ロッテルダム(ATP500)の賞金とポイント【テニス】

 

こんにちは、ケイです。今回は2月にオランダ・ロッテルダムで開催されるATP500「ABNアムロ世界テニストーナメント」の各ラウンドで獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者などの大会概要をまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

各ラウンドでのシングルスとダブルスの賞金、ポイント

シングルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 500 €405,030(約5260万円)
 準優勝 300 €203,420(約2630万円)
 ベスト4 180 €102,635(約1320万円)
 ベスト8 90 €53,940(約689万円)
 2回戦 45 €26,960(約338万円)
 1回戦 0 €14,915(約182万円)
 予選勝者 20 
 予選2回戦 10 €5,735(約74万円)
 予選1回戦 0 €2,870(約36万円)

ABMアムロ世界テニストーナメントのシングルスの優勝賞金は約5260万円で、11大会開催されているATP500の中で8番目の賞金額になっています。

ATP500の優勝賞金額の平均は約5300万円なので、賞金額の順位は8番目なので真ん中より下ですが、額としてはほぼ平均になっています。

優勝賞金額の推移

2015年|€358,540(約4650万円)
2016年|€363,400(約4710万円)
2017年|€371,620(約4820万円)
2018年|€401,580(約5210万円)
2019年|€405,030(約5260万円)

シングルスの優勝賞金額は前年比で1%の上昇で、日本円だと約50万円の上昇。

優勝賞金はそれほど上昇していませんが、予選敗退や本戦で早期敗退した選手への賞金が大きく増加されています。

ダブルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 500 €127,270(約1650万円)
 準優勝 300 €62,300(約800万円)
 ベスト4 180 €31,250(約400万円)
 ベスト8 90 €16,030(約208万円)
 1回戦 0 €8,280(約106万円)

大会概要

 大会名 ABN アムロ 世界テニストーナメント
 グレード ATP500
 開催場所 オランダ・ロッテルダム
 開催時期2月第2週
 ドロー数S(32)、D(16)
 サーフェス ハード
 賞金総額 €2,098,480(約2億7200万円)
 ATP公式サイト  大会情報

 

View this post on Instagram

 

RF 🇨🇭playing = packed stadium 🏟️ #abnamrowtt #atpworldtour #rotterdamahoy #tennis

ABN AMRO WTTさん(@abnamrowtt)がシェアした投稿 –

「ABN アムロ 世界テニストーナメント」はシーズン最初のATP500の大会で、サーフェスは屋内ハードコートです。1974年から開催されており、オランダ人選手では1995年にリカルド・クライチェック選手が優勝を果たしています。

 

また歴代のトップ選手も多く出場しており、コナーズ選手、ボルグ選手、エドバーグ選手、ベッカー選手などキャリアハイ1位を記録した錚々たる面々が優勝を果たしています。現役のキャリアハイ1位選手だとフェデラー選手やマレー選手が優勝をしています。

歴代優勝者と上位成績者

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005R・フェデラー I・リュビチッチ M・アンチッチ
T・ジョハンソン
 2006 R・ステパネク C・ルーカス N・ダビデンコ
J・ニーミネン
 2007M・ユーズニー I・リュビチッチN・ジョコビッチ
N・ダビデンコ
 2008 M・リオドラ R・ソダーリングI・カルロビッチ
G・シモン
 2009A・マレーR・ナダル G・モンフィス
M・アンチッチ
 2010 R・ソダーリング M・ユーズニー N・ダビデンコ
N・ジョコビッチ
 2011 R・ソダーリング J・ツォンガV・トロイツキ
I・リュビチッチ
 2012 R・フェデラー J・デルポトロ N・ダビデンコ
T・ベルディヒ
 2013J・デルポトロJ・ベネトー G・ディミトロフ
G・シモン
 2014T・ベルディヒM・チリッチE・グルビス
I・シジスリング
 2015S・ワウリンカ T・ベルディヒM・ラオニッチ
G・シモン
 2016M・クーリザンG・モンフィス N・マウ
P・コールシュライバー
 2017J・ツォンガD・ゴファン T・ベルディヒ
P・エルベール 
 2018 R・フェデラーG・ディミトロフA・セッピ 
D・ゴファン

※太字はビッグ4

ABNアムロ世界テニストーナメントでは、際立って良い成績を残している選手はいないですね。2005年以降で考えると現役ではフェデラー選手が3回優勝していますが、それ以外の選手は1度の優勝だけで、2回以上の優勝がありません。

デルポトロ選手とツォンガ選手が優勝と準優勝が1回ずつあるので、この大会とは相性が良いのかなーといった感じです。

2016年大会の優勝者、クーリザン選手はノーシードからの勝ち上がりで2005年以降では最もランキングの低い選手の優勝となっていますね。ATP500はトップ選手もそれなりに出てくる規模の大会なので、ノーシードの優勝は簡単では無いです。

ではATP500 ロッテルダムの獲得賞金やポイント歴代優勝者についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス大会
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース