【テニス】M・ククシュキン|プレースタイルや選手情報まとめ

こんにちは、ケイです。今回はカザフスタンのベテラン男子テニスプレイヤーであるミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)選手についてプレースタイルやランキングの推移、使用しているラケットやウェア、錦織圭やビッグ4との対戦成績などをまとめていこうと思います。

(2019,7,6更新)

プロフィール

年齢30歳
カザフスタン
身長183cm
体重72kg
利き手
バックハンド両手
好きなショットフォア
バック
好きなサーフェスハード
プロ転向2006年(18歳)
趣味読書
映画鑑賞

ククシュキン選手がテニスを始めたのは6歳の頃で、その後17歳まで父親がコーチでした。

ジュニア時代〜プロ入り初期はロシアの選手として活動していましたが、2008年からはカザフスタンに移住。

そして現在はククシュキン選手の奥さんであるアナスタシアさんがコーチです。

アナスタシアさんはモスクワのスポーツ大学でテニスコーチとしての勉強をし、モスクワで5年間テニスクラブのコーチをしていました。

その後2009年からククシュキン選手のコーチとしてツアーに帯同し、2011年にククシュキン選手と結婚しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Getting ready @wimbledon 🔜🌱🌱🌱

Mikhail Kukushkinさん(@kukushkin_mikhail)がシェアした投稿 –

キャリアタイトル

シングルスタイトル1勝
グレード別
ATP2501
サーフェス別
ハード1

初タイトルは2010年に22歳で優勝したATP250・サンクトペテルブルク(ハード)。

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン4回戦
 全仏オープン2回戦
 ウィンブルドン4回戦
 全米オープン3回戦
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ 3回戦
 マイアミ 3回戦
 モンテカルロ 3回戦
 マドリード 2回戦
 ローマ 2回戦
 カナダ 2回戦
 シンシナティ 予選2回戦
 上海 3回戦
 パリ –

グランドスラムでは全豪オープン、ウィンブルドンで4回戦進出。

マスターズではインディアンウェルズ、マイアミ、モンテカルロ、上海の3回戦が最高成績になっています。

大きな大会ではベスト8以上に進んだ経験はありませんが、ほとんどの大会で本戦の1回戦は突破しています。

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002010年(22歳)
トップ502012年(24歳)
キャリアハイ|392019年(30歳)
年末ランキングの推移
2006605
2007218
2008148
2009132
201059
201191
2012107
201367
201470
201565
201689
201774
201853

プレースタイル

ククシュキン選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器となるショットはフォアとバックです。

フォアは下から上へ大きく振り抜くしっかり回転をかけて行くショットと、横に振り抜くフラットなショットを使い分けています。どちらもレベルが高く、大きな武器になっています。

バックはフラットですが安定感があり、ややショートクロス気味のクロスへのショットのキレが良いのでそれを起点にしてストレートへ展開するパターンも多いです。

しかし、しっかり構えて打った時のストロークのレベルは高いですが、相手に攻め込まれたりパワーで押されると一気に押し込まれてしまう事もあります。

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

フォアハンド8
バックハンド8
サーブ8
リターン7
ボレー6
テクニック6
メンタル8
フットワーク7
攻撃力7
守備力7
総合力72

使用しているラケットやウェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

First grand slam quarterfinal,in doubles!thanks for playing, @joranvliegen @rolandgarros P.C. @tlaenpix

Mikhail Kukushkinさん(@kukushkin_mikhail)がシェアした投稿 –

ラケット

ラケットはHEADの「GRAPHENE SPEED」シリーズ。

SPEEDはHEADのラケットの中でも人気のシリーズで、ジョコビッチ選手やズベレフ選手も使用しています。

ウェアやシューズ

ウェアはイタリアのファッションブランドのセルジオ・タッキーニ

ただこのブランド名は人物名でもあり、セルジオ・タッキーニというファッションデザイナーが自分の名前をつけたブランドです。

シューズはASICSを着用しています。

プロテニス選手としての主な成績

2010年にツアー初タイトル

2010年最初は132位だったランキングですが、このシーズン終了時には59位までランキングを上昇させます。

まず6月にチャレンジャーで2週連続優勝。その後10月に88位で出場したサンクトペテルブルク(ATP250・ハード)でツアー初のタイトルを獲得します。

この時決勝では当時10位のユーズニー選手に勝利する大金星をあげています。

2012年には全豪オープンで4回戦に進出

2012年には全豪オープンでグランドスラム初の4回戦に進出を果たします。

2回戦ではトロイツキ選手(23位)に試合時間約3時間30分のフルセットで勝利、続く3回戦でもモンフィス選手(15位)に3時間40分のフルセットで勝利。トップ選手を相手にグランドスラムの5セットマッチをフルセットで2試合勝ちきるのは相当難しい事です。

4回戦ではマレー選手(4位)との対戦でしたが、この前の2、3回戦も影響してか3セット目の途中で棄権。

錦織圭との対戦成績

  • ミハイル・ククシュキン(0勝)
  • 錦織圭(8勝)
  • この2人の対戦では錦織選手が大きく勝ち越し。
  • サーフェス別だとハードで0勝6敗、クレーで0勝2敗。
  • 5セットマッチでは0勝1敗。
大会
(グレード)
コート勝者
スコア
2011バーゼル
(ATP500)
ハード錦織圭
46,75,46
2012バルセロナ
(ATP500)
クレー錦織圭
36,64,06
2012ウィンブルドン
(グランドスラム)
ハード錦織圭
57,36,46
2016ブリスベン
(ATP250)
ハード錦織圭
36,46
2016メンフィス
(ATP250)
ハード錦織圭
26,46
2016インディアンウェルズ
(マスターズ)
ハード錦織圭
36,36
2017ジュネーブ
(ATP250)
クレー錦織圭
46,36
2018ウィーン
(ATP500)
ハード錦織圭
64 63

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

ビッグ4

  • ククシュキン選手のビッグ4との対戦成績は0勝13敗です。
  • ビッグ4全員と対戦がありますが、まだ勝利できていません。

トップ選手

  • トップ選手との対戦成績をまとめてみたらククシュキン選手はかなり特徴的な結果になりました。
  • ワウリンカ選手、デルポトロ選手といった一発に威力のあるパワー型の選手にはそれほど大きく負け越していないのに対し、錦織選手、フェレール選手といった安定してラリーを展開するストローカータイプの選手に大きく負け越しています。

 

ではミハイル・ククシュキン選手については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース