Nitto ATP ファイナルズ(ツアーファイナル)の賞金やポイント

こんにちは、ケイです。今回は11月にイギリス・ロンドンで開催され、ランキングトップ8選手のみが出場する事のできるATPツアーの最終戦である「Nitto ATP ファイナルズ」の獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者などの情報をまとめていきます。

獲得できるポイント

結果 ポイント
 優勝+900
 準優勝+400
 ラウンドロビンでの勝利200

ATPファイナルでのポイントはラウンドロビンでの勝利、準優勝者と優勝者にボーナスポイントがあります。

ランドロビンでは1勝する毎に200ポイントが加算され、全勝した場合はラウンドロビンだけで200×3で600ポイントとを獲得。

そして優勝したらラウンドロビンで獲得したポイントに+900、準優勝なら+400を獲得できます。

ラウンドロビンから全勝で優勝した場合は1500ポイント。

マスターズ優勝よりも大きなポイントになり、テニスの大会ではグランドスラム優勝の2000ポイントに次ぐポイントの大きさ。

またラウンドロビンを全勝で突破して準優勝した場合は1000ポイントでこちらがマスターズの優勝と同じポイントになっています。

ちなみにラウンドロビンを勝ち抜きベスト4に残った時点ではボースポイントはありません。

【参考例】

  • 予選を全勝で突破し優勝した場合のポイント
    200×3(予選3勝)+900(優勝)=1500
  • 予選を2勝1敗で突破し優勝した場合のポイント
    200×2(予選2勝)+900(優勝)=1300
  • 予選を全勝で突破し準優勝した場合のポイント
    200×3(予選3勝)+400(準優勝)=1000

獲得できる賞金

シングルス

結果 賞金(ドル)賞金(日本円)
全勝優勝$2,871,000¥307,197,000
 優勝+$2,011,000+¥215,177,000
 準優勝+$657,000+¥70,299,000
ラウンドロビン勝利$215,000¥23,005,000
大会出場$215,000¥23,005,000

賞金についてもポイントと同じようにラウンドロビンでの1勝毎、準優勝・優勝のボーナス加算があります。

ポイントと異なる点は大会に出場した時点で獲得できる賞金がある事です。これは試合で1勝もできなくても出場を決めた全員が獲得できるものです。

2019年大会の最大賞金額は$2,871,000(約3億円)でグランドスラムの優勝賞金に匹敵する金額になっています

準優勝でもラウンドロビンを全勝で突破した場合は約150万ドル(約1億6000万円)とマスターズの優勝賞金クラスの額。

大会出場とラウンドロビン1勝の賞金額はATP250で優勝するのと同程度。

【参考例】

  • 予選を全勝で突破し優勝した場合の賞金
    $215,000(大会出場)+$215,000×3(予選3勝)+$2,011,000(優勝ボーナス)=$2,871,000(約3億円)
  • 予選を2勝1敗で突破し優勝した場合の賞金
    $215,000(大会出場)+$215,000×2(予選2勝)+$2,011,000(優勝ボーナス)=$2,656,000(約2億8000万円)
  • 予選を全勝で突破し準優勝した場合の賞金
    $215,000(大会出場)+$215,000×3(予選3勝)+$657,000(準優勝ボーナス)=$1,517,000(約1億6000万円)
  • 予選を全勝で突破し準決勝で敗退した場合の賞金
    $215,000(大会出場)+$215,000×3(予選3勝)=$860,000(約9200万円)

ダブルス

結果 賞金(ドル)賞金(日本円)
全勝優勝$533,000¥57,031,000
 優勝+$310,000+¥33,170,000
 準優勝+$106,000+¥11,342,000
ラウンドロビン勝利$40,000¥4,280,000
大会出場$103,000¥11,021,000

上記のダブルスの賞金はペアでの賞金額になるので、1人当たりにすると上記からさらに半分になります。

テニスはどの大会でも言えますが、やはりシングルスとダブルスでは賞金に大きな差がありますね。

ダブルスではラウンドロビンから全勝で優勝してもペアで約53万ドル(約5600万円)で、1人当たりだと約26万ドル(約2800万円)となり、シングルスだと大会出場の時点でそれに近い賞金が貰えます。

シングルスの賞金推移

優勝準優勝
RR1勝大会出場
2018年$1,900,000$620,000 $203,000$203,000
2019年$2,011,000$657,000$215,000$215,000
+5.8%+5.9%+5.9%+5.9%

昨年からの賞金推移は全体的に一律で約6%のアップ。

割と普通の上昇幅となっています。

今年は女子のツアーファイナルで前年の約2倍という驚きの増額がありましたが、男子のファイナルではそこまで大きな変化はありませんでした。

これにより、2019年のツアーファイナルでは女子が全勝優勝した場合は5億円、男子は約3億円と賞金額に開きが出ています。

大会概要

 大会名Nitto ATP ファイナルズ
 グレード ツアーファイナル
 開催場所 イギリス・ロンドン
 開催時期 11月第3週
 ドロー数 シングルス 8人
ダブルス 8ペア
 サーフェス ハード
 ATP公式サイト  大会情報

Nitto ATP ファイナルズ(ツアーファイナル)は一定期間毎に大会名・開催地が変わるので統一された大会名がありませんが、ツアー最終戦という位置付けは変わりません。

現在は2017年から日本の企業である「日東電工株式会社」がタイトルスポンサーを勤めています。

初開催は1970年で、開催地は意外にも日本。1970年といえば高度経済成長期の終盤で、日本の経済成長が上がり続けていた時期で、景気の良さがこの大会、初開催の地に選ばれたのに関係しているのかもしれませんね。

しかし初開催の1970年以来、現在まで日本での開催はありません。2020年には東京オリンピックも開催されますし、今のロンドンでの開催も2020年までとなっています。

2021年からの開催地に日本が候補に入ってくれると嬉しいですよね!

歴代優勝者と上位成績者

赤色はビッグ4、黄色は日本人選手

 優勝 準優勝ベスト4
 2005 D・ナルバンディアン R・フェデラーN・ダビデンコ
G・ガウディオ
 2006 R・フェデラー J・ブレイク
R・ナダル
D・ナルバンディアン
 2007 R・フェデラー
 D・フェレールR・ナダル
A・ロディック
 2008 N・ジョコビッチ N・ダビデンコG・シモン
A・マレー
 2009 N・ダビデンコ J・デルポトロR・フェデラー
R・ソダーリング
 2010 R・フェデラー R・ナダル
N・ジョコビッチ
A・マレー
 2011 R・フェデラー
 J・ツォンガD・フェレール
T・ベルディヒ
 2012 N・ジョコビッチ R・フェデラーJ・デルポトロ
A・マレー
 2013 N・ジョコビッチ R・ナダルS・ワウリンカ
R・フェデラー
 2014 N・ジョコビッチ R・フェデラー錦織圭
S・ワウリンカ
 2015 N・ジョコビッチ R・フェデラー
R・ナダル
S・ワウリンカ
 2016 A・マレー
 N・ジョコビッチM・ラオニッチ
錦織圭
 2017 G・ディミトロフ D・ゴファンJ・ソック
R・フェデラー
 2018A・ズベレフ N・ジョコビッチ R・フェデラー
K・アンダーソン

ビッグ4の活躍が凄まじいですね。中でも特にフェデラー選手とジョコビッチ選手の成績には圧巻です。

フェデラー選手は2005年以降で優勝4回、準優勝4回と13大会中8大会で決勝に進出

ジョコビッチ選手は優勝5回、準優勝1回で、決勝で3回フェデラー選手に勝利して優勝を果たしています。

ツアーファイナルの直接対決ではジョコビッチ選手がフェデラー選手に勝ち越しています。

2005年以降、ビッグ4以外の現役選手で優勝を果たしたのは2017年大会優勝のディミトロフ選手2018年のズベレフ選手

2017年優勝のディミトロフ選手ついてはビッグ4とは対戦がありませんでしたが、そのチャンスをしっかりとものにしたのは素晴らしいですね。

しかしこの大会、準優勝ではありましたがゴファン選手は予選でナダル選手、準決勝でフェデラー選手を破っているので、対戦成績だけをみればディミトロフ選手よりも強い選手を続けて倒していることになります。

2018年大会のズべレフ選手はラウンドロビンでジョコビッチ選手に敗れて2勝1敗で決勝トーナメントに進出しましたが、準決勝でフェデラー選手、決勝でジョコビッチ選手に勝利しての優勝と、完全にビッグ4を撃破してタイトルを獲得

ではNitto ATP ファイナルズの獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

ATPファイナルズの関連記事はこちら。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス大会
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース