ルドルフ・モレカー|プレースタイルや使用しているラケット【テニス】

ドイツの男子プロテニスプレイヤーであるルドルフ・モレカー(Rudolf Molleker)選手。

本格的にツアーを周り始めて1年ほどで100位台までランキングを上げてきたドイツ期待の若手。

この記事ではルドルフ・モレカー選手のプロフィール、プレースタイル、使用しているラケットやウェア、ランキングの推移、ツアーでの成績などをまとめていきます。

(2019,11,21更新)

プロフィール

 年齢19歳
生年月日2000年10月26日
 国ドイツ
 身長 185cm
 体重 75kg
 利き手
 バックハンド両手
 プロ転向 2017年(17歳)
 ATP公式サイト選手ページ
コーチヤン・ヴェルトゥイス

テニスを始めたのは5歳の頃。

ジュニア時代の憧れだった選手はフェデラー選手。

好きなサーフェスはクレーで、好きな大会はATP500ハンブルク。

ジュニアの時には全豪オープンジュニアのダブルスで準優勝を果たしています。

使用しているラケット・ウェア・シューズ

Wilson Blade 98 CV


【クーポン利用で1,500円OFF!】ウィルソン ブレード 98 CV カウンターヴェイル 16×19 2017(Wilson BLADE 98 CounterVail 16×19)304g WRT73351 硬式テニスラケット

【市販されているラケットのスペック】

重さ320g
スウィングウェイト326g
ヘッドサイズ98インチ
推奨テンション50-60ポンド
ガットパターン16本×19本
フレームの硬さ66

モレカー選手が使用しているラケットはWILSONの「Blade 98 CV」

ジュニア時代からWilsonのBLADEシリーズを使用。

振動止めは使用しています。

NIKE

現在のウェアとシューズは「NIKE」

プロ入り初期からNIKEのウェアとシューズを使用。

リストバンドを両手に着用し、帽子を使用している事が多いです。

ツアーでの成績

シングルスのキャリアタイトル

シングルスでのキャリアタイトルはまだありません。

下部ツアーのチャレンジャーではこれまでに1度のタイトルを獲得。

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン1回戦
 全仏オープン1回戦
 ウィンブルドン
 全米オープン予選1回戦

グランドスラムの最高成績は1回戦

2019年の全豪オープンで予選を突破し初のグランドスラム本戦入り。

同じ2019年の全仏オープンでも予選を突破して本戦入りを果たしています。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ
 マイアミ
 モンテカルロ
 マドリード
 ローマ
 カナダ
 シンシナティ
 上海
 パリ

まだマスターズの出場経験はありません。

勝敗

キャリア通算のツアーレベル(ATP250以上)での勝敗は4勝9敗(勝率30%)

【試合形式別】

  • 5セットマッチ|0勝2敗(勝率16%)
  • 3セットマッチ|4勝7敗(勝率36%)

【サーフェス別】

  • クレー|3勝5敗(勝率37%)
  • グラス|1勝3敗(勝率25%)
  • ハード|0勝1敗(勝率0%)

獲得賞金

キャリア通算の獲得賞金は約34万ドル(約3600万円)

1シーズン平均(プロ入り3年目)にすると約1200万円になります。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
 トップ100
 キャリアハイ|146位 2019年(19歳)
年末ランキングの推移
2017568
2018198

プレースタイルや強さ

モレカー選手のプレースタイルは攻撃型ベースライナーで、強みはサーブとフォアハンドです。

全体的にかなりパワーのあるショットを打つ選手で、特にフォアハンドはかなり威力が高いです。

バックハンドについてはパワーはありますが、まだ精度がそこまで高くなさそうで、そこが上がってくると武器になりそうです。

サーブもパワーがありますが、キックサーブの変化もなかなか大きく良いサーブを持っています。

戦力分析

フォアハンド7
バックハンド6
サーブ8
リターン6
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク6
攻撃力8
守備力6
総合力68

スタッツ

(比較用に錦織選手・フェデラー選手のスタッツも表示しています。)

モレカー錦織圭フェデラー
エースの数106本
(1試合平均:8.1本)
1851本
(1試合平均:3.2本)
10865本
(1試合平均:7.5本)
ファーストサーブ
ポイント獲得率
73%71%77%
セカンドサーブ
ポイント獲得率
49%53%57%
サービスゲーム
取得率
82%80%89%
ファーストサーブ
リターンポイント獲得率
22%30%33%
セカンドサーブ
リターンポイント獲得率
44%53%51%
リターンゲーム
取得率
12%27%27%

シーズン毎の主な成績

2017年

  • ATP500ハンブルクの予選にWCで出場し、いきなり予選を突破しツアー本戦入り。

2018年

  • 1つのチャレンジャーで優勝
  • そのほかのチャレンジャーでは2大会でベスト4
  • WCで出場したATP250シュツットガルトで1回戦で同じドイツの先輩であるストルフ選手に勝利してツアー初勝利。

2019年

  • 全豪で予選を突破し、グランドスラム初の本戦入り。全仏でも予選を突破して本戦入り。
  • 全仏オープン1回戦でチェコのロソル選手に勝利してグランドスラム初勝利
  • チャレンジャーでは1大会で準優勝、1大会でベスト4、3大会でベスト8。

 

ではルドルフ・モレカー選手のプレースタイルやランキング、使用ラケットやウェア、ツアーでの成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース