ASBクラシックのポイントと賞金(ATP250・オークランド)

 

こんにちは、ケイです。今回は1月にニュージーランド・オークランドで男女共催で開催されるATP250+インターナショナルの「ASBクラシック」で獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者などの大会概要をまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250
グランドスラム
プレミア・マンダトリー
プレミア5
プレミア
インターナショナル

各ラウンドでの賞金とポイント

男子シングルス

結果 ポイント 賞金
優勝250 $90,990(約1000万円)
準優勝150 $49,205(約530万円)
ベスト490 $27,175(約290万円)
ベスト845 $15,435(約160万円)
2回戦20 $8,880(約96万円)
1回戦0 $5,320(約58万円)
 予選勝者 12 
 予選2回戦 6 $2,575(約27万円)
 予選1回戦 0 $1,145(約12万円)

シングルスの優勝賞金は約1000万円です。ATP250の中ではやや低めの賞金設定です。

(2018年時点でのATP250大会優勝賞金の平均は約1100万円ほど)

優勝賞金額の推移

2015年|$84,500(約920万円)
2016年|$82,450(約900万円)
2017年|$80,250(約880万円)
2018年|$89,435(約980万円)
2019年|$90,990(約1000万円)

優勝賞金額は前年度比で約2%アップで日本円で20万円ほどアップ。

2015年以降からの推移を見ると17年にここ数年で最も低くなりそこから18年は一気に賞金が増額となりました。

男子ダブルス

結果 ポイント 賞金
優勝250 $29,860(約310万円)
準優勝150 $15,300(約160万円)
ベスト490 $8,290(約90万円)
ベスト845 $4,740(約51万円)
1回戦0 $2,780(約29万円)

女子シングルス

結果 ポイント 賞金
優勝280 $43,000(約470万円)
準優勝180 $21,400(約230万円)
ベスト4110 $11,300(約120万円)
ベスト860 $5,900(約64万円)
2回戦30 $3,210(約35万円)
1回戦1 $1,925(約20万円)
 予選勝者 18 
 予選3回戦 14 $1,005(約10万円)
 予選2回戦 10 $730(約8万円)
 予選1回戦 1 $530(約5万円)

女子の方は男子と比べるとかなり低い賞金になっています。

大会の格付けとしてはインターナショナルなので男子でいえばATP250に相当するグレードですが、賞金には倍くらいの差がついています。

女子ダブルス

結果 ポイント 賞金
優勝280 $12,300(約132万円)
準優勝180 $6,400(約70万円)
ベスト4110 $3,435(約37万円)
ベスト860 $1,820(約19万円)
1回戦1 $960(約10万円)

大会概要

 大会名 ASBクラシック
 グレード
男子|ATP250
女子|インターナショナル
 開催場所ニュージーランド・オークランド
 開催時期 1月・第1週
 サーフェスハード
 賞金総額
男子|$,561,345(約6100万円)
女子|$,250,000(約2700万円)
 URL 

ASBクラシックは男子は1956年から開催されているかなり歴史の長い大会です。

とは言ってもASBクラシックは女子の大会で、男子はハイネケンオープンとして長く開催されてきて、2016年に女子と統合されました。

開催地であるオークランドはニュージーランドの中でもっとも人口が多く100万人以上の大都市で、現在はウェリントンが首都ですが、以前はこのオークランドがニュージランドの首都でした。

スポンサーリンク

歴代優勝者と上位成績者

男子

 優勝 準優勝 ベスト4
 2005 F・ゴンザレスO・ロックスJ・チェラ
J・ヘンリク
 2006J・ニーミネン M・アンチッチO・ロックス
S・ワウリンカ
 2007D・フェレールT・ロブレド M・フィッシュ
A・カレーリ
 2008P・コールシュライバー J・フェレーロ J・モナコ
J・ベネトー
 2009J・デルポトロS・クエリーR・ソダーリング
D・フェレール
 2010J・イズナー A・クレメントA・モンタネス
P・コールシュライバー
 2011D・フェレール D・ナルバンディアン S・ヒラルド
N・アルマグロ
 2012 D・フェレールO・ロックスF・ベルダスコ
P・コールシュライバー
 2013 D・フェレールP・コールシュライバーG・モンフィス
S・クエリー
 2014J・イズナールー・イェンスンR・アグート
D・フェレール
 2015J・ベセリA・マナリノ
K・アンダーソン
L・プイユ
 2016R・アグートJ・ソックJ・ツォンガ
 D・フェレール
2017 J・ソックJ・ソウザS・ジョンソン
M・バグダティス
2018R・アグート
J・デルポトロ
R・ハーセ
 D・フェレール

 

この大会一番多く優勝しているのはフェレール選手。過去に4度の優勝があり2011年から2013年まで3連覇も達成しています。またその他にも4度ベスト4にも進出しており、かなり高い確率で好成績を残していますね。

次に優勝が多いのはイズナー選手とアグート選手の2回。この二人は2014年大会の準決勝で対戦していますが、その時はイズナー選手が勝利しています。

あとはコールシュライバー選手も優勝1回、準優勝1回、ベスト4が2回と好成績を残しています。

女子

 優勝 準優勝 ベスト4
 2010Y・ウィックマイヤーF・ペンネッタS・ピア
F・スキアボーネ
 2011G・アランY・ウィックマイヤーJ・ゲルゲス
S・ピング
 2012ジェン・ジーF・ペンネッタS・クズネツォワ
A・ケルバー
2013A・ラドワンスカY・ウィックマイヤー
J・ハンプトン
M・バーチェル
 2014A・イバノビッチV・ウィリアムズK・フリプケンス
J・ハンプトン
 2015V・ウィリアムズC・ウォズニアッキL・デイビス
B・ストリコワ
 2016S・スティーブンスJ・ゲルゲス
C・ウォズニアッキ
T・パチェック
 2017L・デイビスA・コニュJ・オスタペンコ
J・ゲルゲス
2018J・ゲルゲスC・ウォズニアッキシェイ・スーウェイ
S・ヴィッカリー

女子では2010年以降で複数回優勝した選手はいません

上位進出が多いのはウィックマイヤー選手で、優勝1回と準優勝が2回。次いでゲルゲス選手が優勝、準優勝が1回ずつとベスト4が2回となっています。

最近では日本人選手の活躍はありません。

ではASBクラシックで獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

 

 

テニス大会
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース