ストルフ選手の使用しているラケット・シューズ・ウェア

ドイツのヤン・レナード・ストルフ選手が使用しているラケットやウェア、シューズなどの情報についてまとめていきます。

2020年時点でストルフ選手が使用しているメーカー。

ラケット|HEAD
シューズ|DIADRA
ウェア |DIADRA

ラケット

Head Graphene 360 Extereme Pro


19日20時から5時間限定クーポン】ヘッド(HEAD) 2019 グラフィン360 エクストリームPRO (310g) 海外正規品 硬式テニスラケット 236108(18y11m)[NC][次回使えるクーポンプレゼント]

【市販されているモデルのスペック】

重さ329g
スウィングウェイト331g
ヘッドサイズ100
ガットパターン16本×19本

ストルフ選手が使用しているラケットはHeadの「Graphene 360 Extreme」シリーズ。

パワーとスピン性能が高めのラケット。

2018年シーズンまではBABOLAT(バボラ)のPURE DRIVEを使用していましたが、2019年シーズンからHEADに変更。

シューズ

DIADORA SPEED BLUSHIELD


【テニス シューズ ディアドラ】 SPEED BLUSHIELD 3 SG/スピード・ブルーシールド 3 SG/ユニセックス(174441)オムニクレー用
 
現在のウェアはDIADORAの「SPEED BLUSHIELD」シリーズ

以前はNIKEのシューズを使用していましたが、2018年にDIADORAへ変更。

ウェア

 
ストルフ選手が使用しているウェアはシューズと同じDIADORA

2018年まではドクロマークが特徴のハイドロゲンのウェアを着用していましたが、2019年シーズンから変更。

試合の時は帽子を被り、両手にリストバンドを着けるのが基本的なスタイル。

 

ではストルフ選手のラケット・シューズ・ウェアについては以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ