リオ オープン 2019のドローや出場選手|ATP500 リオデジャネイロ

 

2019年2月18日〜24日にかけてブラジル・リオで行われる男子テニスツアー大会、ATP500の「リオ オープン 2019」のドローや出場選手をまとめていきます。

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

出場選手

2019年のリオ オープンには日本からはダニエル太郎選手が本戦ストレートインで出場する予定。

トップ10からはティエム選手が出場予定となっています。

出場選手のランキング、シードについては確定ではありません。ドローが発表されたら正式なものに更新します。

出場選手一覧

本戦に出場する選手一覧です。ドロー数は32。

枠は通常通りなら本戦ストレートインが25人予選勝ち上がりが4人ワイルドカードが3人となると思われます。

  • 【数字】=シード
  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)

(選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。)

【出場選手の更新情報】

  • 第5シードで出場予定だったカレーニョブスタ選手が出場をキャンセル
 NO.選手ランキング
1D・ティエム 【1】 8
2F・フォニーニ【2】13
3M・チェッキナート【3】
17
4D・シュワルツマン【4】19
5J・ソウザ【5】23
6D・ラジョビッチ【6】39
7M・ジャジリ 【7】41
8N・ジェリー【8】 42
9 G・ペジャ46
10 L・メイヤー53
11C・ノーリー
61
12J・ムナル64
13 ダニエル太郎
69
14G・アンドレオッシ
70
15 F・デルボニス 79
16P・クエバス81
17L・ジェレ
87
18  P・アンドゥハル88
19 M・マーテラー91
20 A・ベデネ
93
21C・ガリン 94
22 A・ラモスビノラス 95
23P・ソウザ98
24L・ソネゴ109
25 R・カルバレスバエナ115
26F・アリアシム (WC)108
27T・モンテイロ(WC)126
28T・ウィルド(WC)445
29J・ロンデーロ(Q)69
30H・デリエン(Q)113
31E・ウマー(Q)117
32C・ルード(Q)135

シード選手

シード選手の過去3年間のこの大会での成績と簡単な紹介をしていきます。

(シード順やシード選手については確定ではありません。)

【第1シード】ドミニク・ティエム

  • 2016年|ベスト4
  • 2017年|優勝
  • 2018年|ベスト8

オーストリアのトップ10プレイヤーであるティエム選手。

近年クレーではナダル選手に次ぐほどの好成績を残しています。昨年は準々決勝でベルダスコ選手に敗退しましたが、一昨年は優勝、その前もベスト4と連続して好成績を残しています。

【第2シード】ファビオ・フォニーニ

  • 2016年|2回戦
  • 2017年|2回戦
  • 2018年|ベスト4

イタリアのベテランであるフォニーニ選手。

昨年は準決勝でベルダスコ選手に敗退しベスト4。

【第3シード】マルコ・チェッキナート

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|1回戦
  • 2018年|1回戦

2018年に全仏ベスト4やツアー2タイトルなど、大きく飛躍を遂げたイタリアのチェッキナート選手。

昨年は予選勝ち上がりでの出場で1回戦で第3シードのカレーニョブスタ選手に敗退。

【第4シード】ディエゴ・シュワルツマン

  • 2016年|2回戦
  • 2017年|ベスト8
  • 2018年|優勝

アルゼンチンのシュワルツマン選手。

昨年は第6シードでの出場でしたが、決勝で第8シードのベルダスコ選手に勝利して優勝。1回戦から1セットも落とさない完璧なテニスでの優勝となりました。

【第5シード】パブロ・カレーニョ・ブスタ

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|準優勝
  • 2018年|2回戦

トップ10入りも経験しているスペインのカレーニョブスタ選手。

昨年は第3シードでの出場でしたが2回戦でノーシードのベデネ選手にフルセットで敗れました。ただ一昨年は準優勝を果たしています。

【第5シード】ジョアン・ソウザ

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|1回戦
  • 2018年|-

ポルトガルのソウザ選手。

昨年は出場していません

【第6シード】ドゥシャン・ラヨビッチ

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|2回戦
  • 2018年|1回戦

セルビアのラヨビッチ選手。

昨年は1回戦で第2シードのティエム選手に敗れました。

【第7シード】マレク・ジャジリ

チュニジアの大ベテランであるジャジリ選手。

昨年のイスタンブール(250・クレー)でツアー初の決勝に進出し、決勝では日本のダニエル太郎選手に敗退。

今シーズンは早期敗退している大会が多いですが、プネー(250・ハード)でベスト8に進出。

過去にこのリオで好成績を残した経験はありません。

【第8シード】ニコラス・ジェリー

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|-
  • 2018年|ベスト4

チリの若手選手であるジェリー選手。

昨年はノーシードでの出場でしたが、2回戦で第4シードのラモスビノラス選手に勝利、準々決勝では第7シードのクエバス選手に勝利しベスト4に進出。

ドロー

日本のダニエル太郎選手は第1シードのティエム選手のブロックで2回戦に進出すると対戦する可能性があります。

注目のドローは第4シードシュワルツマン選手のブロックで、最近ツアー初タイトルを獲得したアルゼンチンのロンデーロ選手、スウェーデン期待の若手であるウマー選手、2016年のリオオープン優勝者であるウルグアイのベテランであるクエバス選手、非常に実力のある選手が集まっています。

また第2シード・フォニーニ選手の所も注目で、チリのガリン選手、ドイツのマーテラー選手、カナダのアリアシム選手、イギリスのノーリー選手、スペインのムナル選手など注目の若手が非常に多く集まっています。

1回戦〜2回戦

D・ティエム 【1】L・ジェレ
63 63
L・ジェレ
64 62
L・ジェレ
T・ウィルド(WC) ダニエル太郎
36 63 62
 ダニエル太郎
C・ルード(Q)C・ルード(Q)
61 62
C・ルード(Q)
63 36 64
  P・アンドゥハル
 G・ペジャJ・ソウザ【5】
64 36 64
J・ソウザ【5】
M・チェッキナート【3】 A・ベデネ
75 76
 A・ベデネ
63 64
 A・ベデネ
P・ソウザT・モンテイロ(WC)
63 62
T・モンテイロ(WC)
G・アンドレオッシH・デリエン(Q)
64 64
H・デリエン(Q)
75 64
H・デリエン(Q)
 R・カルバレスバエナ R・カルバレスバエナ
63 67 76
N・ジェリー【8】 
M・ジャジリ 【7】 F・デルボニス
63 75
 A・ラモスビノラス
36 75 63
 F・デルボニス 
L・ソネゴ A・ラモスビノラス
76 63
 A・ラモスビノラス 
E・ウマー(Q)J・ロンデーロ(Q)
26 75 62
P・クエバス
61 64
J・ロンデーロ(Q)
P・クエバスP・クエバス
61 41 RET
D・シュワルツマン【4】
D・ラジョビッチ【6】C・ノーリー
62 61
J・ムナル
76 57 76
C・ノーリー
J・ムナルJ・ムナル
76 64
 L・メイヤー
C・ガリン C・ガリン
75 63
F・アリアシム (WC)
75 64
 M・マーテラー
F・アリアシム (WC)F・アリアシム (WC)
62 63
F・フォニーニ【2】

【1回戦の注目結果】

  • セルビアの若手であるジェレ選手が第1シードのトップ10プレイヤーであるティエム選手に勝利。
  • 今大注目のネクストジェンであるカナダのアリアシム選手が第2シードのフォニーニ選手に勝利。
  • スロベニアのベデネ選手が第3シードのチェッキナート選手に勝利。
  • 昨年の優勝者、第4シードのシュワルツマン選手が第2セット途中棄権したことによりウルグアイのクエバス選手が2回戦へ進出。
  • 今年のオークランド(250・ハード)でツアー初の決勝に進出したイギリスの若手であるノーリー選手が第6シードのラヨビッチ選手に勝利。
  • アルゼンチンのデルボニス選手が第7シードのジャジリ選手に勝利。
  • 昨年初タイトルを獲得したスペインのカルバレスバエナ選手が第8シードのジェリー選手に勝利。
  • 日本のダニエル太郎選手がワイルドカードで出場していたブラジルのウィルド選手に勝利。ATP500では初めての2回戦進出。

1回戦が終了した時点で、上位8シードのうち7人が敗退。もともとシード勢にランキングの高い選手が少なかったですがそれでも今年は大波乱の大会となっています。

【2回戦の注目結果】

  • 予選上がりでノルウェーのネクストジェンであるルード選手が第5シードのソウザ選手に勝利。この時点で今大会は全てのシード選手が敗退。
  • 予選上がりでボリビアのデリエン選手がスペインのカルバレスバエナ選手に勝利。ツアー初のベスト8進出。
  • WCで出場のアリアシム選手がチリの若手であるガリン選手に勝利。ツアー2度目、ATP500では初のベスト8に進出。

準々決勝〜決勝

【準々決勝の注目結果】

  • WCで出場のカナダの18歳、アリアシム選手がスペインの若手であるムナル選手に勝利。ツアー初のベスト4に進出。

【準決勝の結果】

  • WCで出場のカナダの18歳、アリアシム選手がウルグアイのクエバス選手に勝利しツアー初の決勝に進出。
  • ベデネ選手の棄権によりジェレ選手が決勝に進出。これがジェレ選手にとってツアー初の決勝進出になります。

【決勝の結果】

  • セルビアの23歳、ジェレ選手がアリアシム選手に勝利しツアー初タイトルを獲得。

日程と放送予定

日本とリオデジャネイロの時差は12時間で日本が進んでいます。

2月18日(月)1回戦
2月19日(火)1回戦
2月20日(水)
2回戦
2月21日(木)2回戦
2月22日(金)準々決勝
2月23日(土)準決勝
2月24日(日)
決勝

WOWOW(オンデマンド)

1回戦からライブ配信。

GAORA

1回戦から生中継。よかった試合を録画放送するセレクション枠もあり。

2018年大会のドローと結果(準々決勝から)

ではリオ オープン 2019の出場選手やドローについては以上です。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

スポンサーリンク
テニス結果
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース