錦織圭の2020年シーズン大会スケジュールと失効ポイントまとめ

この記事では錦織圭選手が2020年の出場大会スケジュールと2019年に獲得して失効するポイントの情報をまとめています。

2019年シーズンの成績や獲得賞金についてはこちら。

スポンサーリンク

出場予定大会一覧

大会名にはそれぞれの大会情報をまとめてあるページへのリンクが貼ってあります。

日程大会名カテゴリー
1月3日〜ATPCUP
1月20日〜全豪オープングランドスラム
2月10日〜ニューヨーク・オープンATP250
2月17日〜デルレイビーチオープンATP250
3月6日~デビスカップ予選デビスカップ
3月12日〜BNPパリバオープンATP1000
3月25日〜マイアミオープンATP1000
4月12日〜ロレックス・モンテカルロ・マスターズATP1000
4月20日〜バルセロナ・オープンATP500
5月3日〜ムチュア・マドリード・オープンATP1000
5月10日〜BNLイタリア国際ATP1000
5月24日〜全仏オープングランドスラム
6月15日〜グラスコート・オープンATP500
6月29日〜ウィンブルドングランドスラム
7月25日〜東京オリンピックオリンピック
8月10日〜ロジャーズカップATP1000
8月16日〜ウエスタン&サザンオープンATP1000
8月31日〜全米オープングランドスラム
10月5日〜楽天ジャパンオープンATP500
10月11日〜ロレックス・上海・マスターズATP1000
10月26日〜エルステ・バンク・オープンATP500
11月2日〜ロレックス・パリ・マスターズATP1000
11月15日〜
Nitto ATP ファイナルズ
ツアーファイナル
11月23日〜デビスカップファイナルズデビスカップ

まだこのスケジュールは暫定ですが、2020年の錦織選手はオリンピックを含め合計21大会、ファイナル出場を決めた場合はファイナルが追加され22大会となります(デビスカップは除く)。

スポンサーリンク

グレードやサーフェスでの内訳

グレード別

グランドスラム|4
マスターズ|9
ATP500|4
ATP250|2
その他|2

大会グレード別で見るとこんな感じです。

昨年との大きな違いは、やはりオリンピックとATPCUPの出場。

ATPCUPは昨年で言うとブリスベン国際(ATP250)に出場していた時期の出場となり、ATPCUPは通常のツアー大会よりも選手に寄りますが、各国NO.1、NO.2の選手は試合数が多くなる可能性が高いため負担は増えます。

オリンピックはドロー数が64なので試合数自体はマスターズと同程度となりますが、母国開催のオリンピックという事でかかってくるプレッシャーも相当なものになりそうです。

また昨年は2月のツアーにATP500のロッテルダム、ドバイを新たに組み込みましたが、2020年はそれまで出場する事が多かったアメリカで開催されるATP250の2大会に戻しています。

サーフェス別

ハード|15
クレー|5
グラス|2

サーフェス別の大会数は昨年から大きな変化はありません。

オリンピックのサーフェスもハードですし、ATPCUPもハードです。

スポンサーリンク

2020年シーズンの失効ポイント

こちらは2019年シーズンに獲得したポイントで、オフィシャルランキングに反映されていて2020年に失効するポイントをまとめています。

大会失効ポイント失効日
ATP250 ブリスベン2502020年1月6日
全豪オープン3602020年1月27日
ATP500 ロッテルダム1802020年2月17日
ATP500 ドバイ452020年3月2日
マスターズ
インディアンウェルズ
452020年3月16日
マスターズ マイアミ102020年4月6日
マスターズ モンテカルロ102020年4月20日
ATP500 バルセロナ1802020年4月27日
マスターズ マドリード902020年5月11日
マスターズ ローマ1802020年5月18日
全仏オープン3602020年6月8日
ウィンブルドン3602020年7月13日
マスターズ カナダ102020年8月10日
マスターズ
シンシナティ
102020年8月17日
全米オープン902020年9月7日

失効ポイントの山場は1月~2月のシーズン始めと5月~7月のクレー・グラスコートシーズン辺り。

2月の半ばまでに800ポイント近くが失効されるため、それまでにある程度のポイントをディフェンドできないと、その後のアメリカのマスターズやクレーシーズンのマスターズでシードを貰えない可能性も少なからず出てきます。

2つ目の山場は全仏、ウィンブルドンあたりの時期で、この2大会分で720ポイントの失効となります。

ディフェンド状況次第では北米ハードコートシーズンのマスターズや全米オープンのシード順にも影響が出る可能性があります。

ただウィンブルドンのポイントが失効される7月13日まで何とかしのぎ切れば、そこからは殆ど失効ポイントが無いので、ランキングを戻せるチャンスです。

では錦織圭の2020年シーズン大会スケジュールと失効ポイントについては以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

その他、錦織圭選手に関する記事はこちら。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース