マイアミ(プレミアマンダトリー)2019 組み合わせや出場選手【女子】

 

2019年3月20日〜3月31日にかけてアメリカ・フロリダ州・マイアミで行われる女子テニスツアー大会でプレミアマンダトリー「マイアミオープン 2019」の出場選手や組み合わせをまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
プレミアマンダトリー
プレミア5
プレミア
インタナショナル

出場選手一覧

出場選手のランキング、シードについては2月中旬時点のものなので確定ではありません。ドローが発表されたら正式なものに更新します。

本戦に出場する選手一覧です。昨年と同じならドロー数は96なので本戦ストレートインが76人(シード選手は上位32人で1回戦は免除)予選勝ち上がりが12人ワイルドカードが8人になると思われます。

  • 【数字】=シード
  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)

表の選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

NO.選手ランキング
1大坂なおみ【1】
1
2S・ハレプ【2】2
3S・スティーブンス【3】
3
4P・クビトバ【4】
4
5K・プリスコバ【5】
5
6A・ケルバー【6】
6
7E・スビトリーナ【7】
7
8K・ベルテンス【8】
8
9A・サバレンカ【9】
9
10S・ウィリアムズ【10】
10
11A・セバストワ【11】
11
12A・バーティ【12】12
13D・カサキナ【13】13
14C・ウォズニアッキ【14】14
15G・ムグルッサ【15】15
16J・ゲルゲス【16】16
17M・キーズ【17】17
18ワン・チャン【18】18
19C・ガルシア【19】19
20E・メルテンス【20】
20
21A・コンタペイト【21】21
22 E・オスタペンコ【22】22
23D・コリンズ【23】23
24L・ツレンコ【24】
24
25D・ベキッチ【25】25
26C・スアレスナバロ【26】26
27 M・シャラポワ【27】27
28C・ジョルジ【28】28
29 M・ブザルネスク【29】
29
30 D・チブルコワ【30】30
31 シェイ・スーウェイ 【31】 31
32
A・パブリチェンコワ【32】
32
33A・サスノビッチ33
34D・ヤストレムスカ
34
35 V・ウィリアムズ
35
36 P・マルティッチ36
37S・ケニン37
38M・サカーリ38
39ジャン・シューアイ39
40A・トムヤノビッチ40
41 ジェン・サイサイ41
42J・コンタ42
43Y・プティンセバ
43
44 K・シニアコワ44
45B・ベンチッチ
45
46V・クズモバ 46
47D・ガブリロワ
47
48V・アザレンカ
48
49B・ストリコバ
49
50A・バンウィトバンク50
51A・コルネ51
52A・リスク52
53K・フリプケンス
53
54R・ピーターソン54
55P・パルモンティエ
55
56O・ジャバー56
57A・クルニッチ
57
58M・プイグ58
59A・エイニシモバ59
60V・ラプコ
60
61A・シュミドローバ61
62ヤーファン・ワン
62
63T・ジダンセク 63
64E・アレクサンドロワ64
65T・マリア65
66A・ペトコビッチ
66
67K・ムラデノビッチ
67
68B・アンドリースク68
69J・ラーション69
70E・マカロワ
70
71E・ロディナ
71
72I・ペグ 72
73M・リバリコバ73
74S・ストーサー
74
75M・ボンドルソバ81
76
77(WC) 
78(WC) 
79(WC) 
80(WC) 
81(WC) 
82(WC) 
83(WC) 
84(WC) 
85(Q) 
86(Q) 
87(Q) 
88(Q) 
89(Q) 
90(Q) 
91(Q) 
92(Q) 
93(Q) 
94(Q) 
95(Q) 
96(Q) 

シード選手上位8人の情報

【第1シード】大坂なおみ

2つのグランドスラムタイトルを持つ日本の大坂なおみ選手。

今シーズンはブリスベン(プレミア)でベスト4、全豪オープンでは優勝と最高のスタートを切っています。

マイアミでは2016年の3回戦が最高成績ですが、今大会では間違いなく優勝候補の1角となります。

【第2シード】シモナ・ハレプ

元世界1位、ルーマニアのハレプ選手。

今年は全豪でベスト16とそこそこの成績、さらに2月のドーハでも好成績を残しています。

マイアミでは2015年のベスト4が最高成績。

【第3シード】スローン・スティーブンス

昨年のマイアミオープン優勝者、アメリカのスティーブンス選手。

今シーズンは全豪でベスト16以外はそれほど好成績を残せていません。

マイアミでは2018年の優勝が最高成績で、2015年にもベスト8進出があります

【第4シード】ペトラ・クビトバ

ウィンブルドンで2度の優勝を果たしているチェコのクビトバ選手。

今シーズンは1月のシドニー(プレミア・ハード)で優勝、全豪(グランドスラム・ハード)でも準優勝、サンクトペテルブルク(プレミア・ハード)ではベスト8と非常に好調。

マイアミでは2014年のベスト8が最高成績。

【第5シード】カロリーナ・プリスコワ

元世界1位、チェコのプリスコワ選手。

今シーズンはシーズン初戦のブリスベン(プレミア・ハード)で優勝、全豪でもベスト4と好スタート。

マイアミでは2017年のベスト4が最高成績。15年と18年にもベスト8進出があります。

【第6シード】アンゲリク・ケルバー

元世界1位で3つのグランドスラムタイトルを持つドイツのベテラン、ケルバー選手。

今シーズンはシドニー(プレミア・ハード)でベスト8、全豪ではベスト16、ドーハ(プレミア5・ハード)でも好成績を残しています。

マイアミでは2016年のベスト4が最高成績。17年と18年にもベスト8に進出し、16年以降3年連続でベスト8以上に残っています。

【第7シード】エリナ・スビトリーナ

ウクライナの若手で昨年のツアーファイナル優勝者であるスビトリーナ選手。

今シーズンは全豪でベスト8。ドーハ(プレミア・ハード)でも好成績を残しています。

マイアミでは昨年2018年のベスト8が最高成績

【第8シード】キキ・ベルテンス

オランダのベルテンス選手。

今シーズンはサンクトペテルブルク(プレミア・ハード)で優勝、シドニー(プレミア・ハード)でベスト4、ドーハ(プレミア・ハード)でベスト8と好調を維持しています。

マイアミではまだ3回戦以上に進んだ経験はありません。

スポンサーリンク

組み合わせ

組み合わせは発表されたら更新します。(3月18日〜19日頃に発表されると思われます)

1回戦〜3回戦

    
BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
    
BYE
  
 
   
 
BYE  
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
    
BYE 
  
 
   
 
 BYE 
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
BYE  
 
    
 BYE
  
 
   
 
BYE  
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
BYE  
 
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
BYE  
 
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
  
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 
    
 BYE
  
 
   
 
 BYE 
 

【1回戦の注目結果】

【2回戦の注目結果】

【3回戦の注目結果】

4回戦〜決勝

【4回戦の注目結果】

【準々決勝の結果】

【準決勝の結果】

【決勝の結果】

日程・時差・放送予定

アメリカ・フロリダ州・マイアミとの時差は14時間で日本が14時間進んでいます。

そのためテレビやネットのライブ配信で観戦する場合は、深夜から午前中にかけての時間帯です。

【女子シングルスの日程】

日程ラウンド開始時間
現地(日本)
3月20日(水)
1回戦11:00~(翌1:00~)
3月20日(水)
1回戦11:00~(翌1:00~)
3月21日(木)2回戦11:00~(翌1:00~)
3月22日(金)2回戦11:00~(翌1:00~)
3月23日(土)3回戦11:00~(翌1:00~)
3月24日(日)
3回戦11:00~(翌1:00~)
3月25日(月)4回戦
11:00~(翌1:00~)
3月26日(火)準々決勝11:00~(翌1:00~)
3月27日(水)
準々決勝13:00~(翌3:00~)
3月28日(木)準決勝13:00~(翌3:00~)
3月28日(金)
3月30日(土)決勝13:00~(翌3:00~)

DAZN

1回戦から決勝までライブ配信。

スポンサーリンク

2018年大会の組み合わせと結果(準々決勝以降)

V・アザレンカ(WC)V・アザレンカ(WC)
75 63
 S・スティーブンス【13】
36 62 61
 S・スティーブンス【13】
76 61
K・プリスコワ【5】
 S・スティーブンス【13】 S・スティーブンス【13】
61 62
 A・ケルバー【10】
E・オスタペンコ【6】E・オスタペンコ【6】
76 76
E・オスタペンコ【6】
76 63
E・スビトリーナ【4】  
V・ウィリアムズ【8】D・コリンズ(Q)
62 63
D・コリンズ(Q)

昨年は第13シードで出場した地元アメリカのスティーブンス選手が優勝しプレミアマンダトリーでは初のタイトルを獲得。

準優勝は第6シードでラトビアの若手であるオスタペンコ選手。プレミアマンダトリーでは初の決勝進出となりました。

ベスト4の1人目はWC出場で元世界1位、ベラルーシのアザレンカ選手。マイアミでは3度目のベスト4。

もう一人は予選から上がってきた地元アメリカのコリンズ選手。プレミア5以上の大きな大会では初のベスと4進出となりました。

 

ではマイアミオープン 2019の出場選手や組み合わせについては以上です。

 

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス結果
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース