リオデジャネイロ(ATP500)の賞金とポイント

こんにちは、ケイです。今回は2月にブラジル・リオデジャネイロで開催されるATP500「リオオープン」の各ラウンドでの賞金や獲得できるポイント、過去大会の結果などの情報をまとめていきます。

 

各ラウンドでのシングルスとダブルスの賞金、ポイント

(1ドル=110円のレートで計算しています。)

シングルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 500 $365,560(約4000万円)
 準優勝 300 $179,215(約1900万円)
 ベスト4 180 $90,180(約990万円)
 ベスト8 90 $45,860(約490万円)
 2回戦 45 $23,820(約250万円)
 1回戦 0 $12,560(約130万円)
 予選勝者 20 
 予選2回戦 10 $2,780(約30万円)
 予選1回戦 0 $1,420(約15万円)

ダブルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 500 $110,070(約1200万円)
 準優勝 300 $53,890(約580万円)
 ベスト4 180 $27,030(約290万円)
 ベスト8 90 $13,870(約140万円)
 1回戦 0 $7,170(約78万円)

 

リオオープンは年間13大会開催されるATP500の中で12番目の優勝賞金額となっています。他の大会と比べてかなり低い賞金になっているという事になります。平均の5300万円と比べても1000万円以上低いですし、一番優勝賞金額の高い北京の8000万と比べると丁度半分です。ただ北京の大会はATP500の中でも並外れて賞金額が高いので、比較するのは少し参考にならないかもしれませんが。

 

チャイナオープン(ATP500・北京)の賞金、ポイント

 

ブラジルは2016年にオリンピックこそ開催されましたが、それほどテニスの強豪国であるイメージもありませんし、テニスの大会にかけるお金も少ないのかもしれませんね。

大会概要

 大会名 リオオープン
 グレード ATP500
 開催場所 ブラジル・リオデジャネイロ
 開催時期 2月第3週
 ドロー数 S(32)、D(16)
 サーフェス クレー
 賞金総額 $1,695,825(約1億8600万円)
 ATP公式サイト  大会情報

 

「リオオープン」は2014年に新設され、2月に開催されますがサーフェスがクレーの大会です。3月にアメリカでインディアンウェルズ、マイアミとハードコートのマスターズが2連戦あるのでそれに合わせてハードで調整していく選手が多いのですが、クレーの方が得意な選手はこの時期に行われるクレーの大会にも出場します。

 

またこのリオオープンの開催により、ブラジルで初のATP500大会の開催にもなりました。

2014年以降の結果

 優勝 準優勝 ベスト4
 2014 R・ナダル A・ドルゴポロフP・アンドゥハル
D・フェレール
 2015 D・フェレール F・フォニーニ
 A・ヘイダーマウアー
 R・ナダル
 2016 P・クエバス
 G・ペジャ R・ナダル
D・ティエム
 2017 D・ティエム P・カレーニョブスタ A・ラモスビノラス
C・ルード
 2018 D・シュワルツマン F・ベルダスコ N・ジェリー
F・フォニーニ


※背景が赤色はビッグ4

時期的には少し早めに開催されるクレーの大会ということで、ビッグ4は基本的にナダル選手しか出場していません。そのナダル選手も初開催の2014年に一度優勝したきりで、それ以来優勝できていません。

それ以外の優勝選手だと、クレーコートを得意とするフェレール選手、ティエム選手らベースライナーが上位進出を果たしています。特にスペイン人選手の活躍が凄く、毎年1人以上は必ずベスト4にいます。

強いトップ選手があまり出てこない大会でもありますので、クレーを得意とする若手選手の上位進出も期待できる大会になっています。若手が一気にランキングを上げるには良いかもしれませんね。

 

ではATP500リオデジャネイロの獲得できる賞金やポイント、過去大会の結果についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

コメント