リシャール・ガスケ|プレースタイルと戦績【テニス】

2018年10月6日

 

こんにちは、ケイです。今回は元世界ランク7位で芸術的な片手バックハンドを持つリシャール・ガスケ選手について、プレースタイル、ランキング、グランドスラム・マスターズでの成績、錦織選手やビッグ4との対戦成績などの情報をまとめていきます。

(2018,10,6更新)

プロフィール

年齢 32歳
フランス
身長 185cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 片手
プロ転向 2002年(16歳)
ウェア ルコックス・ポルティフ
ラケット HEAD
コーチ ファブリス・サントロ
ティエリー・トラスネ
ATP公式サイト 選手ページ

ガスケ選手は4歳からテニスを始めて、9歳の頃にはフランスのテニス雑誌の表紙に載るほどでした。

また、2005年からは拠点をスイスに移しています。

大会の成績

キャリアタイトル

シングルス
タイトル 15勝
ATP250 15
ハード 8
クレー 3
グラス 3
カーペット 1
初タイトル 2005年(19歳)

初タイトルは2005年にノッティンガム(ATP250)で獲得。現在までに15勝のタイトルを獲得していますが、全てグレード250大会のもので、ATP500大会以上ではまだ優勝したことがありません。

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン  4回戦  ハード
 全仏オープン  ベスト8  クレー
 ウィンブルドン  ベスト4  グラス
 全米オープン  ベスト4  ハード
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ  ベスト8  ハード
 マイアミ  ベスト4  ハード 
 モンテカルロ  ベスト4  クレー
 マドリード  3回戦  クレー
 ローマ  ベスト4  クレー
 カナダ  準優勝  ハード
 シンシナティ  ベスト8  ハード
 上海  ベスト8  ハード
 パリ  ベスト4  ハード

優勝こそありませんが、マスターズ以上の大会はほとんどでベスト8以上の成績を残しています。

ウィンブルドンでベスト4の結果を出し、モンテカルロやローマでベスト4の結果を残しています。

どのサーフェスでも上位に進出できる選手だという事がよく分かります。

スポンサーリンク

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ100 2003年(17歳)
トップ50 2005年(19歳)
トップ20 2005年(19歳)
トップ10 2007年(21歳)
キャリアハイ|7位 2007年(21歳)
年末ランキングの推移
2002 161
2003 93
2004 107
2005 16
2006 18
2007 8
2008 25
2009 52
2010 30
2011 19
2012 10
2013 9
2014 26
2015 9
2016 18
2017 31

多くの怪我との戦いでランキングが前後していますが、それでも長い間トップ100外のような大きくランキングを落とすことはなく、トップで戦い続けています。

プレースタイル

ガスケ選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器は世界トップクラスの芸術的な片手バックハンドです。

フォアよりもバックの方が圧倒的に強いという非常に珍しいタイプの選手です。

片手バックハンドは両手よりも広角に打ち分けることができ、ラリーでの戦いにかなり幅が出せます。

ガスケ選手の場合はそれがより顕著に現れていて、バックでのショートクロス、ダウンザラインの精度がえげつないくらい高いので、両側からフォアを打っているイメージです 笑

サーブについてはスピードよりコントロール重視のサーブです。

スピードは190km前後とやや遅めですが、コースが素晴らしいです。スライスのかけ方も上手いので相手を外に追い出すスライスサーブは非常に良いコースにいきます。

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

フォアハンド 7
バックハンド 10
サーブ 8
リターン 8
ボレー 8
テクニック 9
メンタル 9
フットワーク 8
攻撃力 8
守備力 8

総合力|83

スポンサーリンク

テニス選手としての主な経歴

ジュニア時代は天才としてものすごく注目さていた

ジュニア時代のガスケ選手は、全米ジュニアと全仏ジュニアで優勝。超注目選手としてプロに転向しました。

その後もガスケ選手は一気にランキングを上げることになります。期待されたジュニアの選手がプロの壁の前に一度挫折を経験するのは結構ある話ですが、ガスケ選手はそれが全くなかったです。

19歳にしてツアー初タイトルを獲得、その年のランキングではなんと12位を記録することになります。19歳でこのランキングは恐ろしいですね 笑。まさに天才です。

21歳の時にはトップ10の壁を破り自己最高の7位へ

2007年のウィンブルドンでは初めてのグランドスラムベスト4を経験。さらにこの年ランキングを7位まで上げてツアーファイナルにも出場を果たすことになります。

21歳でツアーファイナル出場はすごいですよね。当時はフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手がツアーを支配していた時代でしたから、余計にランキング7位というのは凄く感じます。

長い間キャリアハイ更新が出来ていない

しかしガスケ選手の自己最高ランクは7位です。つまりここから更新できていないわけです。これほどの実力を持っている選手がなぜランキングを上げられなかったのかと言うと、それは怪我ですね。

プロテニス選手のツアーはとてつもなく過酷です。世界中を移動しながら試合をこなしていくわけですから当然体への負担は半端じゃないです。しかもツアーが始まるのは1月で終わるのは11月です。オフは1ヶ月しかありません。

さらにこれはオフと言っても来シーズンに向けての調整期間でもあるので練習は普通にあります。むしろ試合がないのでいつもより追い込んで練習するくらいです。

そんな過酷なツアーにより怪我で早期引退をしていったトップ選手も多くいます。

ガスケ選手はどちらかというと体が細い方なので余計に怪我をしやすかったんだと思います。それで満足のいくプレーができず、ランキングも20位から10位の間に長い間とどまっています。

トップ10に返り咲き

怪我とも戦いながらツアーで戦い続けてきたガスケ選手でしが、ついに2015年シーズン再びトップ10に返り咲きをします!この年はツアータイトルも2つ獲得し、かなり調子も上がってきているみたいでした。

その後再びランキングを落としてしまいますが、2016年にはモンペリエとアントワープのATP250でタイトルを獲得し、2018年にもスヘルトーンヘンボスのATP250でタイトルを獲得しています。

30歳を超えたガスケ選手ですがまだまだ活躍しています!

錦織選手や日本人選手との戦績

錦織圭との対戦成績

R・ガスケ 7 2 錦織圭

錦織選手との対戦成績は7勝2敗で勝率は77%です。

サーフェス別で見るとハードで4勝0敗、クレーで1勝2敗、グラスで1勝0敗となっています。

クレーのみで負け越しですが、他のサーフェスでは未だ負けがありません。

グランドスラムでの5セットマッチは1回対戦があり、1勝0敗となっています。

大会 コート スコア
2008 東京
(ATP500)
ハード 61,62
2010 ロンドン
(ATP250)
グラス 63,63
2013 カナダ
(マスターズ)
ハード 16,63,63
2013 パリ
(マスターズ)
ハード 63,62
2014 ワシントン
(ATP500)
ハード 61,64
2015 パリ
(マスターズ)
ハード 76,41RET
2016 マドリード
(マスターズ)
クレー 46 57
2016 ローマ
(マスターズ)
クレー 16 46
2016 全仏
(グランドスラム)
クレー 64,62,46,62

杉田祐一との対戦成績

R・ガスケ 1 1 杉田祐一

杉田選手との対戦成績は1勝1敗

サーフェス別だとハードで1勝0敗、クレーで0勝1敗となっています。

グランドスラムでの5セットマッチは1勝0敗です。

大会 コート スコア
2017 バルセロナ
(ATP500)
クレー 64 36 67
2018 全米オープン
(グランドスラム)
ハード 63 61 63

ダニエル太郎との対戦成績

R・ガスケ 1 0 ダニエル太郎

ダニエル選手との対戦成績は1勝0敗

サーフェス別だとハードで1勝0敗

5セットマッチは1勝0敗です。

大会 コート スコア
2017 ワールドグループ1回戦
(デビスカップ)
ハード 62 63 62

ビッグ4やトップ選手との戦績

ビッグ4との対戦成績

R・ガスケ 6 54 ビッグ4

ビッグ4との戦績は6勝54敗で勝率は10%です。

ビッグ4との対戦回数がすごく多いですね。

大きく負け越してはいますが、逆に考えればビッグ4とこれだけ対戦できるくらい勝ち進んでいる事にもなります。

最も負けているのはナダル選手で16回対戦してまだ勝利がありません。

最も勝っているのはマレー選手でこれまでに3勝をあげており、勝率も3割近いです。

名前 最高ランク 対戦成績 勝率
R・フェデラー 2勝17敗 11%
R・ナダル 0勝16 0%
N・ジョコビッチ 1勝13敗 7%
A・マレー 3勝8敗 27%

トップ選手との対戦成績

R・ガスケ 42 49 トップ選手

トップ選手との戦績は42勝49敗で勝率は46%です。

戦績が良いのは錦織選手、アンダーソン選手、ティエム選手です。

負け越している数が多いのはデルポトロ選手やフェレール選手となっています。

キャリアハイが5位以内のトップ選手との対戦ではかなり高い勝率になっています。

ガスケ選手自身は7位が最高ですがそれよりも上の成績を残している選手とほぼ互角の対戦成績になっているので、やはりガスケ選手は時代が違えばもう少し上のランキングになっていても全然おかしくない選手であると言えます。

名前 最高ランク 対戦成績 勝率
S・ワウリンカ 2勝1敗 67%
J・M・デルポトロ 1勝6敗 14%
M・チリッチ 2勝2敗 50%
G・ディミトロフ 5勝3敗 62%
A・ズベレフ 0勝4敗 0%
D・フェレール 3勝10敗 23%
M・ラオニッチ 1勝3敗 25%
錦織圭 7勝2敗 78%
T・ベルディヒ 8勝9敗 47%
D・ティエム 2勝0敗 100%
J・W・ツォンガ 4勝5敗 44%
K・アンダーソン 7勝4敗 63%

 

ではガスケ選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

[su_box title=”合わせてどうぞ!” style=”soft”]

全仏オープンの賞金、ポイント、過去の結果

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

[/su_box]

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

スポンサーリンク

テニス, 選手

Posted by ケイ