BNPパリバオープン(マスターズ・インディアンウェルズ)の賞金とポイント

アメリカ・インディアンウェルズで開催されるシーズン最初のマスターズ(ATP1000)である「BNPパリバオープン」で獲得できる賞金・ポイントや歴代の優勝者など、大会概要をまとめていきます。

【男子のツアー大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

賞金総額

2020年大会の賞金総額は約970万ドル約10億円)

昨年から約4.5%アップで昨年ほどでは無いですが日本円にすると約5000万円とかなりのアップになっています。

【過去数年間の推移】

ドル日本円上昇率
2017$7,913,405¥846,734,335
2018$7,972,535¥853,061,245+0.7%
2019$9,314,875¥996,691,625+16.8%
2020$9,735,685¥1,041,718,295+4.5%

賞金とポイント

シングルスの賞金

結果ポイント 賞金(ドル) 賞金(日本円)
 優勝1000$1,361,360¥145,665,520
 準優勝600$693,670¥74,222,690
 ベスト4360$358,795¥38,391,065
 ベスト8180$186,230¥19,926,610
 4回戦90$93,965¥10,054,255
 3回戦45$51,895¥5,552,765
 2回戦25$29,045¥3,107,815
 1回戦10$18,155¥1,942,585
 予選勝者16 
 予選決勝$¥
 予選2回戦8$¥
 予選1回戦0$¥

シングルスの優勝賞金は、マスターズ9大会の中でマイアミのマスターズと並んで3番目の賞金額とマスターズの中でもかなり高めの賞金設定となっています。

マスターズの優勝賞金の平均が1億3300万ほどですから平均より1000万円以上高くなっています。

優勝賞金額の推移

ドル日本円上昇率
2017$1,175,505¥125,779,035
2018$1,340,860¥143,472,020+14.1%
2019$1,354,010¥144,879,070+1.0%
2020$1,361,360¥145,665,520+0.5%

優勝賞金の推移は2018年に大きく上昇しましたが、それ以降はほぼ変化なし。

その他のラウンドの賞金額推移

準優勝ベスト81回戦
予選1回戦
2017年$573,680$146,575$13,690$2,085
2018年
$654,380$167,195$15,610$2,380
14.07%14.07%14.02%14.15%
2019年$686,000$182,000$16,425$3,395
4.83%8.85%5.22%42.65%
2020年$693,670$186,230$18,155
1.12%2.32%10.53%+%

ここ数年で最も上昇率が高いのが予選1回戦での増額。

2018年は一律アップでしたが、それ以降は下のラウンドへの増額が大きくなっています。

ダブルス

結果ポイント 賞金(ドル) 賞金(日本円)
 優勝1000$479,290¥309,000,000
 準優勝600$233,890¥154,875,000
 ベスト4360$117,240¥78,000,000
 ベスト8180$59,740¥39,375,000
 2回戦90$31,500¥13,500,000
 1回戦0$16,870¥9,600,000

大会概要

 大会名 BNPパリバオープン
 グレード ATP1000(マスターズ)
 開催場所 アメリカ・インディアンウェルズ
 開催時期 3月・第2週〜第3週
 ドロー数 S(96)、D(32)
 サーフェス ハード
 URL  ATP公式サイト大会ページ

 

View this post on Instagram

 

Packed stands with all you amazing fans. . . These are the vibes we’re looking forward to at #BNPPO19.

BNP Paribas Openさん(@bnpparibasopen)がシェアした投稿 –

BNPパリバオープンはシーズン最初のマスターズ大会で、11日間に渡って開催されます。

このインディアンウェルズでのマスターズとこの後続けて開催されるマイアミのマスターズは他のマスターズ大会とは違い、ドローの数が96でシード選手は1回戦がありませんがグランドスラムと同じラウンド数になっています。

開催期間も通常のツアーは1週間ですが11日間とやや長くなっています。

またインディアンウェルズのスタジアムコートは世界で2番目に大きなスタジアムコートになっており、16000人収容できます。

歴代優勝者や上位成績者

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005ロジャー・フェデラー レイトン・ヒューイットギエルモ・カナス
アンディ・ロディック
 2006ロジャー・フェデラージェームズ・ブレイクパラドーン・スリチャパン
ラファエル・ナダル
 2007ラファエル・ナダルノバク・ジョコビッチアンディ・ロディック
アンディ・マレー
 2008ノバク・ジョコビッチマーディ・フィッシュラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー
 2009ラファエル・ナダルアンディ・マレー アンディ・ロディック
ロジャー・フェデラー
 2010イバン・リュビチッチ  アンディ・ロディックラファエル・ナダル
ロビン・ソダーリング
 2011ノバク・ジョコビッチラファエル・ナダルロジャー・フェデラー
ファン・マルティン・デルポトロ
 2012ロジャー・フェデラージョン・イズナーラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ
 2013ラファエル・ナダルファン・マルティン・デルポトロトマーシュ・ベルディヒ
ノバク・ジョコビッチ
 2014ノバク・ジョコビッチロジャー・フェデラージョン・イズナー
アレクサンダー・ドルゴポロフ
 2015ノバク・ジョコビッチロジャー・フェデラーアンディ・マレー
ミロシュ・ラオニッチ
 2016ノバク・ジョコビッチミロシュ・ラオニッチラファエル・ナダル
ダビド・ゴファン
 2017ロジャー・フェデラースタン・ワウリンカジャック・ソック
パブロ・カレーニョブスタ
 2018ファン・マルティン・デルポトロロジャー・フェデラーミロシュ・ラオニッチ
ボルナ・チョリッチ
2019ドミニク・ティエムロジャー・フェデラーミロシュ・ラオニッチ
ラファエル・ナダル

赤マーカーはビッグ4

ビッグ4の優勝はジョコビッチ選手が5回の優勝、フェデラー選手が4回の優勝、ナダル選手が3回の優勝となっており、マレー選手はこのインディアンウェルズでは優勝経験がありません。2005年以降で見てもほとんどがビッグ4の優勝になっています。

ただここ数年はビッグ4以外の選手の活躍も目立っています。

特に活躍しているのはデルポトロ選手ラオニッチ選手といったビッグ4より少し下の世代ベテラン勢で、2018年大会ではデルポトロ選手が決勝でフェデラー選手に勝利してインディアンウェルズ初優勝を果たしました。

2019年についてはさらにその下の世代であるティエム選手がマスターズ初優勝。それまでインディアンウェルズではベスト4もありませんでしたが、決勝でフェデラー選手に勝利しての優勝。

しかし地元アメリカ勢の優勝は遠のいており、2012年にイズナー選手が準優勝をして以来決勝進出も果たせていない状況が続いています。現在のアメリカにはイズナー選手の他にも、ソック選手クエリー選手、若手ではドナルドソン選手フリッツ選手ティアフォー選手など良い選手も多いので今後優勝を期待できますね。

ではBNPパリバオープンの賞金やポイント、歴代優勝者ついては以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ