2019年に新しく作られたITFランキングとは。どんな時に使われる?

2019年から世界のテニスツアーにおける特に下部ツアーで大きな改革が行われました。

その中でも大きな変更となったのがITFランキングという下部ツアーに出場する選手が主な対象となる新しいランキング制度の導入。

今回の記事ではこの新しいランキングについて、どんな大会でポイントが獲得でき、どういった時にこのランキングが使われるのか、といった事をまとめていきます。

ITFランキングはITFポイントを元に算出される

ATPランキングが獲得したATPポイントから算出されるように、ITFランキングも獲得したITFポイントによって算出されます。

ITFポイントが獲得できるのはITFフューチャーズ大会とATPチャレンジャー大会の予選

ランキングは年間で獲得したITFポイント高い上位14大会分の合計で決められます。

ITFポイント表

以下はITF大会のグレード別のポイント獲得表。

$25,000+H$25,000$15,000+H$15,000
優勝225150150100
準優勝135909060
ベスト467454530
ベスト827181812
2回戦9664
1回戦0000
予選勝者4332
予選2回戦1111
予選1回戦0000

ITFフューチャーズは大会の賞金総額によって大きく分けて4つのグレードに分類されます。

最も高いグレードは$25,000+Hで優勝者は225ポイントが獲得できます。

「+H」というのは「+Hospitality」の略で、大会期間中の宿泊費や送迎などがあるのかどうかと言う事です。

そのため賞金総額が$25,000でもホスピタリティのついている$15,000+Hの大会と獲得ポイントが同じになっています。なのでこの2つは賞金総額は違いますがグレードは同じようなものです。

また上記の表に加えて規模の小さいATPチャレンジャー大会の予選でもITFポイントが獲得できます。

規模の小さいチャレンジャー大会とは優勝した時に貰えるATPポイントが80~110の大会の事で、この大会で予選を突破した場合にITFポイントが30ポイント獲得できます。

ATPチャレンジャーの本戦ではATPポイントが獲得できるため、ITFポイントは獲得できません。

スポンサーリンク

ITFランキングが使用されるのはどういった時か

ITFランキングが使用されるのは大きく2つ

  • フューチャーズ大会のエントリーやシードを決定する時
  • ATPチャレンジャーへのエントリー

フューチャーズ大会はITFポイントを獲得できるので、そのフューチャーズ大会へのエントリーやシードを決定するのにITFランキングが使われるのは、なんとなく想像は着くと思います。

大事なのは2つ目のATPチャレンジャーへのエントリーです。

ATPチャレンジャーの本戦にはだいたいどの大会にも5人分のITF枠があり、ここにITFポイントを持っている選手の上位5人が入りATPチャレンジャーの本戦に出場する事ができます。

ATPチャレンジャーの本戦で勝てばATPポイントを獲得できるので、ITFランキングを上げる事でそのチャンスを作る事ができるわけです。

 

ではITFランキングやポイントについては以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

男子テニスの下部ツアーに関する記事はこちら。

チャレンジャー大会の賞金と獲得ポイントはどれくらい?

日本で行われているATPツアーやチャレンジャーの大会一覧

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース