パリ(マスターズ)の賞金とポイント|ロレックス パリ マスターズ

 

こんにちは、ケイです。今回はフランス・パリで開催されるシーズン最後のマスターズ大会(ATP1000)である「ロレックス パリ マスターズ」で獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者などをまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

賞金とポイント

シングルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 1000€995,720(約1億2935万円)
 準優勝 600€503,730(約6539万円)
 ベスト4 360€259,730(約3367万円)
 ベスト8 180€133,985(約1729万円)
 ベスト16 90€67,025(約871万円)
 2回戦 45€35,285(約455万円)
 1回戦 10€19,800(約257万円)
 予選勝者 25 
 予選2回戦 16€7,445(約96万円)
 予選1回戦 0€3,725(約48万円)

シングルスの優勝賞金は約1億2935万円でマスターズの優勝賞金としては平均的な賞金額になっています。

(マスターズの優勝賞金の平均は約1億3000万円)

優勝賞金額の推移

2015年|€653,700(約8498万円)
2016年|€746,550(約9705万円)
2017年|€853,430(約1億1094万円)
2018年|€973,480(約1億2655万円)
2019年|€995,720(約1億2935万円)

賞金額は前年度比で約3%アップとなっており、日本円にして約300万円ほど上がっています。

今回の上昇はここ最近で最も小さいアップ率で、過去には1000万円以上アップした年もありました。

ダブルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 1000€284,860(約3700万円)
 準優勝 600€139,020(約1800万円)
 ベスト4 360€69,680(約897万円)
 ベスト8 180€35,510(約455万円)
 ベスト16 90€18,730(約234万円)
 1回戦 0€10,020(約130万円)

大会概要

 大会名 ロレックス パリ マスターズ
 グレード ATP1000(マスターズ)
 開催場所 フランス・パリ
 開催時期 10月・第5週
 選手数 S(48)、D(24)
 サーフェス ハード
 賞金総額 €5,791,280(約7億5286万円)
 URL  ATP公式サイト大会ページ

 

View this post on Instagram

 

Good morning Paris ! Start of the main draw today at 11am 🔜 #RolexParisMasters 📷 @chrisguibbaud / FFT

Rolex Paris Mastersさん(@rolexparismasters)がシェアした投稿 –

 

パリロレックスマスターズはシーズン最後のツアー大会で、これが終わると残すはネクストジェンATPファイナルATPファイナル、デビスカップ決勝のみとなります。

よってツアーファイナルやデビスカップに出場しない選手にとってはシーズン最後の大会になります。

またこの時点でツアーファイナル出場圏内に多くの選手がいる場合はこのパリマスターズの成績がツアーファイナルに出場できるかどうかに直結してきます。

そのためツアーファイナる出場権をかけた争いも一つの見所になってきます。

歴代優勝者と上位成績者

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005T・ベルディヒ I・リュビチッチ   R・ステパネク
A・ロディック
 2006 N・ダビデンコ D・ハーバティ T・ロブレド
T・ハース
 2007 D・ナルバンディアンR・ナダルR・ガスケ
M・バグダティス
 2008J・ツォンガ D・ナルバンディアン J・ブレイク
N・ダビデンコ
 2009N・ジョコビッチG・モンフィス R・ナダル
R・ステパネク
 2010 R・ソダーリング G・モンフィス M・リオドラ
R・フェデラー
 2011R・フェデラー J・W・ツォンガ T・ベルディヒ
J・イズナー
 2012D・フェレール J・ヤノビッチ M・リオドラ
G・シモン
 2013 N・ジョコビッチ D・フェレール R・フェデラー
 R・ナダル
 2014 N・ジョコビッチM・ラオニッチ錦織圭
T・ベルディヒ
 2015 N・ジョコビッチ A・マレー
S・ワウリンカ
D・フェレール
 2016A・マレー J・イズナー M・ラオニッチ
M・チリッチ
 2017J・ソック F・クライノビッチJ・ベネトー
J・イズナー
2018 K・カチャノフ N・ジョコビッチD・ティエム
 R・フェデラー 

青マーカーはビッグ4、黄色マーカーは日本人選手)

 

ロレックスパリマスターズは、シーズン最後のツアー大会という事もあり、かなり活躍する選手にバラつきがあります。

シーズン終盤は過酷なツアーを周って体に溜まった疲労や怪我により大会自体を欠場する選手、大会途中で棄権をする選手が増えるのでこういう結果になってしまいます。

マスターズにしてはビッグ4の活躍がそれほど目立っていないのもそういった理由が多いです。それでも半分以上はビッグ4が優勝していますが 笑

特にジョコビッチ選手がビッグ4最多の4回の優勝を果たしています。2013年からは3連覇も達成していますし。

他に注目なのは2005年にベルディヒ選手が優勝している事です。当時19歳でランキングも50位くらいでルーキーだったベルディヒ選手ですが、2回戦から決勝までシード選手を破り続けての優勝となりました。

後は2017年にマスターズ初タイトルを獲得したソック選手。2017年大会は大波乱の大会で、ベスト4の時点で全く予想外のメンバーが残りました。イズナー選手とソック選手はシード選手ですが、ベネトー選手はノーシード、準優勝したクライノビッチ選手は予選からの出場です。

18年ロシアの若手、カチャノフ選手が決勝でジョコビッチ選手を破りマスターズ初タイトルを獲得。

ではパリ ロレックス マスターズで獲得できる賞金やポイント歴代優勝者などの大会概要については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込