NEXT GEN ATP FINALSの参加条件・大会形式・ルール

 

今回は2017年シーズンに初めて開催されることになった「ネクストジェネレーションATPファイナルズ」(NEXT GEN ATP FINALS)についての参加条件や大会の流れ、試合形式、ルールなどをまとめていこうと思います。

参加条件や大会の流れ

この大会はネクストジェネレーション世代である21歳以下の選手しか出場できないものとなっていて、この21歳以下というのは1月のシーズン開始時に21歳以下であればその年のネクストジェンファイナルへの出場資格を有している事になります。

基本的な形式は通常のツアーファイナルと同じで、1年間で稼いだポイントの高い順に出場が決まってきます。しかし通常のツアーファイナルが上位8人に対し、ネクストジェンATPファイナルは上位7人+ワイルドカードの選手となります。ランキングで出場を決められるのは上位7人までとなるわけですね。

大会の流れとしては、2つのブロックに別れラウンドロビン(予選ブロック)でリーグ戦を行い上位2選手が決勝トーナメントに進むという流れでこれは通常のツアーファイナルと同じです。

ちなみにこれは初開催の2017年大会であった事例ですが、ズベレフ選手はネクストジェンATPファイナルズのレースランキングで1位、通常のツアーファイナルであるNitto ATP Finalsのレースランキングでも3位で、どちらの大会も出場資格を有していました。

通常のツアーファイナルに出れるのであれば、そちらの方がATPポイントも貰えますし賞金額も桁違いに大きくなるので当然そちらに出場します。

一応この2つの大会は開催時期をずらしてあるので両方出場する事も可能ではありますが、Next Gen ATP Finalsが終わって次の週にNitto ATP Finalsに出場する事になるので非常にハードな日程になってしまいます。

試合形式とルール

ここからは試合形式とルールについての情報をまとめていきます。

試合形式


まず試合形式は、5セットマッチ・4ゲーム先取(3−3タイブレーク)・ノーアドバンテージとなります。

一見5セットマッチと聞くと普通のツアーファイナルより多いと思うかもしれませんが、4ゲーム先取のノーアドです。普通のテニスの試合は6ゲーム先取ですし、デュースになった場合はどちらかが2ポイント連続で取るまでそのゲームは終わりません。ただこの大会の場合は、4ゲーム取れば1セットになりますし、ノーアドなのでデュースになっても次のポイントをとった方がそのゲームを取ることになります。

感覚的には6ゲーム先取の試合の半分くらいの試合時間になると思います。

ルール

ネクストジェンファイナルには多くの独自ルールがあります。

  • ノーレットルール|サーブがネットに当たって相手コートに入った場合でもそのまま試合が続行される。
  • ショットクロック|ポイント間、セット間の時間をより厳しく測る。メディカルタイムアウトは選手が次のプレーを始めるまでの5分間。
  • ショートウォームアップ|ウォーミングアップ時間の短縮。
  • メディカルタイムアウト|1試合に1回まで。
  • コーチング|1セット1回コーチングを受けられる

 

試合時間を短縮するためのルールが多くなってますね。あとコーチングが受けられるというルールも若手選手の事を考えられていてなかなか面白いです。

 

ではNEXT GEN ATP FINALSの賞金や大会概要については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース