【テニス】オリンピックの歴代優勝者

この記事ではオリンピックのシングルス歴代優勝者や優勝回数の多い選手を男女別にまとめていきます。

(2020.2更新)

男子シングルスの歴代優勝者

歴代優勝者とメダリスト一覧(1988年以降)

1988
(ソウル)
ミロスラフ・メチージュティム・マヨットステファン・エドバーグ
ブラッド・ギルバート
1992
(バルセロナ)
マルク・ロセジョルディ・アレーゼゴラン・イバニセビッチ
アンドレイ・チェルカソフ
1996
(アトランタ)
アンドレ・アガシセルジ・ブルゲラリンダー・パエス
2000
(シドニー)
エフゲニー・カフェルニコフトミー・ハースアルノーディ・バスクアーレ
2004
(アテネ)
ニコラス・マスーマーディ・フィッシュフェルナンド・ゴンザレス
2008
(北京)
ラファエル・ナダルフェルナンド・ゴンザレスノバク・ジョコビッチ
2012
(ロンドン)
アンディ・マレーロジャー・フェデラーファン・マルティン・デルポトロ
2016
(リオ)
アンディ・マレーファン・マルティン・デルポトロ錦織圭

ビッグ4 日本人

マレー選手が2度の優勝、ビッグ4は全員がメダリスト

1988年にオリンピックでテニス競技が年齢制限なしで復活して以降、唯一2度の金メダル獲得を果たしているのがイギリスのアンディ・マレー選手

12年に母国開催のオリンピックで優勝し、4年後のリオでも優勝し2連覇を達成。

ビッグ4の選手については2008年の北京でナダル選手が22歳の若さで金メダルを獲得、2012年のロンドンでフェデラー選手が銀メダル2008年の北京でジョコビッチ選手が銅メダルをそれぞれ獲得し、4人全員がメダリスト。

ビッグ4以外の現役選手ではメダリストは2人だけ

ビッグ4以外の現役選手でメダリストなのはデルポトロ選手と錦織選手の2人のみ。

特にデルポトロ選手は2大会連続でのメダル獲得で、2016年のリオでは怪我からの復帰直後だったのにも関わらず1回戦で1シードのジョコビッチ選手に勝利して決勝まで勝ち上がっています。

また錦織選手も2016年のリオでは準決勝でマレー選手に敗れましたが、3位決定戦でナダル選手に勝利してメダルを獲得しています。

女子シングルスの歴代優勝者

歴代優勝者とメダリスト一覧(1988年以降)

1988
(ソウル)
シュテフィ・グラフガブリエラ・サバティーニジーナ・ガリソン
マヌエラ・マレワ
1992
(バルセロナ)
ジェニファー・カプリアティシュテフィ・グラフメアリー・ジョー・フェルナンデス
アランザズ・イザベル・マリア
1996
(アトランタ)
リンジー・ダベンポートアランザズ・イザベル・マリアヤナ・ノボトナ
2000
(シドニー)
ビーナス・ウィリアムズエレナ・ディメンティエワモニカ・セレス
2004
(アテネ)
ジュスティーヌ・エナンアメリ・モレスモアリシア・モリック
2008
(北京)
エレナ・ディメンティエワディナラ・サフィナベラ・スボナレワ
2012
(ロンドン)
セレナ・ウィリアムズマリア・シャラポワビクトリア・アザレンカ
2016
(リオ)
モニカ・プイグアンゲリク・ケルバーペトラ・クビトバ

2回以上金メダルを獲得した選手はいない

女子では2回以上金メダルを獲得した選手はいません。

グラフ選手とディメンティエワ選手の金メダル1つと銀メダル1つが最もいい成績。

女子選手で歴代最高の選手とも言われるセレナ選手は2012年にロンドンで金メダルを獲得していますが、意外にもそれ以外でのメダル獲得はありません。

2016年のリオで優勝したプエルトリコのプイグ選手は、それほどランキングも高くなくグランドスラムでも大きな実績はありませんでしたが、初出場のオリンピックでノーシードから快進撃を続けて金メダルを獲得しています。

 

ではオリンピックの歴代優勝者については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ