を残しました。

当時はマレー選手やジョコビッチ選手も若手として名乗りを上げてきた時期でしたが、一番の注目はデルポトロ選手だったんです。

怪我による2度の長期ツアー離脱

しかし素晴らしい成績を残した2009年シーズンの次の年、2010年にデルポトロ選手は手首のケガによりツアーを長期にわたり離脱。

これからのテニス界を代表する選手になるだろうと期待されていたため、かなり残念な出来事でしたね・・。

その後2011年に復帰。2012年は全豪オープンベスト8、ロンドンオリンピックで銅メダル。

2013年にはウィンブルドンでベスト4という成績を残し、順調に回復しているようでしたが手首の怪我が再発。

その後は2015年に一度復帰するがまたすぐにツアーを離脱し、結果2016年の最初までツアーを離脱することになりランキングも圏外まで落ちてしまいます。

2016年シーズンついに完全復活!!

長きにわたるツアー離脱からついに完全復活することになったのは2016年シーズンです。

春先からツアーに出場しはじめ、最初のうちはまだ思うように成績を残せていませんでしたが、復活の兆しを見せ始めたのが、2016年のウィンブルドンです。

結果としては3回戦で負けてしまいましたが、2回戦で世界ランク5位のワウリンカ選手に勝利しました!!

この勝利でやっと強いデルポトロ選手が戻ってきた!と感じました。

そして先日行われた2016年リオデジャネイロオリンピックでデルポトロ選手は完全復活を遂げます。

1回戦はジョコビッチ選手との組み合わせ。

いくらデルポトロ選手が復活したからと言って、さすがにまだジョコビッチ選手には勝てないだろうと思っていたのですが、ここでジョコビッチ選手を破る大金星!

おそらく大半の人が予想していなかった出来事だと思います。

そしてジョコビッチ選手を破った後も快進撃は続き、ついに準決勝まで勝ち進み相手はナダル選手。

3セットマッチでしたが3時間を超える死闘となりましたが勝ったのはデルポトロ選手!

なんとオリンピックの決勝まで勝ち進んでしまいました。

決勝では惜しくもマレー選手に敗れてしまいましたが、堂々の銀メダル。これはもう完全復活と言っても良いでしょう。

2018年のインディアンウェルズでマスターズ初タイトル

すでにグランドスラムタイトルを獲得していたデルポトロ選手でしたが、マスターズタイトルは獲得していませんでした。

マスターズはグランドスラムより下のグレードですが結局トップ選手はほとんど出てくるのでレベルは同じくらい高いです。

2016年に怪我から復帰して2017年シーズンは順調にランキングを上げついにトップ10まで戻ってきました。

そして8位で出場した2018年のインディアンウェルズ。

初戦である2回戦でオーストラリア期待の若手であるデミノー選手に完勝するとその勢いで続く3回戦、元世界3位のフェレール選手にもストレートで勝利。

続く4回戦、準々決勝は1セットダウンからの逆転勝利で準決勝は怪我からの完全復活を目指すラオニッチ選手にストレートで勝利。

そして決勝は1位のフェデラー選手との対戦で、これは2時間30分越えの大激闘になりました。

スコアは64,67,76の大接戦でこの試合特に差が出たのは、デルポトロ選手のセカンドサーブでのポイント取得率。

2ndサーブなのに7割近くのポイント獲得率で、フェデラー選手に簡単にはブレークをさせませんでした。

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

 

ビッグ4との対戦

R・フェデラー 7勝18敗 28%
R・ナダル 6勝11敗 35%
N・ジョコビッチ 3勝15敗 16%
A・マレー 3勝7敗 30%

ビッグ4全員から3勝以上している選手は、現役ではデルポトロ選手の他はワウリンカ選手とベルディヒ選手だけです。

トップ選手との対戦

S・ワウリンカ 4勝3敗 57%
M・チリッチ 10勝2敗 83%
G・ディミトロフ 6勝2敗 75%
A・ズベレフ 2勝0敗 100%
D・フェレール 7勝6敗 54%
M・ラオニッチ 2勝2敗 50%
T・ベルディヒ 5勝4敗 56%
錦織圭 6勝2敗 75%
D・ティエム 4勝0敗 100%
J・W・ツォンガ 5勝2敗 71%

トップ選手相手に大きく勝ち越しているのが分かりますね。

おそらくキャリアハイが5位以内の選手の中で対戦成績だけで見れば一番ビッグ4に近い存在だと思います。

 

ではデルポトロ選手のプレースタイル、ランキング、成績のまとめについては以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

スポンサーリンク

テニス, 選手

Posted by ケイ