シモナ・ハレプ|使用ラケットやウェア、ランキングの推移

2018年の全仏オープンでグランドスラムタイトルを獲得、キャリアハイランク1位も達成しているルーマニアのシモナ・ハレプ(Simona Halep)選手。

この記事ではハレプ選手のプロフィール、使用しているラケットやウェア、ランキングの推移、ツアーでの成績をまとめていきます。

(2019,6,27更新)

プロフィール

年齢27歳
生年月日1991年9月27日
ルーマニア
身長168cm
利き手
趣味音楽鑑賞
映画鑑賞
ハンドボール

使用しているラケットやウェア

ラケット

Wilson Blade 98 Countervail


【20%OFFクーポン対象▼〜6/30 23:59】「あす楽対応」Wilson(ウイルソン)「BLADE 98S COUNTERVAIL(ブレイド98S カウンターヴェイル) WRT733010」硬式テニスラケット(スマートテニスセンサー対応)【KPI】 『即日出荷』
 

【ラケットの主なスペック】

重さ320g
スウィングウェイト326g
ヘッドサイズ98インチ
長さ27インチ
推奨テンション50-60ポンド
フレームの硬さ66
ガットパターン16本×19本

ハレプ選手が使用しているラケットはWilsonの「Blade 98 Countervail」

ラケットカラーは黒を基調にサイドのウィルソンの文字がライトグリーン。

重さ、スウィングウェイトともにやや重めのラケット。

しかし、ヘッドが重い分サーブでの力は出ますし、ストロークで強いスピンをかけやすくもなっています。

このラケットは他に女子ではエレナ・オスタペンコ選手、男子ではアレックス・デミノー選手が使用しています。

ウェア

 
 

ハレプ選手が使用しているウェアはNIKE

シューズはNIKEのAIR ZOOMシリーズを使用しています。

スポンサーリンク

ツアーでの成績

キャリアタイトル

キャリアタイトルは18

初タイトルは2013年に21歳で優勝したニュルンベルク(インターナショナル)。

プレミアマンダトリーでの初タイトルは2015年に23歳で優勝したBNPパリバオープン。決勝で第18シードのヤンコビッチ選手に逆転で勝利して優勝。

グランドスラムでの初タイトルは2018年に26歳で優勝した全仏オープン。ケルバー選手、ムグルッサ選手、スティーブンス選手らを破って優勝を果たしています。

シングルスタイトル18勝
グレード別
グランドスラム1
プレミアマンダトリー3
プレミア54
プレミア2
インターナショナル8
サーフェス別
ハード11
クレー7
グラス0

グランドスラムの成績

全豪オープン準優勝
全仏オープン優勝
ウィンブルドンベスト4
全米オープンベスト4

グランドスラム全体での最高成績は2018年の全仏オープン優勝

さらに全仏では2014年と17年にも準優勝。

全豪オープンでも2018年に決勝進出の経験があり、ウィンブルドン、全米でもベスト4。

全てのグランドスラムでベスト4以上の成績を残しています。

プレミアマンダトリーの成績

インディアンウェルズ優勝
マイアミベスト4
マドリード優勝(2回)
北京準優勝

プレミアマンダトリーでの最高成績はマドリードやインディアンウェルズでの優勝

特にマドリードでは2回の優勝に加え、準優勝も2回あります。

最も成績が悪いのはマイアミですが、それでもしっかりとベスト4まで勝ち上がっています。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002010年(19歳)
トップ502011年(20歳)
トップ102014年(23歳)
トップ52014年(23歳)
3位2014年(23歳)
2位2014年(23歳)
1位2017年(26歳)
キャリアハイ|12019年(27歳)
ランキングの推移
2008352
2009210
201081
201153
201247
201311
20143
20152
20164
20171
20181

トップ50入りまではかなり順調に速いペースでランキングを上げています。

トップ10入りは高い壁なのでそれまでと比べるとランキングの上がるペースは落ちますが、それでもトップ50入りからわずか3年でトップ10どころかランキング2位まで上昇。

しかしそこからあと1つがなかなか上がらず、初めて1位になったのは3年後の2017年の事でした。

スポンサーリンク

主な経歴

2010年にツアー初の準優勝

フェズ(インターナショナル)で予選からの出場ながら準優勝。ランキングも初のトップ100入りを達成。

翌年の2011年にもフェズで準優勝を果たし、このシーズンは全てのグランドスラムで1回戦を突破、全豪オープンでは3回戦まで勝ち上がっています。

2013年に初タイトル獲得から年間で6つのタイトルを獲得

ハレプ選手の初タイトルは2013年6月に開催されたクレーのニュルンベルク(インターナショナル)でしたが、その翌週に開催されたウィンブルドン前哨戦であるグラスのスヘルトーヘンボス(インターナショナル)では1、3、4シードを破って優勝。

その後ブタペスト、ニューヘイブン、モスクワで優勝。ニューヘイブンでの優勝がプレミアのグレードでは初のタイトルとなりました。

そしてツアー終盤、WTAFINALSに出られなかった選手の中で上位8人が出場できる第2のツアーファイナルとも言えるWTA TOURNAMENT OF CHAMPIONSでイバノビッチ選手やストーサー選手ら強豪を破り優勝。

ランキングもトップ10目前の11位まで上昇。

WTAエリート・トロフィーのポイントや賞金【女子テニス】(旧WTA TOURNAMENT OF CHAMPIONS)

2017年に世界1位、2018年にグランドスラム初タイトル

2017年シーズンはタイトルこそ1つだけでしたが、全仏、マドリード、北京のプレミアマンダトリー2つ、ローマ、シンシナティのプレミア5も2つ、合計5つの大きな大会で準優勝を果たす成績を残し、北京(プレミアマンダリー)後のランキングでついに1位を達成。

ランキング1位で迎えた2018年シーズン。シーズン最初のグランドスラムである全豪オープンでは準優勝と非常に良いスタート。

クレーシーズンに入ってもマドリード(プレミアマンダトリー)でベスト8、ローマ(プレミア5)で準優勝と好調を維持し、ついに全仏オープンでグランドスラム初タイトルを獲得。

全仏オープンの賞金やポイント、歴代優勝者【女子】

 

ではシモナ・ハレプ選手のラケットやウェア、ランキングの推移については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース