カイル・エドモンド|プレースタイルやランキング【テニス】

今回はイギリスの若手選手であるカイル・エドモンド選手について、プレースタイルやランキング、ツアーでの成績などの情報をまとめていこうと思います。

(2020,2,21更新)

プロフィール

 年齢 25歳
 国 イギリス
 身長 188cm
 体重 83kg
 利き手 右
 バックハンド 両手
 プロ転向 2012年(17歳)
 好きなコート クレー
 好きなショット フォア
 趣味 音楽鑑賞、ゴルフ
 コーチフランコ・デビン
コリン・ピーチャー

エドモンド選手は南アフリカで生まれて3歳の時にイギリスへ。

少年時代はテニス以外にも水泳やクリケットをやっていましたが、10歳でテニスを本格的に開始。

ジュニア時代にはシングルスでは全米ジュニアでベスト4、ダブルスでは全米ジュニアと全仏ジュニアでタイトルを獲得し、ジュニアランキングは8位を記録。

ツアーでの成績

シングルスキャリアタイトル

キャリアタイトルは2勝

初タイトルは2018年に23歳で優勝したATP250のアントワープ。

準決勝でガスケ選手に勝利し、決勝ではモンフィス選手に1セットダウンから2セット連続のタイブレークという激戦を制しての優勝。

グレード別
ATP2502
サーフェス別
ハード2

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン ベスト4
 全仏オープン 3回戦
 ウィンブルドン 3回戦
 全米オープン 4回戦

グランドスラムの最高成績はベスト4

2018年の全豪オープンでノーシードから1回戦で11シードのアンダーソン選手にフルセットで勝利、その後も激闘を繰り広げて準々決勝では3シードのディミトロフ選手に勝利してベスト4進出を果たしています。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズベスト16
 マイアミベスト16
 モンテカルロ 2回戦
 マドリードベスト8
 ローマベスト16
 カナダ2回戦
 シンシナティ2回戦
 上海 ベスト8
 パリベスト16

マスターズの最高成績はベスト8

2018年のマドリードで初めてのマスターズベスト8入り。この時は2回戦でジョコビッチ選手、3回戦でゴファン選手に勝利しています。

ランキングの推移

 キャリアハイランキングの推移
 トップ100 2015年(20歳)
 トップ50 2016年(21歳)
 トップ30 2018年(23歳)
 トップ20 2018年(23歳)
 キャリアハイ|14位 2018年(23歳) 
 年末ランキングの推移
 2012 571
 2013 376
 2014 194
 2015 102
 2016 45
 2017 50
 201814
 2019 69

プレースタイル

エドモンド選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器は速いフットワークと安定感のあるストロークです。

プレースタイルとしてはクレーコートを得意とする選手に多いスタイルとなっていて、ラリーを繋げて、ポイントを取っていくタイプです。

エドモンド選手自身も好きなコートはクレーコートだと言っているので、クレーコートでの活躍が期待できますね。

またフットワークが良いのも特徴で、188cmという長身なのにかなり俊敏な動きを見せます。

フットワークが良いので守備力が高く、また攻める時も多少良いボールを返されても連続攻撃をすることができます。

戦力分析

フォアハンド8
バックハンド8
サーブ7
リターン7
ボレー7
テクニック7
メンタル8
フットワーク9
攻撃力8
守備力8
総合力77

5セットマッチに強いエドモンド選手

エドモンド選手のマスターズクラス以上の大会での成績を見てみると、グランドスラムの成績が非常に良いのが見て分かります。

マスターズとグランドスラムの大きな違いは3セットマッチか5セットマッチだということです。

3セットマッチだと勢いがあればそのまま勝ててしまうこともありますが、5セットマッチは勢いだけでは勝つのが難しいです。

5セットマッチでは、フルセットになった時に5セット目でパフォーマンスを維持するための体力とフィジカルが必要です。エドモンド選手にはそれが揃っているのかもしれません。

各シーズンの主な成績

2015年

公式ツアー戦績|1勝5敗
獲得賞金|約20万ドル

全仏でグランドスラム初勝利で2回戦に進出。この年全豪とウィンブルドンでも初の本戦出場。

チャレンジャー3大会で優勝した事もあり、年末には初のトップ100入りを果たす。

2016年

公式ツアー戦績|21勝20敗
獲得賞金|約72万ドル

84位で出場した全米で、グランドスラム初のベスト16。1回戦では15位のガスケ選手、3回戦では21位のイズナー選手ら格上の選手から勝利。

ATP250のアントワープでツアー初のベスト4。予選から出場したATP500の北京とATP250のドーハでベスト8。

2017年

公式ツアー戦績|30勝30敗
獲得賞金|約95万ドル

全仏、全米で3回戦に進出。

ATP500のウィーン、ATP250のウィンストンセーラムとアトランタでベスト4に進出。アトランタでは19位のソック選手から勝利。

2018年

公式ツアー戦績|37勝21敗
獲得賞金|約200万ドル
ツアータイトル|1勝

全豪でグランドスラム初のベスト4に進出。1回戦では12位のアンダーソン選手を相手にフルセットの大激闘で勝利、準々決勝では3位のディミトロフ選手から勝利。

ATP250のマラケシュでツアー初の準優勝、その後アントワープでツアー初タイトルを獲得。

  • グランドスラム|全豪(ベスト4) ウィンブルドン、全仏(3回戦)
  • マスターズ|上海、マドリード(ベスト8) ローマ(ベスト16)
  • ATP500|北京(ベスト4)
  • ATP250|アントワープ(優勝) マラケシュ(準優勝) ウィンストンセーラム、イーストボーン、エストリル、ブリスベン(ベスト8)

2019年

公式ツアー戦績|17勝22敗
獲得賞金|約92万ドル

全豪でグランドスラム初のベスト4に進出。1回戦では12位のアンダーソン選手を相手にフルセットの大激闘で勝利、準々決勝では3位のディミトロフ選手から勝利。

ATP250のマラケシュでツアー初の準優勝。

  • マスターズ|マイアミ、インディアンウェルズ、パリ(ベスト16)
  • ATP500|ワシントン(ベスト8)
  • ATP250|イーストボーン(ベスト4)

 

【関連記事】

その他のテニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ