マルク・ポールマンズ|プレースタイルやツアーでの成績

2020年の全豪オープンでグランドスラム初の1回戦突破を果たしたオーストラリアの若手選手、マルク・ポールマンズ(Marc Polmans)選手。

今回はポールマンズ選手のプレースタイルやツアーでの成績などの情報をまとめていきます。

(2020.7.19更新)

プロフィール

年齢23歳
生年月日1997年5月2日
オーストラリア
身長188cm
体重78kg
BMI 22.1
利き手
コーチマルセル・ドゥ・クードレイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy to be back on court competing again 🎾🐊👌#Vamos#Trenches#Digging @myutr @lacoste

Marc Polmans(@marcpolmans)がシェアした投稿 –

 

ポールマンズ選手は叔父の影響で4歳からテニスを開始。

両親はもともと、南アフリカのバドミントンのナショナルチームに所属していたほどの実力者。

趣味は現在世界的にも流行しているPCやPSでプレイできる「フォートナイト」。

(参照:atptour.com)

プレースタイル

プレースタイルはオールラウンダーで武器はドロップショットとネットプレー

ポールマンズ選手はストロークも決して弱くはないですが、それ以上にドロップショットのレベルがかなり高い選手です。

ラリー中にもかなりの頻度でドロップショットを使い、多用しているにも関わらずなかなか読まれにくいショットです。

またネットプレーのレベルも高く、自身のサービスゲームだけでなくリターンの時にも積極的にネットを取ります。

ドロップショットもしかり、ポールマンズ選手はおそらくかなり手首の使い方が柔軟で、タッチセンスに優れた選手だと思います。

ツアーでの成績

キャリアタイトル

ツアータイトルはまだありません

現時点でのツアー最高成績は全豪オープン2回戦進出。

また下部ツアーのチャレンジャーでは3回の優勝があります。

【タイトルの内訳】

グレード別
グランドスラム0
マスターズ0
ATP5000
ATP2500
サーフェス別
ハード0
クレー0
グラス0

グランドスラムの成績

全豪オープン2回戦
全仏オープン予選2回戦
ウィンブルドン予選2回戦
全米オープン予選決勝

グランドスラムの最高成績は2回戦

2020年の全豪オープンでWCでの本戦出場から1回戦でカザフスタンのベテランであるミハイル・ククシュキン選手にフルセットで勝利して、初のグランドスラム本戦勝利を挙げています。

マスターズの成績

インディアンウェルズ
マイアミ
モンテカルロ
マドリード
ローマ
カナダ
シンシナティ
上海
パリ

マスターズの本戦に出場した事はありません。

ランキングの推移

キャリアハイランキングの推移
トップ100
キャリアハイ|1192020年(25歳)
年末ランキングの推移
2017373
2018144
2019134

ツアーレベルでの主な成績

(表の黄色マーカーは280ポイント以上、黄色太字は1000ポイント以上)

順位主な成績
2018144
  • チャレンジャー|優勝(1大会) 準優勝(2大会)
2019134
  • ATP500|2回戦(ワシントン)
  • チャレンジャー|優勝(2大会) 準優勝(1大会)

 

【関連記事】

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ