【テニス】S・スタコフスキー|プレースタイルや錦織圭との対戦成績 

今回はウィンブルドンでフェデラー選手に勝ったことでも有名なウクライナのベテラン選手である、セルゲイ・スタコフスキー選手についての情報をまとめていこうと思います。

スタコフスキー選手は、スタコウスキーやスタホフスキーなどと書かれることもありますが、この記事ではスタコフスキーと書くことにしています。

(2018,10,27更新)

プロフィール

年齢32歳
ウクライナ
身長193cm
体重80kg
利き手
バックハンド片手
ラケットHEAD
好きな選手P・ラフター
P・サンプラス
趣味読書
プロ転向2003年(17歳)

タイトル・グランドスラムの成績

タイトル4勝
ATP2504
ハード3
グラス1
プロ転向2003年(17歳)
グランドスラムの最高成績
全豪オープン3回戦
全仏オープン3回戦
ウィンブルドン3回戦
全米オープン3回戦

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイランキングの推移
トップ1002008年(22歳)
トップ502010年(24歳)
キャリアハイ|31位
年末ランキングの推移
2003533
2004335
2005184
2006195
2007199
200892
200960
201046
201162
2012103
201398
201458
201562
2016109
2017122

プレースタイルや強さ

スタコフスキー選手のプレータイルは攻撃型オールラウンダーで、武器は洗練されたネットプレーです。

ダブルスの名手ということもあり、ボレーのスキルが高いです。しかしストロークもなかなかで、特に片手バックハンドのダウンザラインの精度が良いです。

ベテランにもなりややパワーが落ちてきていますが、早めにネットに出てポイントをとったり、ラリー戦ではコースをついてポイントを取ったりしてテクニックでうまく補っています。

フォアハンド6
バックハンド6
サーブ7
リターン6
ボレー7
テクニック7
メンタル6
フットワーク7
攻撃力7
守備力6

総合力|65

2003年に17歳でプロ転向

スタコフスキー選手は17歳でプロに転向します。

その後はしばらくの間下部大会を回ることになります。今までたくさんの選手を紹介してきましたが、このようにプロ転向後しばらくは下部大会で下積みをするというのは多くの選手に共通していますよね。

 

中にはプロ転向直後に3段飛ばしくらいで駆け上がっていく選手もいますけどね 笑

初タイトルとトップ100入り

しかしスタコフスキー選手は下部大会からなかなか抜け出せなかった中、ラッキルーザーで本戦入りしたグレード250の大会で優勝を果たします。

なんと初タイトルがランキング200位くらいの時だったわけです。

そしてそのシーズンではランキングトップ100入りも果たすことに。スタコフスキー選手にとって最初の飛躍となったのが2008年シーズンだったということになります。

2009年終盤から1年間で3つのタイトル獲得

トップ100入りをしてからしばらくはランキングも停滞していたのですが、2009年シーズン終盤頃から一気に飛躍をします。

 

なんと約1年間の間にグレード250の大会の3つで優勝。ここでランキングもキャリアハイの31位を記録します。

 

この時のスタコフスキー選手の勢いはとんでもなかったですね!。

 

その後現在にかけてはタイトルがありませんが、未だにグラスコートでは驚異的なテニスを見せているので今後も気になる選手です。

錦織選手やその他選手との対戦成績

錦織選手との対戦成績

セルゲイ・スタコフキー2勝
錦織圭1勝

スタコフスキー選手と錦織選手の対戦成績は2勝1敗です。

全てのサーフェスで対戦があり、クレー、ハードでは1勝0敗、グラスでは0勝1敗となっています。

グランドスラムの5セットマッチでは1勝1敗。

大会コートスコア
2011全仏オープン
(グランドスラム)
クレースタコフスキー
61 36 63 76
2011パリ
(マスターズ)
ハードスタコフスキー
64 63
2017ウィンブルドン
(グランドスラム)
グラス錦織圭
64 67 61 76

ビッグ4との対戦成績

セルゲイ・スタコフキー1勝
ビッグ411勝

スタコフスキー選手とビッグ4の対戦成績は1勝11敗で勝率は9%です。

勝ったことがあるのはフェデラー選手。

負け越しが多いのはジョコビッチ選手とマレー選手。

トップ選手との対戦成績

セルゲイ・スタコフキー5勝
トップ選手31勝

スタコフスキー選手とトップ選手(キャリアハイが5位以上)の対戦成績は5勝31敗で勝率は13%です。

対戦成績が良いのは錦織選手とティエム選手。

悪いのはベルディヒ選手、チリッチ選手、ツォンガ選手。

ではスタコフスキー選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 


 

こちらも合わせてどうぞ。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込