フェデラーとジョコビッチの対戦成績や勝率

2007年に初めて世界3位になったジョコビッチ選手でしたが、当時その上にいて大きな壁だった2人のうち1人がフェデラー選手。

初対戦は2006年のモンテカルロでジョコビッチ選手が18歳の時にまでさかのぼります。

今回はそこから多くの名勝負を生んできたこの2人の対戦成績をまとめていきます。

(2020,2,16更新)

フェデラーとジョコビッチのプロフィール比較

フェデラージョコビッチ
身長185cm188cm
体重85kg77kg
プロ入り1998年(16歳)2003年(16歳)
ツアー初タイトル2001年(19歳)2006年(19歳)
マスターズ初タイトル2002年(20歳)2007年(19歳)
グランドスラム初タイトル2003年(21歳)2008年(20歳)
トップ10入り2002年(21歳)2007年(19歳)
トップ5入り2003年(22歳)2007年(20歳)
1位達成2004年(23歳)2011年(24歳)
グランドスラム
優勝回数
20回17回
マスターズ
優勝回数
28回34回

体格については身長はジョコビッチ選手の方がやや高いですが、ジョコビッチ選手は比較的スリムな体系なので、フェデラー選手の方が筋肉質。

初タイトル獲得の年齢を見ていくと、全体的に似たような流れになっていますが、マスターズ、グランドスラムのタイトル獲得時期についてはジョコビッチ選手の方が少し早い

ランキングについてもトップ5入りまではジョコビッチ選手の方がかなり早く到達していますが、ジョコビッチ選手はトップ5入りから1位になるまで4年近くを要しています。

しかしこれはフェデラー選手とナダル選手の2強時代があったため、1位達成までの道のりが最も困難だった時期と言えます。

ビッグタイトルの獲得数はグランドスラムはフェデラー選手、マスターズはジョコビッチ選手がそれぞれリードしています。

ただここ数年の勢いを見るとジョコビッチ選手がフェデラー選手のグランドスラム優勝回数を抜く可能性はかなり高いです。

フェデラーとジョコビッチの対戦成績

対戦成績

フェデラー 23勝(46%)
VS
ジョコビッチ 27勝(54%)

過去の対戦一覧

大会
(グレード)
勝者スコア
2006モンテカルロ
 (マスターズ・クレー)
フェデラー63 26 63
2006デビスカップWG PO
 (ハード)
フェデラー63 62 63
2007全豪オープン
 (グランドスラム・ハード)
フェデラー62 75 63
2007ドバイ
 (ATP500・ハード)
フェデラー63 67 63
2007カナダ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ76 26 76
2007全米オープン
 (グランドスラム・ハード)
フェデラー76 76 64
2008全豪オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ75 63 76
2008モンテカルロ
 (マスターズ・クレー)
フェデラー63 32 RET
2008全米オープン
 (グランドスラム・ハード)
フェデラー63 57 75 62
2009マイアミ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ36 62 63
2009 ローマ
 (マスターズ・クレー)
ジョコビッチ46 63 63
2009シンシナティ
 (マスターズ・ハード)
フェデラー61 75
2009全米オープン
 (グランドスラム・ハード)
フェデラー76 75 75
2009バーゼル
 (ATP500・ハード)
ジョコビッチ64 46 62
2010カナダ
 (マスターズ・ハード)
フェデラー61 36 75
2010全米オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ57 61 57 62 75
2010上海
 (マスターズ・ハード)
フェデラー75 64
2010バーゼル
 (ATP500・ハード)
フェデラー64 36 61
2010ツアーファイナル
 (ハード)
フェデラー61 64
2011全豪オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ76 75 64
2011 ドバイ
 (ATP500・ハード)
ジョコビッチ63 63
2011インディアンウェルズ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ63 36 62
2011 全仏オープン
 (グランドスラム・クレー)
フェデラー76 63 36 76
2011全米オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ67 46 63 62 75
2012ローマ
 (マスターズ・クレー)
ジョコビッチ62 76
2012 全仏オープン
 (グランドスラム・クレー)
ジョコビッチ64 75 63
2012ウィンブルドン
 (グランドスラム・グラス)
フェデラー63 36 64 63
2012シンシナティ
 (マスターズ・ハード)
フェデラー60 76
2012ツアーファイナル
 (ハード)
ジョコビッチ76 75
2013パリ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ46 63 62
2013ツアーファイナル
(ハード)
ジョコビッチ64 67 62
2014ドバイ
 (ATP500・ハード)
フェデラー36 63 62
2014インディアンウェルズ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ36 63 76
2014モンテカルロ
 (マスターズ・クレー)
フェデラー75 62
2014ウィンブルドン
 (グランドスラム・グラス)
ジョコビッチ67 64 76 57 64
2014上海
 (マスターズ・ハード)
フェデラー64 64
2014ツアーファイナル
 (ハード)
ジョコビッチRET
2015ドバイ
 (ATP500・ハード)
フェデラー63 75
2015インディアンウェルズ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ63 67 62
2015ローマ
 (マスターズ・クレー)
ジョコビッチ64 63
2015ウィンブルドン
 (グランドスラム・グラス)
ジョコビッチ76 67 64 63
2015シンシナティ
 (マスターズ・ハード)
フェデラー76 63
2015全米オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ64 57 64 64
2015ツアーファイナル
 (ハード)
ジョコビッチ63 64
2015ツアーファイナル
 (ハード)
フェデラー75 62
2016全豪オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ61 62 36 63
2018シンシナティ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ64 64
2018パリ
 (マスターズ・ハード)
ジョコビッチ76 57 76
2019ウィンブルドン
 (グランドスラム・グラス)
ジョコビッチ76 16 76 46 1312
2019ツアーファイナル
 (ハード)
フェデラー64 63
2020全豪オープン
 (グランドスラム・ハード)
ジョコビッチ76 64 63

サーフェス別の対戦成績と勝率

次にコートサーフェス別の対戦成績と勝率を見ていきます。

ハードクレーグラス
フェデラー18
(48%)
4
(50%)
1
(25%)
ジョコビッチ20
(52%)
4
(50%)
3
(75%)

最も対戦が多いのはやはりハードで他の2つと比べてもかなり多くなっています。

ただ対戦成績はジョコビッチ選手が少しリードしていますが、これだけの対戦数を考えるとほぼ互角。

クレーについては全くの互角という状況になっています。

ここが一番予想外でしたが、フェデラー選手はグラスを得意としている印象が強かったのですが、グラスでの戦績はジョコビッチ選手がリードしています。

マッチセット数別の対戦成績と勝率

次はマッチセット数別の対戦成績。

(現在は5セットマッチはグランドスラムのみですが2006年まではマスターズの決勝でも5セットマッチでした。)

5セット3セット
フェデラー7
(39%)
16
(50%)
ジョコビッチ11
(61%)
16
(50%)

5セットマッチではジョコビッチ選手の勝ち越しが大きくなっています。

特に近年は5セットマッチをほとんどジョコビッチ選手が勝利している状況。

しかし3セットマッチはこれだけ多く対戦して互角の成績。

短期決戦になるとまだまだ互角の状況が続いています。

プレッシャーのかかる状況別の対戦成績と勝率

次は接戦の時やプレッシャーがかかる状況での対戦での対戦成績と勝率を調べていきます。

タイブレーク
取得数
フルセットマッチ決勝での対戦
フェデラー12回
(44%)
5
(27%)
6
(32%)
ジョコビッチ15回
(56%)
14
(73%)
13
(68%)

プレッシャーのかかる状況での成績は全てジョコビッチ選手がリード

特にフルセットマッチ、決勝での対戦では大きく差が開いています。

接戦になると明らかにジョコビッチ選手が強いという結果になりました。

 

 

ではフェデラー選手とジョコビッチ選手の対戦成績や勝率については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】