アシュリー・バーティ|使用ラケットや選手情報まとめ

2019年の全仏オープンでグランドスラム初タイトルを獲得、6月には世界ランキング1位にもなったオーストラリアのアシュリー・バーティ(Ashleigh Barty)選手。

この記事ではバーティ選手の簡単なプロフィール、使用しているラケット、ランキングの推移、ツアーでの成績、主な経歴などの選手情報をまとめていきます。

(2019,6,26更新)

プロフィール

年齢23歳
生年月日1996年4月24日
オーストラリア
身長166cm
利き手
趣味読書
ゲーム
釣り

使用しているラケット

ラケット

Head Graphene 360 Speed MP


テニスラケット ヘッド(HEAD) グラフィン 360 スピードエムピー(Graphene 360 SPEED MP) 235218 ※ズベレフ使用モデル ※ヘッドテニスセンサー対応予定
 

【ラケットの主なスペック】

重さ317g
スウィングウェイト318g
ヘッドサイズ100インチ
長さ27インチ
テンション48-57ポンド
フレームの硬さ63
ガットパターン16本×19本

バーティ選手が使用しているラケットはHEADのGrapheneシリーズで「Graphene 360 Speed MP

ラケットカラーは黒と白でシンプルなデザイン。

まず重さは317g、スウィングウェイトも318gと重さ、スウィングウェイト共にそこまで重くなく、扱いやすいです。

次にヘッドサイズは100インチとこちらも一般的サイズ

スイングのしやすさと大きいヘッドサイズからスピンをかけやすく、初級者からでも扱いやすいラケットになっています。

またこのラケットは他に男子ではアレクサンダー・ズベレフ選手、その兄であるミーシャ・ズベレフ選手も使用しており、女子ではアンドレスク選手などが使用しています。

スポンサーリンク

ツアーの成績

キャリアタイトル

キャリアタイトルは5

初タイトルは2017年に20歳で優勝したクアラルンプール(インターナショナル)。

初のビッグタイトルとなったのが22歳で出場した2019年のマイアミオープン(プレミアマンダトリー)。決勝で第5シードのプリスコワ選手に勝利して優勝。

グランドスラムでの初タイトルは23歳で出場した2019年の全仏オープン。決勝ではノーシードから上がってきたボンドルソバ選手に勝利して優勝。

シングルスタイトル5勝
グレード別
グランドスラム1
プレミアマンダトリー1
プレミア1
インターナショナル2
サーフェス別
ハード3
クレー1
グラス1

グランドスラムの成績

全豪オープンハードベスト8
全仏オープンクレー優勝
ウィンブルドングラス3回戦
全米オープンハード4回戦

グランドスラム全体での最高成績は2019年の全仏オープン優勝。

その他、全豪オープンではベスト8進出、全米オープンでも4回戦(ベスト16)進出があります。

プレミアマンダトリーの成績

インディアンウェルズハード4回戦
マイアミハード優勝
マドリードクレーベスト8
北京ハード2回戦

プレミアマンダトリーでの最高成績は2019年のマイアミでの優勝。

マドリードではベスト8進出、インディアンウェルズでも4回戦進出を果たしています。

獲得賞金

キャリア通算の獲得賞金は$5,114,643(約5億6200万円)

1シーズン平均にすると約9300万円になります。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002017年(20歳)
トップ502017年(20歳)
トップ202017年(20歳)
トップ102019年(23歳)
トップ52019年(23歳)
3位2019年(23歳)
2位2019年(23歳)
1位2019年(23歳)
キャリアハイ|12019年(23歳)
ランキングの推移
2012195
2013164
2014218
2015
2016325
201717
201815
スポンサーリンク

主な経歴

2013年にダブルスでグランドスラム3大会で準優勝

もともとはダブルスで大きく活躍をしていたバーティ選手。

2013年だとバーティ選手はまだ17歳くらいと時ですが、この年にデラクア選手と組んで全豪、ウィンブルドン、全米の3つのグランスラムで準優勝。

シングルスではあまり好成績は残せていませんでしたが、ダブルスではすでにトップクラスの実力。

ダブルスランキングも12位まで急上昇させました。

2014年に一度テニス選手としての活動を辞める

バーティ選手は非常に珍しい経歴の持ち主で、2014年にまだテニス選手として活動を初めて間もない頃に一度テニス選手としての活動を辞めてクリケットの選手としての活動をしています。

まだ若かったので少しテニスへのモチベーションが落ちてしまい、違うスポーツにも挑戦したかったという考えがあっても不思議じゃないですよね。

しかし2016年にはテニスへのモチベーションが再び戻り、テニス選手としての活動を再開。

2017年にツアー初タイトル

復帰後2シーズン目となった2017年にクアラルンプールでツアー初タイトルを獲得。

さらにこのシーズンはバーミンガム(プレミア)や武漢(プレミア5)などそれなりに規模の大きな大会でも準優勝。

それに伴いランキングも急上昇させ、2017年シーズン開始時は271位でしたが終了時には17位

グランドスラムで初優勝

2018年も安定した成績を残しトップ20をキープして迎えた2019年。

3月のグランドスラムの次に大きなプレミアマンダトリーに位置するマイアミオープンで、クビトバ選手やプリスコワ選手ら4人のシード選手を破り初のビッグタイトルを獲得。

マイアミ(プレミアマンダトリー)2019 組み合わせや出場選手【女子】

そして第8シードで出場した全仏オープン。

自分より上位の選手とは対戦がありませんでしたが、そのチャンスを見事に掴みグランドスラム初タイトルを獲得

結局大会を通してファーストセットを落とした準決勝のエニシモワ選手との対戦以外ではほとんど危なげなく安定した勝ち上がりを見せての優勝となりました。

全仏オープンの賞金やポイント、歴代優勝者【女子】

世界ランキング1位達成

マイアミオープン後のランキングで初のトップ10入りをしたばかりでしたが、グランドスラムタイトルを獲得した事でさらに大きくランキングを上げ一気に2位まで浮上。

そして全仏オープン後のバーミンガム(プレミア)で優勝した事により1位の大坂なおみ選手を抜いて世界1位に上り詰めました。

【WTA バーミンガム】2019年のドローや結果|ネイチャーバレークラシック

2016年の6月に0ポイントでテニス選手としての活動を再開し、そこからわずか3年で1位まで上り詰めた事になります。

改めて振り返ってみると驚異的な活躍ぶりですね。

 

ではアシュリー・バーティ選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース