ダニエル太郎|プレースタイルやランキング【テニス】

こんにちは~ケイです。今回は最近ついにトップ100入りも果たし、どんどん力をつけてきている日本の若手選手であるダニエル太郎選手についてのプレースタイルやランキング、ビッグ4との対戦成績などをまとめていこうと思います。

(2019,1,8更新)

プロフィール

年齢 25歳
 日本
身長 191cm
体重 76kg
ウェア ローチェ
ラケット バボラ・ピュアドライブ
利き手 右
バックハンド 両手
プロ転向 2010年(17歳)
好きなショット バック
好きなコート ハード、クレー
好きな大会 グランドスラム
憧れだった選手ロジャー・フェデラー
アンディ・ロディック
趣味音楽鑑賞、卓球、映画鑑賞
コーチ 高田充
Gustavo Marcaccio
ATP公式サイト 選手ページ

【ダニエル太郎選手のインスタ】

 

View this post on Instagram

 

Proper picture this time #istanbul #atp

Taro Danielさん(@tarodaniel)がシェアした投稿 –

タイトル

ダニエル太郎選手のキャリアタイトルは1勝

2018年・5月にイスタンブール(ATP250)で初のツアータイトルを獲得。25歳での初タイトル獲得で、決勝はチュニジアのマレク・ジャジリ選手に勝利して優勝を果たしました。

 

キャリアタイトル
1勝
グレード別
ATP2501
サーフェス別
ハード0
クレー1
グラス0
スポンサーリンク

グランドスラム・マスターズの最高成績

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン 1回戦 ハード
 全仏オープン 2回戦 クレー
 ウィンブルドン 1回戦 グラス
 全米オープン 2回戦 ハード

グランドスラムでは2016年の全仏、2017年の全米で2回戦に進出したのが最高成績となっています。

クレーでの成績が非常に良いので全仏での上位進出に期待がかかりますね。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ3回戦 ハード
 マイアミ予選2回戦 ハード 
 モンテカルロ2回戦 クレー
 マドリード クレー
 ローマ予選1回戦 クレー
 カナダ – ハード
 シンシナティ予選1回戦 ハード
 上海予選2回戦 ハード
 パリ予選1回戦 ハード

マスターズでの最高成績は2018年インディアンウェルズでの3回戦進出。この時予選から勝ち上がり、2回戦ではジョコビッチ選手に勝利して3回戦進出を果たしました。

ランキングの推移

 キャリアハイの推移
 トップ100 2015年(22歳)
 キャリアハ|64 2018年(25歳) 
年末ランキングの推移
2010978
2011466
2012282
2013238
2014177
201596
2016127
201799
201877
スポンサーリンク

動画

プレースタイル

ダニエル選手のプレースタイルは守備型ベースライナーで、武器は安定感のあるストロークです。

特にストロークの安定感は凄まじく、今ポイントは守る!と決めたらひたすらミスをしないように相手のコートへボールを返していきます。

少し前までは守備力は定評がありましたが攻撃力があまりなくそこが弱点と言われていました。

しかし最近は攻撃する時のボールの精度も上がってきてウィナーを取れる事も多くなり、サーブ力も向上してきており、以前ではほとんど無かった200kmを超えるようなサーブも多くなってきています。

フォアハンド7
バックハンド8
サーブ7
リターン7
ボレー7
テクニック7
メンタル8
フットワーク8
攻撃力7
守備力8
総合力74

各シーズンの主な成績と獲得賞金

2010年〜2013年

  • フューチャーズを中心に出場。2013年には初めてチャレンジャーで準優勝を果たす。
  • ランキングも200位台前半まで上昇。

2014年

公式ツアー戦績|2勝7敗
獲得賞金|約12万ドル
  • チリのATP250でツアー初の本戦入りながらベスト8まで進出。この時ダニエル選手はランキング226位で予選からの勝ちあがり。
  • 全米オープンで予選を突破し、グランドスラムの本戦初出場。1回戦で当時6位のラオニッチ選手に敗れる。

2015年

公式ツアー戦績|2勝6敗
獲得賞金|約13万ドル
  • チャレンジャーで3つのタイトルを獲得。
  • 全仏オープンでも予選を突破し、本戦に出場する。
  • 初のトップ100入りも果たす。

2016年

公式ツアー戦績|10勝16敗
獲得賞金|約26万ドル
  • リオ五輪で3回戦まで勝ちがる。1回戦では当時16位のソック選手を破り、3回戦ではデルポトロ選手とフルセットの接戦で惜しくも敗退。
  • 全豪、ウィンブルドンでも本戦に出場しグランドスラム全てで本戦を経験。全仏では初勝利をあげ2回戦に進出。

2017年

公式ツアー戦績|4勝10敗
獲得賞金|約33万ドル
  • 全仏と全米で2回戦に進出。全米では当時1位のナダル選手相手に第1セットを先取するも、その後逆転されて敗退。
  • ポルトガル・エストリルのATP250でベスト8に進出。

2018年

公式ツアー戦績|17勝18敗
獲得賞金|約48万ドル(約5200万円)
タイトル|1
  • アメリカ・インディアンウェルズのマスターズで元世界ランク1位でこの時13位だったジョコビッチ選手に勝利する大金星。3回戦まで勝ち進む。
  • トルコ・イスタンブールのATP250でギリギリで本戦にストレートインからツアー初タイトルを獲得。日本人選手4人目の快挙達成。

主な経歴

2014年のデビスカップワールドグループ準々決勝で初の日本代表に選出

この時のダニエル太郎選手が日本代表に選ばれたときは結構驚きました。

僕自身その時までは名前を知っていたくらいでそこまで顔も見たことはなかったですしあまり話題にもなっていなかったので情報が少なかったです。

なぜこの時ダニエル太郎選手が選ばれたのかというと、まず錦織選手の欠場、そして試合の数日前に添田選手が体調不良で試合に出られなくなり、急遽招集されたという感じです。

もともとはこの時日本に試合をしに来る予定はなかったんですね。

当時は確かランキングは200位前後くらいだったと思います。

おそらくチャレンジャー大会での優勝もあったかどうかというくらい無名でしたが、その年の2月にチリで行われたATP250の大会でランキング200前後ながらベスト8まで勝ち進んだこともあり、日本代表に選出されました。

試合自体は当時世界ランク40位くらいのロソル選手にフルセットで負けてしまったんですが、あの時の2セットダウンからの脅威の追い上げは今でも強く印象に残っています。

2015年ついにトップ100へ

2015年には複数のチャレンジャー大会で優勝し、ATPツアーでも勝利回数が増えたことでついにTOP100入りを達成しました。

チャレンジャー中心からツアー中心に変更したことで、自分より強い選手と試合をする機会を多く得られたことがこの結果にもつながっていると思います。

それに4大大会でも予選を突破し本選に出場する機会も増え、大舞台での試合の経験も着実に積んでいけています。

初のツアータイトル獲得とジョコビッチ選手からの勝利

2018年・3月のインディアンウェルズ(マスターズ)で予選を勝ち上がり、1回戦は同じく予選上がりでイギリスのネクストジェンであるキャメロン・ノーリー選手にフルセットで勝利。

そして続く2回戦では怪我からの復帰して間もないジョコビッチ選手と対戦し、フルセットの激闘で勝利。いくら怪我明けとはいえあのジョコビッチ選手を撃破したのは非常に大きな話題になりました。

同年の5月にはトルコ・イスタンブールで行われたATP250でツアー初のタイトルを獲得。

これは日本人では松岡選手、錦織選手、杉田選手に次ぐ四人目の偉業となりました。

錦織圭との対戦成績

ダニエル太郎(0勝)
錦織圭(0勝)

ダニエル選手の錦織選手との対戦はまだありません。

【過去の対戦】

大会勝者スコア

ビッグ4との対戦成績

ダニエル太郎(1勝)
ビッグ4(2勝)

ダニエル選手から見てビッグ4との対戦成績は1勝2敗(勝率33%)

ジョコビッチ選手から1度勝利。

ナダル選手、マレー選手に1敗ずつしています。

R・フェデラー0勝0敗-%
R・ナダル0勝1敗0%
N・ジョコビッチ1勝0敗100%
A・マレー0勝1敗0%

トップ選手との対戦成績

ダニエル太郎(0勝)
トップ選手(6勝)

ダニエル選手から見てトップ選手との対戦成績は0勝6敗(勝率0%)

まだトップ選手からの勝利はなく、ラオニッチ選手からは2敗しています。

 

 

ではダニエル太郎選手のプレースタイル、ランキング、ビッグ4との対戦成績については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース