マディソン・キーズ|使用ラケットやウェア、ランキングの推移

2017年の全米オープンで準優勝を果たしたアメリカのマディソン・キーズ選手(Madison Keys)

この記事ではキーズ選手のプロフィール、使用しているラケットやウェア、ランキングの推移、ツアーでの成績をまとめていきます。

(2019,9,15更新)

プロフィール

年齢24歳
生年月日1995年2月17日
アメリカ
身長178cm
利き手
コーチジム・マドリガル

使用しているラケットやウェア

ラケット

Wilson Ultra Tour

 


Wilson 2018 Ultra ツアー 97 テニス Racquet – STRUNG (4-3/8) (海外取寄せ品)
 

【ラケットの主なスペック】

重さ323g
スウィングウェイト319g
ヘッドサイズ97インチ
推奨テンション50-60ポンド
フレームの硬さ63
ガットパターン18本×20本

キーズ選手が使用しているラケットはWilsonの「Ultra Tour

キャリア初期からウィルソンのラケットを使用。

ULTRA TOURシリーズが誕生する前はBLADEシリーズのラケットを使用していました。

ウェア

 

キーズ選手が2019年時点で使用しているウェアはNIKE

こちらもラケットと同様にキャリア初期頃からNIKEを着用。

日差しが強いときはサンバイザーを着用することが多いですが、たまに帽子も使用。

またリストバンドは以前はあまり付けていませんでしたが、最近は聞き手である右手につけていることが多いです。

ツアーでの成績

キャリアタイトル

キャリアタイトルは5勝

初タイトルは2014年に19歳で優勝したイーストボーン(プレミア)。

その後2019年にはプレミア5のシンシナティで初のビッグタイトルを獲得しています。

シングルスタイトル5勝
グレード別
グランドスラム0
プレミアマンダトリー0
プレミア51
プレミア4
インターナショナル0
サーフェス別
ハード2
クレー1
グラス2

グランドスラムの成績

全豪オープンベスト4
全仏オープンベスト4
ウィンブルドンベスト8
全米オープン準優勝

グランドスラムの最高成績は準優勝

2017年の全米オープンで初のグランドスラム決勝に進出。

他の3大会でもすべてでベスト8以上の成績を残しています。

プレミアマンダトリーの成績

インディアンウェルズベスト16
マイアミベスト8
マドリード2回戦
北京ベスト4

プレミアマンダトリーでの最高成績はベスト4

グランドスラムでの成績と比べるとこちらのほうが下ですが、それでも2016年の北京ではベスト4入りを果たしています。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002013年(18歳)
トップ502013年(18歳)
トップ202015年(20歳)
トップ102016年(21歳)
キャリアハイ|72016年(21歳)
ランキングの推移
2009621
2010483
2011315
2012419
201337
201431
201518
20168
201719
201817

主な経歴

2013年に大きくランクアップ

ランキング135位でスタートした2013年シーズンでしたが、年初のシドニー(プレミア)で予選から勝ち上がりツアー初のベスト8進出。

さらにチャールストン(プレミア)、バーミンガム(プレミア)でもベスト8進出、ツアー終盤に出場した東京(インターナショナル)ではベスト4入りも果たしこのシーズンの年末ランキングは38位。

トップ100入りどころかトップ50入りも一気に果たす飛躍のシーズンになりました。

2016年にトップ10入り

2014年に初タイトルを獲得し、その後トップ30にも定着し迎えた2016年シーズン。

このシーズンはタイトルこそバーミンガム(プレミア)の1つだけでしたが、シーズンを通して安定して好成績を残し初のトップ10入り。

グランドスラムでは4大会すべてでベスト16入り、プレミア5のローマとカナダでは準優勝、プレミアマンダトリーの北京ではベスト4などツアー全体でみると8大会でベスト8以上の成績を残しました。

2017年に全米オープンで準優勝

2016年終盤に左手首の怪我で手術が必要になり、2017年は最初の2か月はツアーに出場することができず、3月頃に復帰。

怪我からの復帰シーズンで、早期敗退も多かったですが、それでもインディアンウェルズ(プレミアマンダトリー)ではベスト16、スタンフォード(プレミア)で優勝と調子も上げていきます。

そして全米オープン、4回戦では上位シードで4シードのスビトリーナ選手にフルセットで勝利し全米オープンでは初のベスト8進出。

準々決勝では予選上がりのカネピ選手、準決勝では20シードのバンダウェイ選手にそれぞれストレートで勝利。

決勝では同じアメリカのスティーブンス選手に敗れましたがグランドスラム初の準優勝を達成。

 

ではマディソン・キーズ選手のラケットやウェア、ランキングの推移については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース