マドリード オープン(マスターズ)での錦織圭の成績や相性

 

この記事では5月にスペイン・マドリードで開催されるマスターズである「ムチュア マドリード オープン」での錦織圭選手の成績や勝敗、獲得賞金について、また大会との相性を考えていきます。

錦織選手のマドリード オープンでの成績

 

View this post on Instagram

 

Just posted a new photo on the App keisapp.com. 🔝🔝🔝 Fight fight fight. Always fight. Happy with win today! 🎌

Kei Nishikoriさん(@keinishikori)がシェアした投稿 –

錦織選手のマドリードオープンでの最高成績は2014年大会の準優勝

決勝はナダル選手との対戦になり、第1セットを先取し第2セットも錦織選手のペースで試合が進みましたが、足の怪我により無念の途中棄権という結果になっています。

その他の年では15年と16年にベスト4、13年と17年にベスト8といった好成績を残しています。

【結果一覧】

2018年1回戦
2017年ベスト8
2016年ベスト4
2015年ベスト4
2014年準優勝
2013年ベスト8
2012年
2011年1回戦

2018年の成績

【結果】1回戦

【出場ランキング】20位

1回戦N・ジョコビッチ12位57 46

2017年の成績

【結果】ベスト8

【出場ランキング】8位

1回戦BYE
2回戦 D・シュワルツマン40位16 60 64
3回戦D・フェレール30位64 63
準々決勝N・ジョコビッチ2位棄権

2016年の成績

【結果】ベスト4

【出場ランキング】6位

1回戦BYE
2回戦 F・フォニーニ31位62 36 75
3回戦R・ガスケ12位64 75
準々決勝 N・キリオス21位67 76 63
準決勝N・ジョコビッチ1位36 67

2015年の成績

【結果】ベスト4

【出場ランキング】5位

1回戦BYE
2回戦D・ゴファン 21位62 46 64
3回戦 R・アグート16位63 63
準々決勝D・フェレール8位64 62
準決勝A・マレー3位36 46

2014年の成績

【結果】準優勝

【出場ランキング】12位

1回戦I・ドディグ39位64 64
2回戦G・ガルシアロペス38位63 61
3回戦 M・ラオニッチ9位76 76
準々決勝 F・ロペス29位64 64
準決勝D・フェレール5位76 57 63
決勝R・ナダル1位62 46 03
RET

2013年の成績

【結果】ベスト8

【出場ランキング】16位

1回戦J・メルツァー33位63 62
2回戦 V・トロイツキ44位75 62
3回戦R・フェデラー2位64 16 62
準々決勝P・アンドゥハル113位36 57

2011年の成績

【結果】1回戦敗退

【出場ランキング】46位

1回戦P・リバ76位26 46

錦織選手のマドリード オープンでの勝敗や獲得賞金

勝敗

16勝6敗(勝率72%)

  • ビッグ4との対戦 1勝4敗(勝率20%)
  • トップ10との対戦 4勝4敗(勝率50%)
  • ランキングが上の選手との対戦 3勝4敗(勝率44%)
  • ランキングが下の選手との対戦 13勝2敗(勝率86%)

獲得賞金

$1,242,606(約1億3600万円)

  • 2018年(1回戦):約300万円
  • 2017年(ベスト8):約1700万円
  • 2016年(ベスト4):約2900万円
  • 2015年(ベスト4):約2500万円
  • 2014年(準優勝):約4400万円
  • 2013年(ベスト8):約1100万円
  • 2011年(1回戦):約700万円

錦織選手のマドリード オープンとの相性

対戦成績を見るとこのマドリードで敗戦した6試合のうち4試合はビッグ4との対戦により敗退しています。さらにそのうちのナダル選手との試合については途中棄権。

つまり2013年にアンドゥハル選手に負けて以来、マドリードではビッグ4以外には負けていません。

好成績も多く残している大会ですし、錦織選手にとってマドリードオープンは非常に相性の良い大会だと言えます。

 

では錦織選手のマドリードオープン(マスターズ)での成績や相性については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

スポンサーリンク
テニス
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース