全米オープンテニスの賞金とポイント

 

こんにちは、ケイです。今回は8月にアメリカ・ニューヨークで開催されるシーズン最後のグランドスラムである「全米オープンテニス」の賞金やポイント、歴代優勝者などの大会概要をまとめていきます。

獲得できる賞金とポイント

(1ドル=110円のレートで計算しています。)

シングルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 2000 $3,800,000(約4億1800万円)
 準優勝 1200 $1,850,000(約2億円)
 ベスト4 720 $920,000(約1億円)
 ベスト8 360 $475,000(約5200万円)
 4回戦 180 $266,000(約2900万円)
 3回戦 90 $156,000(約1700万円)
 2回戦 45 $93,000(約1000万円)
 1回戦 10 $54,000(約590万円)
 予選勝者 25 
 予選決勝 16 $30,000(約330万円)
 予選2回戦 8 $16,000(約170万円)
 予選1回戦 0 $8,000(約88万円)

現在のテニスの大会の中で最も賞金額が高いのがこの全米オープンです。優勝賞金は驚異の約4億1800万円。他のグランドスラム大会と比べても抜きん出ています。一番賞金額の低いのが全仏オープンの約2億8000万円ですが、1億円以上の差がついてますね。

ベスト4でもマスターズ大会優勝並みの賞金となっています。さらに1回戦敗退でも約590万円と、ATP250でベスト4に進出するよりも高い賞金が貰えます。

予選1回戦敗退でも約88万円の賞金額です。予選出場選手のボーダーラインがだいたい200位前後といった所で、そのあたりの選手が主戦場とするチャレンジャーの優勝賞金が80万円〜200万円といった所なので、ほぼ同じくらいの賞金が出場しただけで貰えると考えると凄いですよね。

ダブルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 2000
 準優勝 1200
 ベスト4 720
 ベスト8 360
 3回戦 180
 2回戦 90
 1回戦 0

 

大会概要

 大会名 全米オープン
 グレード グランドスラム
 開催場所 アメリカ・ニューヨーク
 開催時期 8月第5週〜9月第1週
 ドロー数 S(128)、D(64)
 サーフェス ハード
 賞金総額 $25,282,400(約27億円)
 URL  ATP公式サイト大会ページ

 

全米オープンは初開催が1881年で、100年以上の歴史のある大会です。当時は天然芝のサーフェスで、以後1975年にクレーにサーフェスが変更。さらにわずか3年後の1978年に現在のハードにサーフェスが変更されています。

大会開催時には70万人以上の観客がこの会場を訪れほどの非常に大きな規模のイベントになっています。

 

歴代優勝者と上位成績者

優勝準優勝ベスト4
2005 R・フェデラー A・アガシL・ヒューイット
R・ジネプリ
2006 R・フェデラー A・ロディックN・ダビデンコ
M・ユーズニー
2007 R・フェデラー N・ジョコビッチN・ダビデンコ
D・フェレール
2008 R・フェデラー A・マレーN・ジョコビッチ
R・ナダル
2009 J・デルポトロ R・フェデラーR・ナダル
N・ジョコビッチ
2010 R・ナダル N・ジョコビッチM・ユーズニー
R・フェデラー
2011 N・ジョコビッチ R・ナダルR・フェデラー
A・マレー
2012A・マレーN・ジョコビッチT・ベルディヒ
D・フェレール
2013R・ナダルN・ジョコビッチR・ガスケ
S・ワウリンカ
2014M・チリッチ錦織圭R・フェデラー
N・ジョコビッチ
2015N・ジョコビッチR・フェデラーM・チリッチ
S・ワウリンカ
2016S・ワウリンカN・ジョコビッチ錦織圭
G・モンフィス
2017R・ナダルK・アンダーソンJ・デルポトロ
P・カレーニョブスタ
2018N・ジョコビッチJ・デルポトロ錦織圭
R・ナダル


※赤色はビッグ4、青色は日本人選手

 

全米オープンは他のグランドスラムと比べると比較的ビッグ4以外の選手が優勝している回数が多いです。それでも2005年以降で3人だけですが。

ただ全米オープンはビッグ4全員が優勝しているグランドスラムでもあり、フェデラー選手が2004年から5連覇を達成しています。次いでビッグ4で優勝数が多いのはジョコビッチ選手の3回。さらに2008年、2011年に関してはベスト4をビッグ4が独占する結果にもなっています。

そしてビッグ4以外の現役選手の活躍は、デルポトロ選手、チリッチ選手、ワウリンカ選手が優勝を果たしており、錦織選手、アンダーソン選手が準優勝となっています。2014年大会では2003年以来11年ぶりにビッグ4以外の選手同士の決勝となりました。

 

全米オープン2018のドローや大会結果【テニス】

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

コメント