ムチュア・マドリード・オープン(マスターズ)の賞金・ポイント・歴代優勝者

2019年5月5日

こんにちは、ケイです。今回は5月に行われるクレーのマスターズ2連戦の内の一つ、スペイン・マドリードで開催される「ムチュア・マドリード・オープン」の賞金や獲得できるポイント、歴代優勝者についてまとめていきます。

 

【男子のツアー大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

マドリードオープンの賞金とポイント

 

View this post on Instagram

 

¡Ya estamos listos para que comience el #MMOPEN! ¡Os esperamos en la Caja Mágica! 😊 . ¡Gracias @dunloptennisofficial por la 🎾🔝!

#MMOPENさん(@mutuamadridopen)がシェアした投稿 –

シングルス

結果  ポイント  賞金
 優勝  1000  約1億5600万円
 準優勝  600  約7900万円
 ベスト4  360  約4000万円
 ベスト8  180  約2000万円
 ベスト16  90  約1000万円
 2回戦  45  約540万円
 1回戦  10  約300万円
 予選勝者  25  
 予選2回戦  16  約110万円
 予選1回戦  0  約59万円

マドリードオープンはマスターズ9大会の中で最も優勝賞金額が高く1億5000万円を超えています。

グランドスラムで一番優勝賞金額が低い全仏オープンは3億円弱といったところですから、その半分くらいの金額となっており、ツアーの中でも非常に高額な賞金設定になっていますね。

また2019年からは予選と1回戦の賞金が大幅に増額され、予選1回戦敗退でも約60万円の賞金を得ることができます。

これは下部ツアーのチャレンジャーでベスト4へ進出したのと同じくらいの金額となっています。

 

【テニス】マスターズ(ATP1000)大会の賞金と獲得ポイントはどれくらい!?

チャレンジャー大会の賞金と獲得ポイントはどれくらい?

ダブルス

結果  ポイント  賞金
 優勝  1000  約4600万円
 準優勝  600  約2200万円
 ベスト4  360  約1100万円
 ベスト8  180  約570万円
 ベスト16  90  約300万円
 1回戦  0  約160万円

大会概要

 大会名  ムチュア・マドリード・オープン
 グレード  ATP1000(マスターズ)
 開催場所  スペイン・マドリード
 開催時期  5月第2週
出場選手数  シングルス 56人
ダブルス 24組
 賞金総額  約8億4900万円
 URL   ATP公式サイト大会ページ
 大会公式サイト
スポンサーリンク

歴代優勝者と上位成績者

 

View this post on Instagram

 

Good night! 😬🏆

#MMOPENさん(@mutuamadridopen)がシェアした投稿 –

 優勝  準優勝  ベスト4
 2005  R・ナダル  I・リュビチッチ D・ナルバンディアン
G・ジネプリ
 2006  R・フェデラー  F・ゴンザレス  D・ナルバンディアン
 T・ベルディヒ
 2007  D・ナルバンディアン  R・フェデラー N・キファー
N・ジョコビッチ
 2008  A・マレー  G・シモン R・ナダル
R・フェデラー
以降クレーコートにサーフェスが変更
 2009  R・フェデラー  R・ナダル N・ジョコビッチ
J・M・デルポトロ
 2010  R・ナダル  R・フェデラー  D・フェレール
N・アルマグロ
 2011  N・ジョコビッチ  R・ナダル  R・フェデラー
T・ベルッチ
 2012  R・フェデラー  T・ベルディヒ  J・M・デルポトロ
J・ティプサレビッチ
 2013  R・ナダル  S・ワウリンカ  T・ベルディヒ
 P・アンドゥハル
 2014  R・ナダル  錦織圭  D・フェレール
R・バウティスタアグート
 2015  A・マレー  R・ナダル  錦織圭
 T・ベルディヒ
 2016  N・ジョコビッチ  A・マレー  R・ナダル
錦織圭
 2017  R・ナダル  D・ティエム  N・ジョコビッチ
P・クエバス
 2018 A・ズベレフ  D・ティエム D・シャポバロフ
K・アンダーソン

2005年以降で見ると2007年優勝のナルバンディアン選手と2018年のズベレフ選手以外は必ずビッグ4の誰かがタイトルを獲得していますね。

ナダル選手のクレーでの強さには驚かされます。サーフェスがクレーに変更された2009年以降の成績を見ると、ほとんどベスト4以上の成績で優勝も4回です。

ただ他の3人もハードコート時代も含めれば2回以上タイトルを獲得しています。ローマやモンテカルロなど他のクレーのマスターズと比べると、ナダル選手だけがタイトルを独占しているわけではないです。それでもかなりの割合でナダル選手ですが。。

ビッグ4に次いで現役で成績が良いのは2018年に優勝を果たしたズベレフ選手、次いで準優勝2回のティエム選手。この2人は近年急激に結果を残し始めたばかりですが、すでにベテラン勢を抜いてビッグ4に次ぐ成績を残しています。

特にティエム選手は2018年の準々決勝でナダル選手に勝利していますし、次期クレーキングの最有力候補です。

その次を追うのが準優勝1回とベスト4が2回ある錦織選手とベルディヒ選手。

錦織選手は2014年の大会で決勝で勝利まであと一歩の所までいくものの、怪我による無念の途中棄権。ただこの時のクレーでナダル選手を圧倒するほどのテニスは世界を驚かせました。

ではムチュア・マドリード・オープンの獲得賞金やポイント、歴代優勝者ついてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

マドリードオープン 2019 組み合わせや出場選手、優勝予想

マドリード オープン(マスターズ)での錦織圭の成績や相性

クレーコートで最強はナダル選手。他にクレーで強い選手といえば!?

 

スポンサーリンク

テニス, 大会

Posted by ケイ