サンクトペテルブルグ(ATP250)の賞金とポイント【テニス】

9月にロシア・サンクトペテルブルクで開催されるATP250「サンクトペテルブルグオープン」の賞金、ポイント、過去の大会などの情報をまとめていきます。

各ラウンドでの賞金、ポイント

シングルス(2020年)

結果ポイント賞金(ドル)賞金(日本円)前年比
 優勝500$92,870¥9,751,350-55.7%
 準優勝300$75,005¥7,875,525-32.1%
 ベスト4180$53,830¥5,652,150-10.0%
 ベスト890$36,620¥3,845,100+7.5%
 2回戦45$28,905¥3,035,025+43.9%
1回戦0$15,970¥1,676,850+34.3%
 予選突破20
 予選2回戦10$7,275¥763,875+35.9%
予選1回戦0$4,040¥424,200+51.0%

賞金額の推移

 2020年2019年
 優勝$92,870 $209,645
 準優勝$75,005 $110,415
 ベスト4$53,830 $59,810
 ベスト8$36,620 $34,080
 2回戦$28,905 $20,080
 1回戦$15,970 $11,895
 予選勝者
 予選2回戦$7,275 $5,355
 予選1回戦$4,040 $2,675

ダブルス(2020年)

結果ポイント賞金(ユーロ)賞金(日本円)前年比
 優勝500$35,750¥3,753,750-43.9%
 準優勝300$28,410¥2,983,050-15.1%
 ベスト4180$22,410¥2,353,05023.5%
 ベスト890$15,880¥1,667,40053.0%
1回戦0$8,750¥918,75043.9%

大会概要

 大会名 サンクトペテルブルグオープン
 グレード ATP250(ATP500)
 開催場所 ロシア・サンクトペテルブルグ
 開催時期 9月第3週
 ドロー数 S(28)、D(16)
 サーフェス ハード
 URL  ATP公式サイト大会ページ

サンクトペテルブルグオープンは1995年から開催されており、歴代の優勝者にはサフィン選手、マレー選手といった世界ランク1位になった選手もいます。

2020年大会では新型コロナウイルスによるツアー中断でポイントが稼げなかった事を考慮してATP500にグレードが変更。

2005年以降の優勝者と準優勝者

優勝準優勝ベスト4
2005 T・ヨハンソン N・キファーF・ベルダスコ
R・ヴィク
2006 M・アンチッチ T・ヨハンソンE・グルビス
I・クニチュン
2007 A・マレー F・ベルダスコM・ユーズニー
M・チリッチ
2008A・マレー A・ゴルベフF・ベルダスコ
V・ハネスク
2009 S・スタコフスキー H・ゼバロスM・サフィン
I・クニチュン
2010 M・ククシュキン M・ユーズニーI・マルチェンコ
D・ツルスノフ
2011 M・チリッチ J・ティプサレビッチM・ユーズニー
A・ボゴモロフ
2012 M・クーリザン F・フォニーニM・ユーズニー
D・ヒメノトラバー
2013 E・グルビス G・ガルシアロペスM・プラジズニー
 J・ソウザ
2014
2015 M・ラオニッチ J・ソウザR・アグート
D・ティエム
2016 A・ズベレフ S・ワウリンカT・ベルディヒ
R・アグート
2017 D・ズムル  F・フォニーニR・アグート
J・ストルフ
2018D・ティエム M・クーリザンR・アグート
S・ワウリンカ
2019 D・メドベージェフB・チョリッチE・ゲラシモフ
J・ソウザ


赤色はビッグ4、青色は日本人選手

2005年以降だと2007年・2008年にマレー選手が2連覇をして以来、連覇を達成した選手はいません。

優勝した選手を見ても、ビッグサーバーがいたりベースライナーがいたりと、プレースタイルが結構バラバラでどのタイプの選手が有利なサーフェスとかは無いようですね。

近年は地元ロシア勢の優勝が遠のいており、最後にロシアの選手が優勝したのは2004年のユーズニー選手です。ユーズニー選手は2010年にも準優勝を果たしていますが、優勝には至りませんでした。

ただロシアはネクストジェンの台頭が注目されている国で、ルブレフ選手やカチャノフ選手といった今後期待の大きな選手がいるので、近々地元勢の優勝を見ることができるかもしれません。

ではサンクトペテルブルグ(ATP250)の賞金、ポイントについては以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】

テニス情報まとめ