シンシナティ(マスターズ)の賞金・ポイント

こんにちは、ケイです。今回はアメリカ・シンシナティで開催されるマスターズ(ATP1000)大会である「ウエスタン&サザンオープン」の賞金や獲得できるポイント、歴代優勝者などの情報をまとめていきます。

【男子のツアー大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

ウエスタン&サザンオープンの賞金とポイント

賞金総額

2019年大会の賞金総額は$6,735,690(約7億2000万円)

昨年かのアップ率は6.3%となり、2018年の時ほど上がっていません。

【過去数年間の推移】

2019$6,735,690¥720,718,830+6.3%
2018$6,335,970¥677,948,790+12.6%
2017$5,627,305¥602,121,635

シングルス

結果 ポイント 賞金(ドル)賞金(日本円)
 優勝 1000$1,114,225¥119,222,075
 準優勝 600$564,005¥60,348,535
 ベスト4 360$289,290¥30,954,030
 ベスト8 180$149,100¥15,953,700
 ベスト16 90$74,695¥7,992,365
 2回戦 45$39,120¥4,185,840
 1回戦 10$22,045¥2,358,815
 予選勝者 25 –
 予選2回戦 16$8,435¥902,545
 予選1回戦 0$4,220¥451,540

ウエスタン&サザンオープンのシングルス優勝賞金はマスターズ9大会の中で8番目の賞金額となっています。

マスターズのシングルス優勝賞金の平均は約1億3200万円なので、平均からも1000万円以上低くなっています。

【シングルスの賞金額推移】

2017年2018年
2019年
優勝 $954,225 $1,088,450
+4.1%
 $1,114,225+2.4%
ベスト8 $119,740
$136,580
+4.1%
$149,100 +9.2%
1回戦$17,700$20,190
+4.1%
$22,045 +9.2%
予選1回戦 $2,075
 $2,370
+4.2%
$4,220
+78.1%

2018年は全体的に一律4%程度のアップだったのに対し、2019年は予選の賞金額が大きく増加

その反面優勝賞金のアップ率は2.4%と低め。

1回戦やベスト8の賞金は9%以上と昨年より上昇幅は大きい。

ダブルス

結果 ポイント 賞金(ドル)賞金(日本円)
 優勝 1000$331,300¥35,449,100
 準優勝 600$161,680¥17,299,760
 ベスト4 360$81,040¥8,671,280
 ベスト8 180$41,280¥4,416,960
 ベスト16 90$21,780¥2,330,460
 1回戦 0$11,660¥1,247,620

大会概要

 大会名 ウエスタン&サザンオープン
 グレード ATP1000(マスターズ)
 開催場所 アメリカ・シンシナティ
 開催時期 8月・第3週
 出場選手数シングルス 56人
ダブルス 24ペア
 サーフェス ハード
 URL  ATP公式サイト大会ページ
 大会公式サイト

ウエスタン&サザンオープンは全米オープンの前哨戦として開催されるマスターズ2連戦のうちの1つ。

前週のロジャーズカップに続いて開催されます。

サーフェスは全米オープンと同じコートを使用。

【過去の結果】

ウエスタン&サザンオープン2017 結果

ウエスタン&サザンオープン2018 結果

スポンサーリンク

歴代優勝者と上位成績者

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005 R・フェデラー A・ロディック L・ヒューイット
R・ジネプリ
 2006 A・ロディック J・フェレーロ F・ゴンザレス
T・ロブレド
 2007 R・フェデラー J・ブレイク L・ヒューイット
N・ダビデンコ
 2008 A・マレー N・ジョコビッチ R・ナダル
 I・カルロビッチ
 2009 R・フェデラー N・ジョコビッチ R・ナダル
A・マレー
 2010 R・フェデラー M・フィッシュ A・ロディック
 M・バグダティス
 2011 A・マレー N・ジョコビッチ M・フィッシュ
T・ベルディヒ
 2012 R・フェデラー N・ジョコビッチ J・デルポトロ
S・ワウリンカ
 2013 R・ナダル J・イズナー T・ベルディヒ
 J・デルポトロ
 2014 R・フェデラー D・フェレール M・ラオニッチ
J・ベネトー
 2015 R・フェデラー N・ジョコビッチ A・マレー
A・ドルゴポロフ
 2016 M・チリッチ A・マレー M・ラオニッチ
G・ディミトロフ
 2017 G・ディミトロフ N・キリオス J・イズナー
D・フェレール
 2018 N・ジョコビッチ R・フェデラー M・チリッチ
 D・ゴファン

※赤色はビッグ4

ウエスタン&サザンオープンではフェデラー選手が圧倒的な強さを誇っていますね。

次いでビッグ4ではマレー選手が2度の優勝ナダル選手、ジョコビッチ選手が1度優勝となっています。

そしてジョコビッチ選手は2018年にこの大会を優勝したことにより史上初のゴールデンマスターズを達成。

しかし2016年には10年ぶりにチリッチ選手がビッグ4以外で優勝を果たし、2017年には11年ぶりにビッグ4が誰もベスト4に残らない大会となりディミトロフ選手が優勝を果たしました。

徐々に男子テニスも世代が変わり始めているのかもしれません。

地元アメリカ勢ではイズナー選手が準優勝1回とベスト4が1回という成績になっていますが、2006年にロディック選手が優勝して以来アメリカ勢のタイトル獲得は遠ざかっています。

アメリカは有望な若手も多くなってきているので今後に期待ですね。

 

ではウエスタン&サザン・オープンの獲得賞金やポイント、過去大会の結果についてまとめてみました。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ)の関連記事はこちら。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス大会
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース