フェデラーのグランドスラムでの戦績振り返り。その驚異的な成績とは

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

20年以上にわたって男子テニス界を引っ張ってきた存在であったロジャー・フェデラー選手。

そしてフェデラー選手は現時点(2023年)で歴代3番目に多くグランドスラムタイトルを獲得した選手です。

この記事では、フェデラー選手が過去に獲得したグランドスラムタイトル数やグランドスラムでの成績についてまとめていきます。

スポンサーリンク

フェデラー選手のグランドスラム優勝

キャリア通算のグランドスラム優勝回数は20回

フェデラー選手がグランドスラムで優勝した回数は20回

こちらは2023年時点でナダル選手、ジョコビッチ選手に次ぎ歴代で3番目に多いグランドスラムの優勝回数となっています。

そして特にその中でも優勝回数が多かったのはウィンブルドンです。

その優勝回数は8回となっており、これは現時点で歴代1位の優勝回数となっています。

全豪オープン6回2004,06,07,10,17,18
全仏オープン1回2009
ウィンブルドン8回2003,04,05,06,07,09,12,17
全米オープン5回2004,05,06,07,08
男子テニスで歴代の世界ランク1位でも特に凄かった年間王者を調べてみた
テニスで現行のATPポイントによるランキングシステムが始まってもうかなり長いです。 という事はそれだけの年間王者が誕生してきたという事になります。 そこで今回は2000年以降でそのシーズンランキング1位を獲得した年間王者の中でも特にポイント...

グランドスラムの初優勝は2003年のウィンブルドン

グランドスラムで初めて優勝したのは2003年のウィンブルドンです。

当時は21歳でまだ若手でしたが、すでにトップ5入りを果たしウィンブルドンにも第4シードで出場。

そして1回戦から順調に勝ち進み、準々決勝では第8シードでキャリアハイは11位を記録したオランダのチャン・シャルケン選手にストレートで勝利。

準決勝は第5シードで世界1位にもなったアメリカのアンディ・ロディック選手にストレートで勝利。

そして決勝はノーシードから上がってきた元世界8位のマーク・フィリポーシス選手にストレートで勝利して、グランドスラム初タイトルを獲得。

フェデラー選手がこの大会を通して落としたセットは3回戦のマーディ・フィッシュ選手との試合で1回だけとなり、これが初優勝とは思えないほどの圧倒的な強さを見せつけた大会となりました。

生涯グランドスラム達成は2009年

フェデラー選手が生涯グランドスラムを達成したのは2009年

ナダル選手の存在によって、なかなか優勝する事が出来なかった全仏オープンでついに初タイトルを獲得し、生涯グランドスラム達成となりました。

初優勝のウィンブルドンが2003年で、2004年には全豪と全米でも優勝を果たしたので、わずか2年でグランドスラム達成まであと1つの所まで迫っていましたが、そこから5年かかっての達成になっています。

これほど苦労して獲得したタイトルなので、この時の全仏オープンでの優勝はフェデラー選手のテニス人生の中でも、特に大きなものだったと思います。

男子テニスのグランドスラム達成者と達成に近い選手は誰か、トップ選手の成績を比較
「グランドスラム達成」とはテニス選手の大きな夢であり歴史上でもトップの中でもトップの一握りの選手しか達成できていない偉業です。 今回はそんな偉業を達成した選手や、現在達成に近い選手などの情報をまとめていこうと思います。 (2023,8更新)...

フェデラー選手のグランドスラムでの成績

 

グランドスラムの成績一覧

※本戦の成績のみ

全豪オープン全仏オープンウィンブルドン全米オープン
1999年1回戦1回戦
2000年3回戦4回戦1回戦3回戦
2001年3回戦ベスト8ベスト84回戦
2002年4回戦1回戦1回戦4回戦
2003年4回戦1回戦優勝4回戦
2004年優勝3回戦優勝優勝
2005年ベスト4ベスト4優勝優勝
2006年優勝準優勝優勝優勝
2007年優勝準優勝優勝優勝
2008年ベスト4準優勝準優勝優勝
2009年準優勝優勝優勝準優勝
2010年優勝ベスト8ベスト8ベスト4
2011年ベスト4準優勝ベスト8ベスト4
2012年ベスト4ベスト4優勝ベスト8
2013年ベスト4ベスト82回戦4回戦
2014年ベスト44回戦準優勝ベスト4
2015年3回戦ベスト8準優勝準優勝
2016年ベスト4ベスト4
2017年優勝優勝ベスト8
2018年優勝ベスト84回戦
2019年4回戦ベスト4準優勝ベスト8
2020年ベスト4
2021年4回戦ベスト8
出場回数21回19回22回19回
勝敗
(勝率)
102勝15敗
(87%)
73勝17敗
(81%)
105勝14敗
(88%)
89勝14敗
(86%)
  • 2004年~2009年にかけての活躍が特に凄まじく、この6年間で獲得したグランドスラムタイトルは14個。6年間でグランドスラムが開催されるのは全部で24回なので、そのうちの約6割をフェデラー選手が1人で優勝している事になります。
  • 全豪オープン|勝率は87%とウィンブルドンに次ぐ勝率の高い結果となっており、21回の出場のうち1、2回戦での早期敗退が一度もなく、殆どの年でベスト4以上の好成績を安定して残しています。
  • 全仏オープン|勝率は4大会のうち最も低いですがそれでも8割越えと驚異的です。優勝こそ1回ですが準優勝は4回もありますし、ベスト4も3回です。
  • ウィンブルドン|4大会の中で最も優勝回数が多く勝率も高いです。22回の出場のうち半分以上の12回で決勝進出を果たすというとてつもない成績を残しています。また2003年から2007年で5連覇も達成。
  • 全米オープン|全豪オープンと同じで1、2回戦での早期敗退が無く安定した成績です。2004年から2008年で5連覇を達成。

世界1位になった選手とのグランドスラムでの対戦成績

※2回以上の対戦がある選手のみ

対戦相手全体全豪オープン全仏オープンウィンブルドン全米オープン
ラファエル・ナダル4勝10敗
(28%)
1勝3敗
(25%)
0勝6敗
(0%)
3勝1敗
(75%)
ノバク・ジョコビッチ6勝11敗
(35%)
0勝4敗
(0%)
1勝1敗
(50%)
1勝3敗
(25%)
2勝3敗
(40%)
レイトン・ヒューイット8勝0敗
(100%)
2勝0敗
(100%)
3勝0敗
(100%)
3勝0敗
(100%)
アンディ・ロディック8勝0敗
(100%)
2勝0敗
(100%)
4勝0敗
(100%)
2勝0敗
(100%)
アンディ・マレー5勝1敗
(83%)
2勝1敗
(67%)
2勝0敗
(100%)
1勝0敗
(100%)
マラト・サフィン4勝1敗
(80%)
2勝1敗
(67%)
2勝0敗
(100%)
アンドレ・アガシ3勝1敗
(75%)
1勝0敗
(100%)
2勝1敗
(67%)
ファン・カルロス・フェレーロ3勝1敗
(75%)
1勝0敗
(100%)
2勝0敗
(100%)
0勝1敗
(0%)

ナダル選手とジョコビッチ選手とは対戦回数も非常に多くなっており、かなり苦戦を強いられていた事も分かると思います。

特に全仏オープンでのナダル選手、全豪オープンのジョコビッチ選手との対戦では一度も勝利する事が出来ませんでした。

フェデラーとナダルの対戦成績や勝率
2004年のマスターズ・マイアミでの初対戦から長きにわたりライバルとして男子テニス界を引っ張ってきたロジャー・フェデラー選手とラファエル・ナダル選手。 今回は男子テニスのライバル関係でも最も歴史のあるこの2人の対戦成績をいろんな角度から見て...
フェデラーとジョコビッチの対戦成績や勝率
2007年に初めて世界3位になったジョコビッチ選手でしたが、当時その上にいて大きな壁だった2人のうち1人がフェデラー選手。 初対戦は2006年のモンテカルロでジョコビッチ選手が18歳の時にまでさかのぼります。 今回はそこから多くの名勝負を生...

しかしこの2人以外の歴代1位経験者との対戦成績は圧倒的で、ヒューイット選手やロディック選手らレジェンドプレイヤーに対しても、グランドスラムでは無敗の強さを誇っています。

 

ではフェデラー選手のグランドスラムでの成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

錦織圭とロジャー・フェデラーの対戦成績や勝率
錦織圭とロジャー・フェデラーの対戦成績をまとめていきます。 錦織選手にとってフェデラー選手はジュニア時代から憧れていたスーパースター。 そんな2人が初めてプロの大会で対戦したのは2011年、フェデラー選手の地元であるバーゼルの大会。 (20...
【フェデラー】ビッグ4やトップ選手との対戦成績
フェデラー選手とトップ選手の対戦成績を一覧形式でまとめました! ナダル選手やジョコビッチ選手、マレー選手らビッグ4を始め、多くのトップ選手と激闘をしてきたフェデラー選手。 今回はそんなフェデラー選手と主なトップ選手の対戦成績をまとめていきま...
フェデラーのマスターズでの成績とまだ優勝していない大会は?
こんにちは、ケイです。 今回はフェデラー選手のマスターズ大会(ATP1000)での成績と、まだタイトルを獲得できていない大会についての情報をまとめていきます。 (2018,8,29更新) マスターズでの最高成績  マスターズの最高成績  イ...