【女子テニス】プレミアマンダトリーで獲得できる賞金やポイント

 

こんにちは、ケイです。今回は女子テニスのツアー大会でプレミア・マンダトリーにカテゴリーされている大会ではどれくらいの賞金やポイントが獲得できるのかまとめていきます。

プレミア・マンダトリーとは

今回のプレミア・マンダトリーは女子テニスのツアー大会の中で、グランドスラムに次ぐグレードに当たる大会です。

 

WTAツアーのグレード

グランドスラム
プレミアマンダトリー
プレミア5
プレミア
インターナショナル
WTA125

男子で言うと、マスターズ(ATP1000)のグレードに当たりますね。

大会一覧

大会 開催地 開催時期 コート
BNPパリバオープンアメリカ
インディアンウェルズ
3月第2週
〜第3週
 ハード
マイアミオープンアメリカ
マイアミ
3月第3週
〜第4週
 ハード
ムチュアマドリードオープンスペイン
マドリード
5月第2週クレー
チャイナオープン中国
北京
10月第1週 ハード

プレミアマンダトリーは年間4大会の開催になっています。

BNPパリバオープン、マイアミオープン、ムチュアマドリードオープンに関しては男子のマスターズと同時開催になっています。BNPパリバオープンとマイアミオープンは通常の大会とは異なり、ドロー数が128と他の大会の倍でそれぞれ1週間半の期間を使って大会が開催されます。

しかしチャイナオープンは男子と同時開催なのは変わりありませんが、マスターズではなくATP500大会との同時開催です。

獲得賞金

予選1回戦 約26万円〜30万円
予選2回戦 約51万円〜62万円
ベスト128(1回戦) 約165万円
ベスト64(1.2回戦) 約210万円〜220万円
ベスト32(2.3回戦) 約380万円〜470万円
ベスト16(3.4回戦) 約790万円〜1000万円
ベスト8 約1600万円〜1900万円
ベスト4 約3400万円〜3800万円
準優勝 約7000万円〜7500万円
優勝 約1億3900万円〜1億5400万円

優勝賞金だと低くても1億3000万円以上はあります。

また、大会によって多少の賞金額の差はありますがグランドスラムほど大きく差が出ているわけではありません。

ちなみに最も賞金額が高かったのはムチュアマドリードオープンで、最も低かったのはチャイナオープンです。

獲得ポイント

予選1回戦2
予選2回戦20
予選突破30
ベスト128(1回戦)10
ベスト64(1.2回戦)10〜35
ベスト32(2.3回戦)65
ベスト16(3.4回戦)120
ベスト8215
ベスト4390
準優勝650
優勝1000

賞金の時でもそうでしたが、BNPパリバオープンとマイアミオープンに関してはドロー数が128あるので1回戦分多くなります。

その関係で128ドローの2回戦進出時は35ポイント、64ドローの2回戦進出時は65ポイントと同じ2回戦進出でも獲得できるポイントが変わってきます。

しかしそれ以外はどの大会もポイント配分は同じで、優勝者には1000ポイントが与えられます。それとランキングでストレートインできた選手が本戦で1回戦敗退した場合は10ポイントですが、予選で1回勝って予選2回戦に進出できれば20ポイント獲得できます。

しかも予選と本戦は獲得したポイントが別で考えられるので、仮に予選突破した選手が本戦1回戦で負けても、予選突破の30ポイント+本戦1回戦敗退の10ポイントで40ポイントものポイントが獲得できます。

ランキングの低い選手にもなるべく多くポイントが獲得できるようになっているのが分かりますね。

 

ではプレミアマンダトリーで獲得できる賞金やポイントついてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

 

コメント