ライリー・オペルカ プレースタイルや錦織圭との対戦成績【テニス】

 

ライリー・オペルカ(Reilly Opelka)選手はアメリカ若手の男子プロテニスプレイヤー。

この記事ではオペルカ選手のプロフィール、プレースタイル、ランキング、錦織圭との対戦成績、使用しているラケットやウェア、ツアーでの獲得賞金や成績などをまとめていきます。

(2019,10,4更新)

プロフィール

年齢22歳
生年月日1997年8月28日
出身地アメリカ・ミシガン州
セントジョセフ群
身長211cm
体重102kg
利き手
バックハンド両手
プロ転向2015年(18歳)
ラケットウィルソン
ウェアNB(ニューバランス)
シューズNB(ニューバランス)
好きなコートクレー
好きな大会全米オープン
好きなショットスマッシュ
憧れだった選手ファン・マルティン・デルポトロ
ATP公式サイト選手ページ
コーチJay Berger
Jean-Yves Aubone

 

【オペルカ選手のインスタ】

 

View this post on Instagram

 

Knoxville Solo Dub #bushway

Reilly Opelkaさん(@reillyopelka)がシェアした投稿 –

獲得賞金

キャリア通算の獲得賞金は$1,297,479(約1億3300万円)

1シーズン平均にすると約2600万円になります。

勝敗

キャリア通算のツアーレベルでの勝敗は28勝32敗(勝率46%)

【サーフェス別】

  • クレー|2勝8敗(勝率20%)
  • グラス|2勝3敗(勝率40%)
  • ハード|24勝21敗(勝率53%)

現状ではハードでの試合回数がダントツで多く、勝率も最も高いです。

ただビッグサーバーであるオペルカ選手はグラスコートでの成績が伸びてくる可能性が高いです。

スタッツ

エースの数1135(1試合平均は約18)
ファーストサーブポイント獲得率79%
セカンドサーブポイント獲得率55%
サービスゲーム取得率90%
リターンゲーム取得率9%

まだツアーレベルでの試合数が少ないですが、ファーストサーブのポイント獲得率とサービスゲーム取得率の高さは驚異的です。

特にサービスゲーム取得率に関しては9割近くキープできているという事になるので、単純に3セットマッチなら相手からしてみれば1試合で1回ブレークできるかどうかといった感じになります。

しかし逆にリターンゲームの取得率が非常に低く10%を切っています。

高い選手だと3割に届くくらいの選手もいる中でこの数字は明らかに低いので、ここを多少でも改善できればさらに試合の勝率は上がってきそうです。

シングルスキャリアタイトル

シングルスのタイトルは1勝

2019年に21歳で優勝したニューヨーク(250)がツアー初タイトル。

下部大会のチャレンジャーでは4度の優勝を果たしています。

タイトル1勝
グレード別
ATP2501
サーフェス別
ハード1

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン2回戦
 全仏オープン1回戦
 ウィンブルドン3回戦
 全米オープン2回戦

グランドスラムでは3回戦が最高成績。

2019年のウィンブルドンで3回戦に進出。

この時は2回戦で22シードのワウリンカ選手にフルセットで勝利しています。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ1回戦
 マイアミ3回戦
 モンテカルロ
 マドリード3回戦
 ローマ予選2回戦
 カナダ1回戦
 シンシナティ2回戦
 上海
 パリ

マスターズの最高成績は3回戦

2016年のシンシナティで早くもマスターズ初勝利。

2019年のマドリードとマイアミで3回戦進出を果たしています。

ランキングの推移

 キャリアハイランキングの推移
 トップ1002018年(21歳)
 トップ502019年(22歳)
 キャリアハイ|42 2019年(22歳) 
 年末ランキングの推移
 2015981
 2016204
 2017229
 2018100

動画

プレースタイル

オペルカ選手のプレースタイルは攻撃型ビッグサーバーで、非常に力のあるサーブとフォアハンドが強みです。

本人がジュニア時代から憧れていた選手としてデルポトロ選手を挙げていますが、プレースタイルが非常に良く似ており、強烈なサーブと一発で上から叩きつけるフラットのフォアハンドをオペルカ選手も武器としています。

ポテンシャルは非常に高くトップクラスのビッグサーバーになれる資質は十分にあると思います。

ただ、まだまだ粗い部分も多く特にリターンゲームに関しては伸びしろが多そうです。

フォアハンド8
バックハンド6
サーブ10
リターン6
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク6
攻撃力8
守備力6
総合力71

主な経歴

2016年にワイルドカードで出場したアトランタでベスト4

プロ転向したばかりでチャレンジャーですらそこまで勝てていなかった時期にオペルカ選手はワイルドカードで出場したアトランタ(250)でツアー初のベスト4進出を果たします。

2回戦では当時28位で現在ではトップ5入りも果たした第3シードのアンダーソン選手に逆転勝ち。準決勝でも敗れはしたものの、第1シードのイズナー選手から第1セットを先取するなど大健闘を見せました。

ツアー初勝利から一気に駆け上がった形になり、大会前はランキングが857位でしたが大会終了後には300位台まで順位を上げています。

錦織圭との対戦成績

【対戦成績とサーフェス別の内訳】

勝利数ハードクレーグラス
ライリー・オペルカ0000
錦織圭0000

【過去の対戦】

大会勝者スコア

ビッグ4との対戦成績

ビッグ40勝0敗-%
R・フェデラー0勝0敗-%
R・ナダル0勝0敗-%
N・ジョコビッチ0勝0敗-%
A・マレー0勝0敗-%

トップ選手との対戦成績

 

ではライリー・オペルカ選手のプレースタイル、ランキング、錦織選手との対戦成績については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース