全仏オープンの賞金やポイント、歴代優勝者【女子】

今回は5月にフランス・パリで開催されるグランドスラム、「全仏オープン」で女子選手の獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者などの情報をまとめていきます。

賞金

賞金総額

2020年

2020年大会の賞金総額は€38,000,000で約47億円

前年から約6億円ダウンとなり前年比は-11%。

賞金総額の推移

 賞金総額(ユーロ) 賞金総額(日本円)前年比
2020€38,000,000¥4,788,000,000-11%
2019€42,661,000¥5,375,286,000+8%
2018€39,197,000¥4,938,822,000+8%
2017€36,000,000¥4,536,000,000+12%
2016€32,017,500¥4,034,205,000+14%
2015€28,028,600
¥3,531,603,600

シングルスの賞金

2020年

結果賞金(ユーロ)賞金(日本円)前年比
 優勝€1,600,000¥201,600,000-30.4%
 準優勝€800,000¥100,800,000-32.2%
 ベスト4€425,250¥53,581,500-27.9%
 ベスト8€283,500¥35,721,000-31.7%
 4回戦€189,000¥23,814,000-22.2%
 3回戦€126,000¥15,876,000-11.9%
 2回戦€84,000¥10,584,000-3.4%
1回戦€60,000¥7,560,000+30.4%
 予選突破
予選決勝€25,600¥3,225,600+6.7%
 予選2回戦€16,000¥2,016,000+30.6%
予選1回戦€10,000¥1,260,000+42.9%

シングルスの優勝賞金は前年から約70万ユーロ(約9000万円)ダウンして約2億円

しかし新型コロナウイルスにより生活が大変になってしまったランキング下位選手に対しての支援のため、1回戦~予選の結果については大幅な増額にもなっています。

賞金額の推移

 20192018201720162015
 優勝 €2,300,000€2,200,000€2,100,000€2,000,000€1,800,000
 準優勝 €1,180,000€1,120,000€1,060,000€1,000,000€900,000
 ベスト4 €590,000€560,000€530,000€500,000€450,000
 ベスト8 €415,000€380,000€340,000€294,000€250,000
 4回戦 €243,000€222,000€200,000€173,000€145,000
 3回戦 €143,000€130,000€118,000€102,000€85,000
 2回戦 €87,000€79,000€70,000€60,000€50,000
 1回戦 €46,000
€40,000€35,000€30,000€27,000
予選決勝 €24,000€21,000€18,000€14,000€12,000
予選2回戦 €12,250€11,000€9,000€7,000€6,000
予選1回戦 €7,000€6,000€5,000€3,500€3,000

ダブルスの賞金

2020年

結果ポイント賞金(ユーロ)賞金(日本円)前年比
 優勝2000€319,652¥40,276,152-42.9%
 準優勝1200€188,030¥23,691,780-32.8%
 ベスト4720€110,606¥13,936,356-20.4%
 ベスト8360€65,062¥8,197,812-14.4%
 3回戦180€38,272¥4,822,272-6.7%
 2回戦90€23,920¥3,013,9208.7%
1回戦10€14,950¥1,883,70035.9%

賞金額の推移

 20202019
 優勝€319,652 €560,000
 準優勝€188,030 €280,000
 ベスト4€110,606 €139,000
 ベスト8€65,062 €76,000
 3回戦€38,272 €41,000  
 2回戦€23,920 €22,000
 1回戦€14,950 €11,000

シングルスとダブルスのポイント

結果シングルスダブルス
 優勝20002000
 準優勝13001300
 ベスト4780780
 ベスト8430360
 4回戦240
 3回戦130240
 2回戦70130
 1回戦1010

大会概要

 大会名 ローランギャロス(全仏オープン)
 グレード グランドスラム
 開催場所 フランス・パリ
 開催時期 5月第5週〜6月第1週
 出場選手数シングルス 128人
ダブルス 64ペア
 URL WTAの大会ページ
大会公式サイト

歴代優勝者

 

この投稿をInstagramで見る

 

At last, at long last, @simonahalep is a Grand Slam champion. • • • 📷: Philippe Montigny / FFT #RG18

Roland-Garrosさん(@rolandgarros)がシェアした投稿 –

 優勝 準優勝 ベスト4
2005J・エナンM・ピースN・ペトロバ
E・リホフツェワ
2006J・エナンS・クズネツォワK・クライシュテルス
N・バイディショバ
2007J・エナンA・イバノビッチJ・ヤンコビッチ
M・シャラポワ
2008A・イバノビッチD・サフィーナJ・ヤンコビッチ
S・クズネツォワ
2009S・クズネツォワD・サフィーナS・ストーサー
D・チブルコワ
 2010F・スキアボーネS・ストーサーE・デメンティワ
J・ヤンコビッチ
 2011リー・ナF・スキアボーネM・シャラポワ
M・バルトリ
 2012M・シャラポワS・エラーニS・ストーサー
P・クビトバ
 2013S・ウィリアムズM・シャラポワS・エラーニ
V・アザレンカ
 2014M・シャラポワS・ハレプE・ブシャール
A・ペトコビッチ
 2015S・ウィリアムズL・サファロバT・バシンスキー
A・イバノビッチ
 2016G・ムグルッサS・ウィリアムズS・ストーサー
 K・ベルテンス
 2017J・オスタペンコS・ハレプT・バシンスキー
K・プリスコワ
2018S・ハレプ S・スティーブンスG・ムグルッサ
M・キーズ
2019A・バーティM・ボンドルソバA・アニシモバ
J・コンタ

2005年以降で最も優勝が多いのはエナン選手の3回で、エナン選手は2003年にも優勝しているので計4回の優勝となっています。

その次に多いのはセレナ・ウィリアムズ選手とシャラポワ選手の2回。

しかし2005年〜7年で3連覇を達成したエナン選手を最後に、10年以上連覇を達成できた選手はいません。

特にシャワポワ選手は12年と14年に優勝し、13年も決勝までは進んでいるのであと一歩で連覇達成でした。

次いで成績が良いのは2014年以降、好成績を連発しているハレプ選手で優勝1回と準優勝2回。

2017年にはオスタペンコ選手が20歳という若さでグランドスラム初タイトルも獲得しています。

 

では全仏オープン・女子の獲得賞金やポイント、歴代優勝者については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ