シドニー国際の賞金、ポイント、歴代優勝者(ATP250+プレミア)

 

今回は1月にオーストラリア・シドニーで開催される「シドニー国際」で獲得できるポイント、歴代優勝者などの大会概要をまとめていきます。

この大会は男女共催で男子はATP250、女子はプレミアのグレードになります。

 

【大会のグレード】

男子

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250
女子
グランドスラム
プレミアマンダトリー
プレミア5
プレミア
インタナショナル
WTA125

各ラウンドでのポイント

男子シングルス

結果  ポイント  賞金
優勝 250 $83,650(約910万円)
準優勝 150 $44,055(約480万円)
ベスト4 90 $23,865(約260万円)
ベスト8 45 $13,595(約140万円)
2回戦 20 $8,010(約88万円)
1回戦 0 $4,745(約52万円)
 予選勝者  12  
 予選2回戦  6 $2,135(約23万円)
 予選1回戦  0 $1,070(約11万円)

シングルスの優勝賞金は約910万円でATP250大会の中ではかなり低めの賞金設定となっています。

優勝賞金額の推移

2015年|$80,000(約880万円)
2016年|$72,000(約790万円)
2017年|$77,980(約850万円)
2018年|$83,650(約910万円)

賞金額は前年度比で約7%アップとなっており、優勝賞金でいうと日本円にして約60万円ほど上がっています。

4年前からの推移をみると2016年に一度大きく賞金額が下がり、その後は年々上がってきています。

男子ダブルス

結果  ポイント  賞金
優勝 250 $25,410(約275万円)
準優勝 150 $13,360(約143万円)
ベスト4 90 $7,240(約79万円)
ベスト8 45 $4,140(約45万円)
1回戦 0 $2,430(約26万円)

女子シングルス

結果  ポイント  賞金
優勝 470 $137,125(約1500万円)
準優勝 305 $73,201(約800万円)
ベスト4 185 $39,132(約420万円)
ベスト8 100 $20,970(約220万円)
2回戦 55 $11,245(約120万円)
1回戦 1 $6,140(約67万円)
 予選勝者  25  
 予選3回戦  18 $3,210(約35万円)
 予選2回戦  13 $1,705(約18万円)
 予選1回戦  1 $945(約10万円)

優勝賞金額の推移

2015年|$124,000(約1360万円)
2016年|$128,800(約1410万円)
2017年|$132,740(約1460万円)
2018年|$137,125(約1500万円)

賞金額は前年度比で約3%アップとなっており日本円にして約40万円ほど上がっています。

4年前からの推移をみてもほぼ一定の割合で年々上昇しています。

女子ダブルス

結果  ポイント  賞金
優勝 470 $42,850(約460万円)
準優勝 305 $22,900(約240万円)
ベスト4 185 $12,510(約130万円)
ベスト8 100 $6,365(約69万円)
1回戦 1 $3,460(約37万円)

大会概要

 大会名 シドニー国際
 グレード
男子|ATP250
女子|プレミア
 開催場所 オーストラリア・シドニー
 開催時期 1月・第2週
 サーフェス ハード
 参加数 男子|シングルス(28)・ダブルス(16)
女子|
シングルス(32)・ダブルス(16)
 賞金総額
男子|$528,910(約5810万円)
女子|
$823,000(約9050万円)
 URL 

シドニー国際は1935年から男女共催でずっと続いているかなり歴史のある大会です。

開催地のシドニーはオーストラリア南東部に位置するニューサウズウェールズ州の州都で世界的な大都市です。人口も500万人を超えています。

大会会場は「NSWテニスセンター」。

スポンサーリンク

歴代優勝者と上位成績者

一部の選手名には各選手の詳細情報がまとめてあるページへのリンクが貼ってあります。

男子

 優勝  準優勝  ベスト4
2010 M・バグダティス R・ガスケ M・フィッシュ
J・ベネトー
2011 G・シモン V・トロイツキ E・グルビス
F・マイヤー
2012 J・ニーミネン J・ベネトー D・イストミン
M・バグダティス
2013 B・トミック
K・アンダーソン A・セッピ 
J・ベネトー
2014 J・デルポトロ B・トミック D・ツルスノフ
S・スタコフスキー
2015 V・トロイツキ
M・ククシュキン G・ミュラー
 L・メイヤー
2016 V・トロイツキ G・ディミトロフ T・ガバシビリ
G・ミュラー
2017 G・ミュラー D・エバンズ V・トロイツキ
A・クズネツォフ
2018 D・メドベデフ A・デミノー
F・フォニーニ
B・ペール

 

現役選手で最も優勝回数が多いのは元世界12位でセルビアのトロイツキ選手が2回。2015年、16年で2連覇を達成、その他11年に準優勝、17年にもベスト4に進出しています。

次に成績がいいのはルクセンブルクのミュラー選手で17年に優勝、15年と16年にベスト4があります。

地元オーストラリア勢の活躍はトミック選手が13年に優勝を果たし、14年に準優勝もしています。さらに期待の若手であるデミノー選手が18年に準優勝。

女子

 優勝  準優勝  ベスト4
2010 E・ディメンティワ S・ウィリアムズ V・アザレンカ
A・レザイ
2011 リー・ナ K・クリスターズ B・ヨバノフスキー
A・クレイバノワ
2012 V・アザレンカ
リー・ナ
A・ラドバンスカ
P・クビトバ
2013 A・ラドワンスカ D・チブルコワ リー・ナ
A・ケルバー
2014 T・ピロンコワ A・ケルバー P・クビトバ
M・キーズ
2015 P・クビトバ
K・プリスコワ T・ピロンコワ
A・ケルバー
2016 S・クズネツォワ M・プイグ S・ハレプ
B・ベンチッチ
2017 J・コンタ A・ラドワンスカ E・ボウチャード
B・ストリコワ
2018 A・ケルバー A・バーティ
C・ジョルジ
D・ガブリロワ

女子では2010年以降で2回以上優勝を果たした選手はいません。

成績がいいのはケルバー選手とラドワンスカ選手。

ケルバー選手は18年に優勝、14年に準優勝、13年・15年にベスト4があります。ラドワンスカ選手は13年に優勝、17年に準優勝、12年にベスト4となっています。

地元オーストラリア勢の優勝は2005年にモリク選手が優勝を果たして以来ありません。

 

ではシドニー国際で獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 


合わせてどうぞ。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

 

 

スポンサーリンク

テニス, 大会

Posted by ケイ